働く人々

新卒入社

ITインフラ

「何でこうなっているんだろう」という疑問をもつことが、
ネットワークエンジニアの大切な要素

ITビジネスイノベーション事業部
ネットワークエンジニア
M. 八世絵(2013年新卒入社)

入社経緯

影から企業を支える、縁の下の力持ちの存在として

大学では経営学を専攻。サークル活動などアクティブな大学生活を送る中、就職活動を開始した時「手に職をつけたい」と、思うようになりました。ライフスタイルが変化したとしても、自らの強みとなるスキルを身に着けたい。そう考えた時に浮かんだのが、これからますますニーズの高まるIT分野でした。しかし、幅広いIT業界、どの道に進もうか悩みました。そんな時、興味を持ったのがネットワークエンジニアという仕事。企業のネット環境整備をシステムの段階から保守までトータルでサポートするいわば「縁の下の力持ち」の業務内容に魅かれ、エンジニアとしての道を進むことになりました。

現在の仕事内容

ネットワークシステムをスムースに。お客様にとって、理想のネットワーク環境を作る仕事

現在は、クライアントである、大手カード会社のネットワーク接続や、新システム移行の業務を担当しています。社内にあるパソコンを、お客様の希望に合わせた形でネットワークにつなぐのが私たちエンジニアの役目。そのために、必要なシステムの設計や、ネットワークの構築、また設定を行います。技術面ばかりがクローズアップされがちなエンジニアという仕事ですが、実は多くの時間を割くことの一つに「お客様とのコミュニケーション」があります。またお客様の希望をネットワーク構築に正しく反映させるためにも、チームでの打ち合わせ、連携も密に行っています。お客様がどんな仕様を求めているか、円滑に業務を進めていくにはどういったシステムが必要なのか…さまざまな打ち合わせを通して、理想的な環境に近づけていく、想像力も求められる仕事です。

仕事でのやりがい

仕事も、プライベートも全力で、楽しむ

現在は、40人編成でネットワークシステムの設計、また保守、管理なども行っています。システムに障害が起き、ネットワークへの接続ができなくなるといったトラブルを解消できたとき、またお客様が「どんなネットワーク接続をしたいか」といった企画段階から携わり、計画、実行、トライアル、といった長い時間をかけ、実機でうまく作動したときには素直に嬉しさを感じます。エンジニアとしての達成感を実際に感じるのは、お客様からの「ありがとう」というお声をいただけた時ですね。忙しいときもありますが、普段は定時で帰宅できる環境なので、仕事とプライベートのオン、オフがありメリハリのある生活を送れています。

セラクに入って良かったこと・研修で学んだこと

良い先輩にめぐまれて、エンジニアとしての自信がついた

入社して2ヶ月ほど、研修を受けましたが、さまざまなカリキュラムが用意されていました。ワード、エクセルの使い方から、サーバー機器がどういったものか、という座学をはじめ、実機を使ったネットワーク接続、また障害を敢えて起こさせそれを解決に導く方法など、幅広い分野を学びました。研修中、わからないことがあっても、教育担当の方が丁寧に教えてくださったので心強かったのを覚えています。研修が終わり、実務の仕事をスタートした際にも、上司との距離が近いため相談しやすい環境でした。また、相談事だけでなく「こうしたい」といった自らの提案に対しても、きちんと耳を傾けてくれるので、働きやすい環境だと感じています。

仕事をするうえで意識していること

細かいところに気を配り、エンジニアとしてさらなる成長を

入社してからずっと心がけていること、それは「常に疑問を持つこと」です。ネットワークエンジニアの仕事はネットワークのシステムを構築し、接続したら終わり、ではありません。ネットワークにつながった先でいかにそのシステムを効率よく、またストレスなく運用できるか、にかかっています。そのために、障害が起こった際は「なんで障害が起こったんだろう」、障害を解消させる解決策には「本当にこれで良いのか」という疑問の目を常に持つように心がけています。先輩から教わったさまざまな知識や経験、また助けてもらったことを今度は自分が後輩へとつなぐ、そんなエンジニアになりたいと思っています。

その他の働く人々

中途入社

ITインフラ

生徒を合格に導いてきた経験が、チームのマネジメントに活きている

ITインフラエンジニア D. 太一

中途入社

ITインフラ

スキルゼロのオペレーターから、目指せ!キャリアウーマン

ネットワークエンジニア I. 愛美

中途入社

ITインフラ

大人になったって、夢はいくらでもつくれる

ITインフラエンジニア A. 基晴