ENTRY

INTERVIEWインタビュー

  • 新卒入社
  • WEBマーケティング

好きなことが仕事にできる
受け入れてくれる環境

SI本部 WEB部
WEBデザイナー

N.萌(2016年新卒入社)

入社経緯 一人ひとりと向き合う 「人のあたたかさ」に 心惹かれて

学生時代はメディア情報学部で、視覚伝達デザインを学んでいました。その中で、デザインって楽しい! デザインを仕事にしたい!と思うようになり、WEBや印刷業界を中心に就職活動をしました。
セラクへは、WEB事業が様々な有名企業と取引先があることや充実した研修制度に魅力を感じエントリーしました。
実は内定をいただいてから入社するか即決できずにいました。それを聞いた採用担当の方が、セラクの先輩社員との相談会を開くことを提案してくださいました。その相談会で真摯に向き合っていただいたことで、悩みや不安を解消することができ、私もこの人たちと一緒に働きたいと思い、入社を決めました。
一人ひとりと向き合う「人のあたたかさ」に魅力を感じています。

現在の仕事 コミュニケーションを決め手に イメージを形にする

現在は、WEBデザイナーとして、銀行WEBサイトの更新・LP制作・広告バナー制作などをしています。
銀行特有の業務ですと、ATM画面やセミナーで使用する画像制作なども行っています。特に重要な案件に関しては、打ち合わせを通してターゲットは誰か、ターゲットにどんなイメージを与えたいのか、どんな結果をもたらしたいのか…など、クライアントと、要望のすり合わせを入念に行い、それを解決できるようなデザインを制作しています。

仕事の魅力 私のデザインが、たくさんの人に見てもらえると実感できる仕事

仕事の魅力はたくさんありますが、チームでひとつのものを作り上げることが楽しいです。
クライアントが抱えている課題を、解決するために目的をもって制作に取り組み、ぴたっとデザインがハマる案件もあれば、難しい案件もあります。それを乗り越えた時はとても達成感があり、クライアントや、部署を超えて「ありがとう」と感謝の言葉をいただけた時は、本当に嬉しいです。
また、誰もが知っている企業のサイトや、ネットサーフィン中に自分が制作した広告バナーが出てきたり、自分が携わった仕事が、世に出てたくさんの人に見てもらえることを実感しやすいのも、この仕事の魅力だと思います。

今後の目標 プラスαのデザインを提供できるデザイナーへ

より良いデザインを提案できるようなデザイナーになるのが目標です。
デザインに正解はありません。クライアントの課題を解決するだけでなく、自分なりに、突き詰めて根拠のあるデザインを提案し、+αの付加価値を提供できるデザイナーになりたいと考えています。そのために、日々良いデザインをインプットしたり、関連書籍を読んだりしています。
WEB業界はツールもデザインもどんどん新しくなっていくので、自ら考え、学び続けていきたいと思います。

社風 共に成長できる、セラク情熱大学

「セラク情熱大学」という研修制度があります。
これは、社員が講師となり自分の持つ知見を広く講義するというものです。自主開催も可能で、私はメッセージーカードを作成するための情熱大学を共同開催しました。
講座の内容・資料作成から開催告知文作成、参加申込窓口まで、全て委ねられているため大変でしたが、普段の業務と異なる活動をするのは新鮮で、私自身も学ぶことが多かったです。結果、参加者からは、「勉強になった」「また開催してほしい」との声をいただきました。
個人でスキルアップしていくことも大切ですが、誰かと一緒だとモチベーションも上がります。
先輩も後輩も、会社も、共に成長できる社風が、セラクらしいと感じています。

メッセージ まずは、「やってみよう!」
その後に見えた世界に挑戦すれば良い

学生とお話をした時に、「自分にはセンスがないから…」「作ったことないから…」という方がいました。私も最初は、自分に仕事が務まるのか不安で尻込みしていました。
今、私はセンスを磨くには知識をつけることが第一歩だと考えています。制作職に就きたい方は、経験の有無にとらわれず、まずは「やってみよう!」と思っていただけたら嬉しいです。
経験を積んで新しいことが出来るようになれば、より難易度の高い案件にチャレンジできる環境がセラクにはあります。
一緒に働けるのを楽しみにしています!