2018.09.05
NEWS

セラク、新たな成⻑分野としてRPAに本格参⼊。2019年春までにRPA技術者100名の体制を構築

株式会社セラク(東京都新宿区、代表取締役 宮崎⿓⼰、東証⼀部上場(証券コード6199)、以下「当社」)は、急速に普及が進んでいるRPARobotic Process Automation ロボティック・プロセス・オートメーション)を次世代の注⼒分野として位置付け、2019年春までにRPA技術者100名を擁する事業体制を構築します。

 

RPA(Robotic Process Automation ロボティック・プロセス・オートメーション)は、複数のソフトウェアをまたいだ処理やルール・前例に基づいて複雑な判断が必要な一連の作業など、これまで人が行っていたPC上での作業を、PC内にインストールされた「ロボット」が代行し自動化することで、生産性の向上を図る技術の総称です。

労働人口の不足や関連技術であるAIの進化などにより急速にニーズが高まる一方で、導入や運用を行うための技術を持つ人材が圧倒的に不足しています。

 

当社は、これまでもSalesforceの定着・運用コンサルティングサービスなどを通じて顧客企業のデジタルトランスフォーメーションを支援してきましたが、RPA分野を新たな成長分野として位置付け、RPA技術者を育成することで、営業管理・マーケティング・業務プロセス改善などの分野におけるコンサルティングサービスや運用支援サービスの価値を飛躍的に高めていく考えです。

また、農業IoTサービス「みどりクラウド」やIoT事業によって得られたAI、ビッグデータなどの技術力や、既存のITインフラ、ウェブマーケティングコミュニケーション、スマートソリューション等の事業分野における技術力やサービスとの融合により、企業の生産性向上とデジタル化を推進するデジタルトランスフォーメーション事業(Dx事業)として更なる事業規模の拡大を図ってまいります。

 

RPA分野における当社の取り組み

RPA技術者の育成

RPA導⼊コンサルティング

RPA運⽤⽀援、RPAオーケストレーション

RPAパッケージの販売 等

 

■株式会社セラクについて

株式会社セラクは、IT技術教育(⼈材育成)によりビジネスを創造し、社会の発展に貢献するIT企業です。

主に、IT運⽤、ITソリューション、独⾃ITビジネス(農業IoTサービス、IoTプラットフォーム等)を⾏っています。

 

■本件のお問い合わせ先

株式会社セラク 経営管理本部経営戦略室 広報/IR担当

TEL:03-3227-2321


INDEX

NEXT


お見積り、お問い合わせはお気軽にご連絡ください。
PAGE TOP