コラム

Column

2021/08/12

PardotとSalesforceを連携したダッシュボードをつくろう!

PardotとSalesforceを連携したダッシュボードをつくろう!

はじめに

セラクのSalesforce推進部のOです。Pardotの導入や定着支援をさせていただいています。
「PardotとSalesforceの連携の仕方が分からない」、「連携はしてみたけど、これで合っているのか分からない…」といったことはありませんか?そんな方にオススメしたいのが、Salesforceのダッシュボード機能です。名前は聞いたことがある、という方は多いですが、その一方で詳しい使い方やグラフの見方が分からないという方もたくさんいらっしゃいます。
この記事では、Pardotと連携したSalesforceのダッシュボードを使うメリットと、ダッシュボードにはどのような機能があるのかご紹介いたします。

Salesforceのダッシュボードとは

イメージ

<Pardotと連携したSalesforceのダッシュボード>

ダッシュボードとはその名の通り、コックピットや車のメータのように、様々な情報・データから、重要な情報を統合し、ピックアップして表示する画面のことです。
Salesforceのダッシュボードでは、レポートデータを組み合わせて棒グラフやドーナツグラフ、ゲージ、統計値などのグラフィカルなグラフを表示させ、それらを自由に配置することが可能で、様々な分析データを読み取ることができます。
また、フィルタを用いて使用するレポートデータを絞り込むこともできます。

イメージ

<レポートデータのフィルタリング>

・PardotのレポートをSalesforceのダッシュボードで見るメリットとは?

一番のメリットは、Pardotアクティビティを確認するためにわざわざPardotを開くことなく、Salesforce上で手軽に確認できることです。SalesforceとPardotの項目連携させたレポートを作成することにより、Salesforceのダッシュボードで双方のデータを活用できるようになります。
例えば、Pardotのリストメールの簡単な開封やクリックのレポートを確認するためには、Pardotを起動してリストメールのレポート画面まで行かなければいけませんでしたが、Salesforceとキャンペーンを連携すると、Salesforce上でPardotのレポートを確認できるようになります。

・Pardotのレポート確認画面との違いは?

最も大きな違いは、複数のレポートを組み合わせて一つの画面に表示できることです。Salesforceのダッシュボードは1つの画面で様々なデータを確認するのに向いています。

・その他に便利なこと

キャンペーンとPardotの完了アクションなどをSalesforceとの連携項目として使用すると、自動的にキャンペーンメンバー(キャンペーンに紐づいた見込み客)の状況が更新できキャンペーンの状況が可視化できます。
例えば、メルマガ施策からの開封、クリック状況やセミナーフォームからの申込者などの情報をダッシュボードで可視化することが可能です。
この連携の応用法として、SalesforceとPardotをレポート連携することでToDoを作成することができます。
完了アクションやオートメーションルールでSalesforceのToDoも作成できるので、アプローチ対象の抜け漏れがないよう、営業担当に割り当てたToDoを作成し、アプローチできているか、その結果はどうだったかもダッシュボードで確認することができます。

こんなことができる! Pardotと連携したダッシュボードのご紹介

イメージ

<ダッシュボード>

Pardotと連携したダッシュボードでどのような情報を見ることができるのか、画像を交えてご紹介していきます。

 ・今月の獲得リード 表示難易度 ★★☆☆☆

イメージ

<ゲージを活用した達成状況の確認>

獲得できた見込み客(リード)が今月の目標の何%に達しているのか、「ゲージ」というコンポーネントを使って表現しています。このコンポーネントは達成値を「不可」「可」「良」の3段階で評価でき、目標達成までの進捗状況が視覚的に分かりやすいですね。

・リードのランク状況 表示難易度 ★★☆☆☆

イメージ

<じょうごグラフ>

現在抱えている見込み客が、MQL(営業担当に割り当てられた見込み客)やSQL(商談が関連付けられた見込み客)などの各ランクにそれぞれ何人属しているのかを「じょうごグラフ」で表しています。このグラフは複数のグループ間の比率を可視化するのに利用でき、今はどのランクの見込み客が多くて、具体的に何人いるのかを一目で確認できます。

・Pardot Score 表示難易度 ★★☆☆☆

イメージ

<テーブルを使った見込み客のスコア一覧表>

見込み客ごとのスコアを「テーブル」で一覧表にしています。ダッシュボードではこのように指定した項目でレポートデータを並び替えて表示することもできます。

・獲得キャンペーン別のリード状況 表示難易度 ★★★☆☆

イメージ

<積み上げ棒グラフ>

ここからは、レポート連携に加えてキャンペーンの連携が必要なため、少し難易度が上がります。
この表では、キャンペーンごとの見込み客の総数と見込み客のランクの比率を積み上げ棒グラフで表現しています。キャンペーンの見込み客の総数の比較や、見込み客のランク比率の違いを比較するのに役立ちますね。

・キャンペーンの成立商談金額 表示難易度 ★★★☆☆

イメージ

<棒グラフ>

「棒グラフ」を活用して、キャンペーンごとの成立商談金額を比較するグラフを表示しています。

・ダッシュボードを作るにあたって大切なポイントは?

イメージ

<完了アクション設定画面>

ダッシュボードを作成には、まずSalesforceとPardotを項目連携させたレポートを作成する必要があります。標準項目は最初から連携されているので、必要に応じてカスタム項目の連携をしましょう。キャンペーンを連携させてダッシュボードを作成する場合は、完了アクションなどを設定する必要があります。

・項目連携で気を付けたいポイントは?

SalesforceとPardotの項目連携をする際、どちらの情報をしい情報とするかを事前に決めておきましょう。

MAツールをスムーズに運用し成果を出していくには、先に述べたような課題を解決させなければなりません。MAツールの運用前の準備段階として、スコアリングやシナリオの設計などを入念に行う必要があります。
シナリオ設計やスコアリングはマーケティング部門、それのもとになる営業ノウハウは営業部門、運用の構築はSalesforce担当者(外部ベンダなど)にそれぞれ役割分担していくことが重要です。

まとめ

今回はPardotとSalesforceの連携の活用方法の一つとしてダッシュボードについて説明いたしましたが、いかがでしたか?PardotとSalesforceを連携することで、ダッシュボードを使ったマーケティング分析が可能なことが分かりましたね。
興味が湧いたけれど、自分で設定するのは大変そう…と思った方もご安心ください。セラクはSalesforce認定カスタマーサクセスに特化したパートナーとして培ってきたノウハウを活かし、PardotとSalesforceの連携の設定支援から、ダッシュボードの作成、キャンペーンの設定まで、お客様の環境に合わせた最適な運用方法を共に考え、お客様のマーケティング活動をサポートいたします。

  • <セラクのPardot活用支援サービス>
    プロセス/スコアリングのモニタリング、再設計
    マーケティング企画設計
    (流用施策/コンテンツ企画/サイト改善)
    基本設定
    フォーム設定
    Salesforce連携
    ランディングページ制作運用
    ウェブコンテンツ制作運用
    メールコンテンツ制作運用
    データ管理、名寄せ調査
    Pardotトレーニング