ENTRY

INTERVIEWインタビュー

  • 新卒入社
  • スマートテクノロジー

自己実現を叶える場として
より良い未来を創り出す

デジタルトランスフォーメーション本部
プログラマ

N.太晴(2018年新卒入社)

入社経緯 生活をより便利にする【もの作り】
実現できる場を求めて

私は大学時代、家庭用のロボットの研究を行い、いろいろな実験や、ロボットの大会に参加する中で、研究だけでなく、生活をより便利にするものを作り、それを多くの人に使ってもらいたいという思いが湧いてきました。
その後の就職活動では、ロボット研究で培った知識、技術を活かせる所としてIoT分野に注目し、セラクのみどりクラウド、IoTの部署に興味を持ちました。
セラクでなら、私の知識や技術を活かしつつ、目標の実現ができると考え、入社しました。

現在の仕事 自分の持つ知識や経験が生かせる面白い仕事

私はいま、IoTシステムの開発の仕事で、主にゲートウェイの開発を担当しています。
ゲートウェイの開発は、センサーデータの取得と、クラウドへのデータ送信という機能を作るだけでなく、屋外で動作させることが多いため、通信環境の状態や、厳しい天候でも安定した動作ができるための機能が必要になります。この機能は、環境(工場、海、山 etc...)毎に異なるため、発想力や、実際に海や山に行ったなどの自分の持つ経験がとても役に立ちます。
ゲートウェイの開発はIT以外の色々な知識、経験が生かせる面白い仕事です。

仕事の魅力 お客様と直接話をすることで
新しい発見や刺激がもらえる

IoTシステム開発の魅力は、導入後のシステムがどう使われているかを、直接お客様から、お話を聞けることです。保守や点検などで、お客様のところに行き、そこで自分の作ったものが実際に動いているところを見ると、大きな達成感を感じます。
また、あるお客様から「以前はずっと現場にいないといけなかったが、このシステムを導入してからは、日に数回くるだけで済む、おかげで、子供と一緒に居れる時間が増えた。」というお話を聞き、自分の仕事が人の役に立っていると強く実感できました。
実際の現場をみることで、新しいIoTのアイデアや、課題の発見、より便利にできる提案をすることができるなど、日々の開発に新しい発見や刺激を与えてくれます。

今後の目標 様々な業界を、IoT技術でより便利にしたい

今後の目標は、お客様の立場に立ち、新たな課題を発見し、それを解決できるIoTシステムを提案することです。
そのために、私はIoT関連の技術や知識を勉強していくとともに、積極的に現場に行き、様々な経験から、農業・漁業など、他産業の勉強もしています。
お客様からの依頼だけでなく、各現場ごとの課題を発見し、解決できるようなIoTシステムを、こちらからも提案することで、様々な業界をIoT技術でより便利にしていければと思います。

社風 なじみやすい職場、お互いを尊重しあえる関係

社員の皆さんはとても親切で、相手を尊重できる方が多いです。
仕事では、各自の考えや・やり方を尊重し、丁寧に仕事の内容を教えてくれるだけでなく、細かく指示を出すのか、最小限の指示で詰まったときに手助けをするのかなど、その人に合わせた方法で、仕事を割り振ってくれるのでとても仕事がしやすいです。
また、オフィスは仕事の話はもちろん、仕事以外のちょっとした会話も気軽にできる、とても明るい雰囲気です。
他部署社員との交流も多く、定期的にランチ会が開かれ、普段は聞けないような話を聞けたりと、横のつながりも広がるなど、仕事以外の部分もとても充実しています。

メッセージ 「何を実現したいのか」その思いが自分を導いてくれる

何を実現するために就職するのかを明確にすると良いと思います。
私は「より生活が便利になるものを作りたい」「自分の作ったものを使ってもらいたい」という思いを実現するために、セラクに就職しました。また、就職後も、その思いが道しるべや、やる気のもとになってくれています。
「具体的な目標」でも、漠然とした「思いのようなもの」でも良いので、1つ決めて、それを実現するためにどこに就職するか、何をするか考えて行動すると、自分に合った職に出会えると思います。