2022.06.06
PRESS RELEASE

セラク、未上場IT企業へのセカンダリー投資事業を開始

経営ビジョン「持続可能な社会の実現に貢献する」を掲げる株式会社セラク(東京都新宿区、代表取締役:宮崎⿓⼰、東証一部上場(証券コード6199)、以下「当社」)は、創業以来34年間で培った「採用力、教育力、営業力」の強みを活かし、IT企業の事業再生や再成長を支援する事業を開始いたします。IT業界を取り巻く経営環境は、注力すべきテクノロジーやプラットフォームサービスの変化が早く、今後も益々多様な人材の育成と採用が必要です。このような変化の激しい経営環境の中、得意としてきた事業領域における収益が低下する企業や人材の育成にあてる投資を単独では実施できない企業が増えていくと見込んでおります。

また、昨今のIPO・新規事業ブームにおいては、0→1のみに焦点が当たる傾向があり、本来ならば撤退やピボットの決断をするべき事業に対して投資を続けてしまうことで新たな投資や事業開発の機会を損失していたり、再生・再成長のための投資資金調達が困難であったり、撤退する事業が積み上げてきた実績や資産などを正しく蓄積・承継することができずに同様または類似の投資や失敗を繰り返してしまうケースが多いのが実情です。特定のIT企業における当該事業の目的や意義、事業規模や成長に至るまでの時間軸においては撤退するべきと判断された場合でも、別の企業においては魅力や意義のある事業となる可能性があります。特定のIT企業のアセットやリソースでは十分な事業成長を実現できなかった場合でも、別の企業のアセットやリソースを活用することで大きな事業成長を実現できる可能性も多分に存在する中で、事業のM&A・売買等を通じた適切な「再配置」が行われていないが故に、各々の企業が常に不確実性の高い0からの事業開発を行ってしまい、避けられるはずの失敗が繰り返し発生しています。

当社は上記の課題を持つIT企業に対し、投資による資金提供、経営支援、事業支援を行い企業の再成長に伴走します。これら企業価値向上を通じ、地方創生・社会の発展に貢献することを目的として本事業を展開いたします。

[経営支援・事業支援メニュー]
・ 資金(投融資)
・ 経営管理、バックオフィス機能の提供
・ 営業支援
・ 採用支援
・ 人材育成支援(エンジニアのリスキル等)

[投資対象]
■ 事業分野

・ ITコンサルティング、システムインテグレーター、ソフトウェア開発等のIT人材を事業基盤としている企業。
・ SaaSやクラウドサービス等のITを活用したサービスを展開している企業。

■ 経営状態

・ 当社が投資や事業支援を行うことで改善が見込めるもの。現在の収益状況や財務状況は問いません。
・ 経営陣が事業継続や再成長に対する強い意志を持ち、他企業との協業に対してオープンな姿勢であること。

[投資スキーム]

出資比率(マジョリティー or マイノリティー)や投資手法(第三者割当、現行株主からの株式取得等)は、個別検討により決定します。

[お問い合わせ先]
https://www.seraku.co.jp/contact/


INDEX

NEXT


お見積り、お問い合わせはお気軽にご連絡ください。
PAGE TOP