ENTRY

INTERVIEWインタビュー

  • 新卒入社
  • ITインフラ

学ぶ努力と培う経験が
信頼されるエンジニアへ

横浜支社
ネットワークエンジニア

H.佑介(2018年新卒入社)

入社経緯 現場経験を積みたい そこが始まり

大学は文系です。経営に魅力も感じますが、まずは現場を理解しなくてはと考え、手に職をつけることが、社会人として成長するために必要と感じていたことと併せ、興味があったIT業界への就職を考えていました。
就職活動中、説明会で出会ったのがセラクでした。社員の方と話をした際、雰囲気が良いと感じ、興味を持ちました。
また、セラクは、多業種のクライアントへIT参入を行っており、現場経験を着実に積んでいくことができそうだと感じ、入社しました。

現在の仕事 新しいシステム・複雑な業務
チームワークが創り上げる世界。

私が担当する業務は、新システムの「設計」と「構築」が主になります。
まず、お客様から定義された要件に合わせて、実現するための設計を行います。その後、機器を導入し、設定を投入する作業をし、テストなどで設計の正当性を確認します。
また、システムを新リリースするということは、その後の維持管理や、障害時の適切な対処等も、業務となります。
これらの業務を、現在12名のチームで対応しています。チーム内で一緒に設計を考えたり、教えあったりと、日々協力して行っています。

仕事の魅力 卓上の知識が活きた実践へ
自身の成長を実感

設計面で多くの知識が養われたことが、今後の自身の発展に役立つと感じました。
入社当初に学習したCCNA(ネットワーク系の資格)の知識をフル活用し、机上の知識だったものを、実際に使うための知識として、落とせたことは、非常にいい経験になっています。
日々、勉強が必要な現場ですが、大学などの勉強と異なり、成果を実感できるところが、嬉しく感じています。

経験から学んだこと 実務が、知識の理解度を高め
更なる知識の吸収が、実務の幅を広げる

入社時の研修で、CCNAの資格取得がカリキュラムにありました。未経験で入社のため、この資格は全く新しい知識を学ぶものでした。当時、この知識の使い道を知らないので、内容の理解に苦労しましたが、無事資格を取得することができました。
その後、就いた業務が、現在の新システムの設計・構築の部署です。
ここは、CCNAで学習した知識を活用できる場で、業務を進める中で、自身の理解度も高まり、劇的な成長を実感しています。日々知識を吸収することで、徐々に仕事の役割も増えているので、幅広い業務に対応できるようになりました。

社風 個性あふれるメンバーに刺激を受けて

私の職場は、技術的な会話や、認識合わせなども頻繁に行うため、メンバー内のコミュニケーションは多いです。
また、休憩時間も気軽に会話ができ、良好なコミュニケーションがとれていると思います。
優れたメンバーも多く、ネットワークの知識に長けている人や、監視知識に富んだ人など、各々強みがあり、さらに、お互いの知識を尊重し、高めあえる方たちです。
その中で、多くのことを吸収できていると感じています。

メッセージ 知識を磨く努力が、信頼できるエンジニア

知識を磨くことを意識している人は、信頼できると感じています。
未経験のころは、リアリティのない知識の学習で、実感が湧きませんが、現場に携わると、今まで学習した知識をフル活用するので、必要性に気づきました。
目の前の問題・課題を解決するために、手を尽くすことができる人、そのために必要な勉強ができる人は、信頼できるエンジニアになっていくと確信しています。
成長できる環境で、協力して知識を高めあい、共にシステムを作りましょう。