INTERVIEWインタビュー

  • 新卒入社
  • 経営営業

常に、気にかけてくれる上司と先輩。
もっと頑張ろうと思える風土が
セラクにはある

経営管理本部
総務・法務

S・杏奈(2015年新卒入社)

入社経緯 就職を共に考えてくれた。最初からセラクに決まっていたのかも

大学時代、IT関係のゼミに所属し、「ITを生かした日本の農業の発展」を研究していました。ITを食品など、自分の関心のあることに結びつけることに関心がありましたので、就職活動も、先ず、IT企業から回りました。セラクは、クラウド型サービスの農業IoTを手掛けていたこともあり、就活を始めた最初の時期に説明会へ参加しました。採用担当の方が学生一人ひとりに非常に親身に対応されていたことがとても印象的でしたね。私の場合で言えば、学生時代に培った事をとても尊重してくださって、それを活かせる仕事として営業及びエンジニアへの道を、明確に提示してくださったんです。将来を漠然と考えていた私にとって、正に、「ナビゲーター」の様に思えました。私は、就職先を選ぶ際、人とうまくやっていけるかを重要視していましたので、この時、セラクに対して芽生えた、「就職を共に考えてくれた会社」という思いは根強く、結局、他企業への入社検討の余地を残しませんでした。今思えば、最初から、セラクに決まっていたのかもしれませんね。

私の新人時代 営業活動を通じて肌で感じた、セラクの安定基盤

入社後は、ITインフラの営業からスタートし、その後、営業事務を経て、現在、総務・法務部門に在籍しています。今年、入社3年目になるのですが、様々な部門を見てきたことで、会社全体の事が分かるようになってきたと思います。入社して、先ず、感じたことは、セラクの安定性とエンジニアの方々のレベルの高さでした。営業として先輩同行を重ねるうちに、エンジニアのスキルの高さや会社が対応できる技術領域の広さが、クライアントに対して、高い満足度を提供し、それ故、取引が長く安定して継続できているのだと実感しました。営業を行った期間は半年間と短かったのですが、学生時代に何となく考えていた、「会社の安定性」というものを肌で感じられたことは、とても大きかったと思います。

私の成長 はじめての異動。視野が広まり仕事が面白くなってきたステージ

営業を半年行った後、営業事務に1年半従事しました。営業時代に、先輩のサポートを行っていた私に適性を感じて、上司が推薦して下さったそうです。仕事の内容は、請求書や契約書の作成が主で、ここでは、チームワークや効率性の実現などが学べました。又、メイン業務に付随する仕事、例えば、他部署への問い合わせや、各種確認業務などを自発的に行うような習慣もできました。結果、仕事の先回りや、万が一への備えといった事に意識が向かうようになるなど、視野が広まり仕事がとても面白く感じました。この時は、営業時代以上に、会社への関心が高まっていったような気がします。はじめての内勤の仕事でしたが、「自分に向いているのではないか?」と思えましたので、とても充実した1年半でした。長く担当する事になるのかと思っていた矢先に、今の上司に呼ばれ、「総務・法務部門へおいで」と言われたんです。入社3年目で、3部門目の異動。営業事務として、専門スキルを高めたいと思っていたのですが、会社の中心部門へのお話。また新たな発見があると自然と前向きになれました。

会社の魅力 人の「縁」を大切にする気持ちが社内全体に充ちている

総務・法務部門のメイン業務は給与計算なのですが、何しろ、全くの未経験。異動当初は、先輩につきっきりで教えていただきました。それこそ、分からないことは、いつでも、どんな時でもという感じで。ようやく慣れてきて、今は、今まで以上に、仕事の関心の幅が広がっています。今回で3部門目ですが、思えば、前の2つの部門でも、新人教育はとても親身、且つ、熱心でした。恐らく、セラクのどの部署に配属されても、同様なのだと思います。常に、上司、先輩が気にかけてくれるんですね。又、それは、前の所属先の方々にも言えることで、オフィスや通勤途中などで顔を合わせたときには、必ず、「今、どうだ?」「仕事は面白いか?」といった声掛けをして下さいます。1000人以上従業員がいる会社で、「縁」を大切にして下さる配慮が、私はとてもありがたいと感じています。「もっと頑張ろう」と、心の底から思えるんです。私は、今、先輩になったのですが、後輩たちに対して、私が先輩方にして頂いたようなサポート、配慮ができればと思っています。きっと、これがセラクの企業文化なのでしょうね。