2021.05.10
PRESS RELEASE

セラク、Tableau Softwareとのパートナー契約締結のお知らせ

~ユーザと共にTableauを社内普及する定着・活用パートナー~

株式会社セラク(東京都新宿区、代表取締役:宮崎⿓⼰、東証一部上場(証券コード6199)、以下「当社」)は、リーディング分析プラットフォームを提供するTableau SoftwareとAllianceパートナー契約を締結したことをお知らせいたします。

■ Tableauについて
リーディング分析プラットフォームのTableauは、直感的な操作が可能なビジネスインテリジェンスを提供し、分析やデータにおける技術的な専門知識を持たないビジネスユーザでも簡単に扱うことができるという特徴があります。データとの対話によってユーザが探索的な分析を行うことで、ビジネスインサイトを発掘することができます。

■ 背景
【市場ニーズ】
昨今、国内におけるTableauの導入企業は増加の一途を辿っており、企業規模問わず多くの企業での利用が進んでいます。それに比例し、各企業から当社へTableauの運用や活用に関する以下のような相談が増えています。

・導入したものの活用が進まず、未だにほとんどのデータがエクセルで管理されている
・ ダッシュボード作成などの実装や運用できる人材が不足している
・ データ活用すべきと分かっているものの、どのデータをどのように可視化していけばいいか分からない
・Tableauが社内で普及した結果、日々の問い合わせに対応できない

【セラクの強み】
セラクはこれまで、Tableauと関係の深いSalesforceプラットホームでは250社以上の定着・活用の支援を行ってまいりました。
その中でSalesforceや他システム、エクセルなどに分散されているデータをTableauにより1つのダッシュボードで可視化を実現した企業もあり、Tableauも含めて定着・活用サービスを提供してまいりました。

このような背景を踏まえ、この度、正式にAllianceパートナーとなると共に、
個別に対応していたTableau案件を『Tableauカスタマーサクセスサービス』としてまとめました。

■ Tableauカスタマーサクセスサービス
1 定着活用支援(内製化支援を含む)
 ・ユーザトレーニング
 ・Tableauエンハンサー向けトレーニング
 ・レポート、ダッシュボード開発
 ・事務局支援(=ヘルプデスク支援)
 ・データ活用コンサルティング


2『定着活用』を前提とした導入支援
 ・データのクレンジングおよびデータマートの構築
 ・初期導入設定
 ・導入後の伴走型支援(定着化支援)

上記記載の内容をオンサイト型(常駐型)、オフサイト型(受託&駆けつけ)により支援します。
参考URL:https://www.seraku.co.jp/pr-site/tableau/

当社は今後3年間で本サービスの利用社数100社を目指します。

■関連サービス(Salesforceの定着化・活用支援サービス)
顧客管理(CRM)、営業管理(SFA)、マーケティングオートメーション(MA)プラットフォームとして⾼いシェアを持つSalesforceの定着化・活用において重要な提案力×実装力×推進力を兼ね備えた人材がオンサイト型(常駐型)、センター型でSalesforceの定着化・運⽤を⽀援します。

※関連プレスリリース

・セラク、NTTデータと協業しSalesforce定着化支援を起点としたビジネス変革支援サービスを開始

https://www.seraku.co.jp/info/2021/03/p20210330/1716

・セラク、Salesforce定着化支援事業を拡張、「Salesforce Anywhere」の導入・活用支援を開始

https://www.seraku.co.jp/info/2021/04/p20210406/1768

■株式会社セラクについて
株式会社セラクは、IT技術教育(人材育成)によりビジネスを創造し、社会の発展に貢献するIT企業です。IoT/AI/サイバーセキュリティ/RPAなどの先進技術やSalesforce、デジタルマーケティングなどの高成長領域で企業のデジタル化を支援するデジタルトランスフォーメーション事業(DX事業)、企業のITインフラやITシステムを支えるシステムインテグレーション事業(SI事業)と、農業IoTサービス「みどりクラウド」を提供しています。

■本件のお問い合わせ先
株式会社セラク 経営戦略室 広報/IR担当
TEL:03-3227-2321


INDEX

お見積り、お問い合わせはお気軽にご連絡ください。
PAGE TOP