2017.10.04
PRESS RELEASE

農業IoTサービス「みどりクラウド」がグッドデザイン賞を受賞

農業IoTサービス「みどりクラウド」を提供する株式会社セラク(東京都新宿区、代表取締役︓宮崎龍⼰、東証マザーズ上場(証券コード6199)、以下「当社」)は、公益財団法⼈⽇本デザイン振興会が運営・選定する2017年度グッドデザイン賞において、「みどりクラウド」が受賞したことを発表いたします。

 

 

グッドデザイン賞は、様々に展開される事象の中から「よいデザイン」を選び、顕彰することを通じ、社会全体をより豊かなものへと導くことを目的とした「総合的なデザインの推奨制度」です。


当社は、農業IoTサービス「みどりクラウド」が、栽培環境のモニタリングを起点に、農業⽣産性の向上や⼿間の軽減、栽培⽀援、流通⽀援などを通じたいわゆる「儲かる農業」を実現する「未来の農業をデザインする」サービスであること、また、最先端の農業IoTを誰でも簡単に使えるよう画⾯や操作系のデザインに強いこだわりを持ったサービスであることから、本年度のグッドデザイン賞の候補としてエントリーしておりました。


当社は今後も、「みどりクラウド」を「誰でも簡単に使える」農業IoTサービス、「儲かる農業」を実現する農業ITプラットフォームとして進化させるべく、さらなる研究開発と機能強化、および販売代理店を通した拡⼤を図っていく考えです。

 

<グッドデザイン賞審査員コメント>

 

畑の環境を計測・記録、そのデータを離れた所からいつでも簡単に確認することができる。それにより危機的な畑の状況を早期に解決したり、より多くの収量を実現している。さらに⽣産者の⾼齢化や後継者不⾜を解決するため、労働⽣産性の向上にも寄与している。シンプルでわかりやすいデザインなので、より多くの⽅に導⼊されることを望む。

 

>グッドデザイン賞受賞発表ページはこちら

 

 

■農業IoTサービス「みどりクラウド」について


農業IoTサービス「みどりクラウド」は、難しい設定や設置⼯事の必要がなく、機器を購⼊して電源を⼊れるだけで 7種類の計測情報(温度・湿度・⽇射量・⼟壌⽔分・CO2濃度・⼟壌EC・写真)、2種類の集計情報(⽇照時間・有効積算温度)、5種類の気象予報データのモニタリングを実現し、スマートフォンやパソコンでいつでもどこでもデータを⽣産活動に活かすことができるクラウドサービスです。
>みどりクラウド商品ページはこちら

 


■株式会社セラクについて

株式会社セラクは、IT技術教育(⼈材育成)によりビジネスを創造し、社会の発展に貢献するIT企業です。
主に、IT運⽤、ITソリューション、独⾃ITビジネス(農業IoTサービス、IoTプラットフォーム等)を⾏っています。
>セラクコーポレートサイトはこちら

 

 

■当件についてのお問い合わせ
株式会社セラク 経営管理本部経営戦略室 広報/IR担当
TEL:03-3227-2321


INDEX

お見積り、お問い合わせはお気軽にご連絡ください。
PAGE TOP