INTERVIEWインタビュー

  • 新卒入社
  • ITインフラ

苦手なことが極められたら
価値観が変わるはず。
こんな志望動機、変ですか?

ITビジネスイノベーション事業部
ITインフラエンジニア

K. 洋伸(2015年新卒入社)

入社経緯 面接でIT業界に対する先入観が変わった!

学生時代は簿記の資格を取って公認会計士になろうと勉強をしていました。ではなぜ今セラクで働いているのかというと、パソコンが苦手だったからです。私が考えたのは「好きなことを極めていく人はたくさんいるが、嫌いなことを極めていこうという人はそうそういない」ということ。ひねくれた考えかもしれませんが、「パソコンが苦手な私がITを極めることができたら自分の中の価値観も変わるはず」という思いがありました。そこで就職活動で目指したのはIT業界。それまでIT業界というと「働いている人も冷たい人たちなんだろうな」という漠然としたイメージがあったのですが、セラクで面接を受けてみてそのイメージが変わりました。面接を担当したのは今在籍している事業部の上司ですが、とても印象が良くそれまでのIT業界に抱いていた先入観がガラッと変わったのです。また、IT業界で働くとなると“端末としか話をしない”ようなイメージもありましたが、セラクは「人と人とのコミュニケーションを大事にしている会社」だと感じました。このことも入社の決め手の一つですね。

現在の仕事内容 ミスをなくすために何手か先を読んで動く

現在私は、金融システムを企画・開発・運用するクライアントの汎用機の運用・保守をしています。保守と聞くと、「壊れたものを修理する」ことをイメージするかもしれませが、「ある処理をマシンで流して問題ないのか」「その処理の結果としてどのようなものが得られるのか」ということを仕分けするといった仕事です。また、その汎用機が問題なく稼働しているかどうかのチェックもおこなっています。こちらのクライアントは膨大な個人情報を扱っており、些細なミスが個人情報の漏えいなどの事件につながりかねません。そこで私を含めメンバーみんながミスをしてはいけないという気持ちが強く、常に何手か先のことを考えながら「こうしたらこのように動く」ということを念頭において仕事をしています。なにか一つ書類作成するにしても、自分で再確認するのは当然ですが、もう一人確認する人がいて、さらにもう一回確認する人がいて、それらの確認が終わらなければ責任者の許可が降りません。3名がかりで確認をしてミスがまったくないように書類を作成していく、といった職場です。このような経験で「ミスをしないためにはどう動いたらいいのか」ということが身に付き、自身の成長も感じています。

配属先で印象に残っていること 譲れない線は曲げないことが、お客様からの信頼につながる

現在の部署には入社研修してからすぐ配属され、現在3年目となりました。今では大半の業務はこなせるようになり、お客様からも信頼されていると感じています。しかし配属直後は違っていました。言っていいこと、いけないことの区別がつかずに、思ったことを何でも言葉にしてしまい、お客様とぶつかることがしばしば。配属当初は自分の中で発言をコントロールすることが難しかったのと同時に、お客様がなにを望んでいるかを理解しておらず的確な発言ができなかったのです。そのたのめ、お客様ともギスギスした関係が続いていました、しかし先輩からは「もっとよく考えてから話をしなさい」とたしなめられたことで、お客様の望んでいることを考えてから発言をするようにしました。そうすることで、「何を伝えるべきか」「どこを主張するべきか」が理解できるようになってきましたね。結果的にそれが、「筋が通ったことであれば、それをきちんと主張してくれる」とお客様にも評価されています。。

今後の目標 夢は幅広い業務を極めたゼネラリスト!

現在の部署では、メンバーが足りないときに担当業務以外を任されることがあり、そこで仕事の幅も知識の幅も広げることができています。こういう仕事の進め方を今後も進めていくことで、積極的に仕事の幅を広げていきたいですね。同時に、複数の資格を取得していくことも考えています。今はネットワークエンジニア関連の資格を持っていますが、一方向だけでなく様々な方向の資格を取ることによって、さらに広く、様々な業務を極めていきたいと考えています。その上で、将来はゼネラリストとなり、責任のある立場で会社を先導していきたいですね!