リクルート

職務経歴書は手書きでも大丈夫|書き方の注意点と用紙の入手方法は?

2020年07月31日
タグ:

はじめに

応募にあたっては履歴書のほかに、職務経歴書の提出を求められます。職務経歴書はどこで入手すればよいか、手書きとパソコンどちらで作成する方が良いのか、メリットやデメリットをご紹介します。職務経歴書は書類選考等でも履歴書以上に重視される資料です。

記事を参考に、パソコンと手書きで作成する場合のメリット・デメリットを確認し、より良い職務経歴書を作成しましょう。

職務経歴書の見本と書き方(職種別)気を付けたいポイントをまとめた記事もございますので、作成する前にあわせてチェックしておきましょう。

職務経歴書の手書きはNG?

職務経歴書の手書きはNG?

決してNGではありませんが、昨今パソコンで作成する傾向が高いと言えそうです。パソコンで作成する場合と手書きで作成する場合のメリット・デメリットをまとめましたので、確認しましょう。

パソコンで作成するメリットとデメリット

パソコンで作成した場合のメリットは、一度作成すれば、次回以降、日付を直し印刷するだけで使用することができます。また、間違って記載してしまった場合も、誤字や脱字をパソコンのソフトが指摘してくれたり、すぐに修正できますので、より効率的に書類を作成することができます。

デメリットを挙げるとすれば、職務経歴書の出来から「PCスキル」を判断されてしまう可能性があることです。レイアウトが整っていない、フォントサイズが適切でないなどの不備があると、パソコンの使用経験があまりないのでは?と受け取られ、採否に影響が出ることも考えられます。

手書きで作成するメリットとデメリット

手書きの職務経歴書のメリットは、パソコンで印字した画一的な文字ではない、手書きの文字が醸し出す、応募者の想いや性格などを、採用担当者に伝えられる点でしょう。丁寧で、きれいな書体で仕上げることができれば、心の込もった、意欲ある応募者であるような印象を与えることができます。

デメリットは、何より効率が悪い点にあります。応募のたびに、1枚1枚書き上げる必要がありますし、一文字書き間違えただけで、また一から書き直す必要がありますので、職務経歴書を作るという、転職活動の前作業に時間を要してしまうことになります。

また、きれいな文字を書くことが得意でないと、マイナスの印象を与えてしまいますので、その場合はパソコンで作成することをおすすめします。

履歴書と手書きに統一にしたほうがいい?

指定されていない限り、特に決まりごとはありません。一般的には履歴書は手書き、職務経歴書はパソコン作成することが多いです。ただし最近は、パソコンで作成した履歴書も珍しくありませんので、上記メリット・デメリットを参考に決めると良いでしょう。

職務経歴書の日付は手書き?

職務経歴書の日付は、パソコンで作成した場合は手書きにする必要はなく、パソコンでOKです。表題下の右端上部に記入しましょう。

職務経歴書を入手するには?

職務経歴書を入手するには?

WEBサイトから、テンプレート/フォーマットをダウンロードできます。

職務経歴書のフォーマットには、編年体形式・逆編年体形式・キャリア形式があります。いずれも無料でテンプレートが用意されていますので、自身の経歴に沿った形式を選んで利用できます。

市販の用紙を購入する

履歴書に比べると少ないですが、文具店やコンビニ・100円ショップで購入することもできます。履歴書とセットになっている場合もありますので、自分の使用したいフォーマットを確認して購入するようにしましょう。

手書きで書く時の注意点

手書きで書く時の注意点

手書きで書く際は以下の点に注意して記載しましょう。パソコンと異なり、自身で確認しないとダメな点が多いので、余裕を持って作成するように心がけましょう。

読みやすい字を書く

他人の書く文字は得てして読みにくいものです。また、文字運びやトメハネなどに、書いた人の性格も現れます。読む方のことを考えて書くように心がけましょう。きれいで、バランスの良い、丁寧な職務経歴書は、印象アップにつながります。

誤字脱字に気を付ける

見本とする職務経歴書をひとつ先に仕上げておく、用紙に先に鉛筆書きする、などの工夫をして、誤字や脱字が生じないように十分注意しましょう。記入した後も、あらためてよく確認しましょう。声に出して読むと、黙読では気がつかなかった間違いを発見できたりしますので、試してみると良いでしょう。

修正テープは使わない

企業に自身の経歴を説明する資料ですので、間違ってしまった場合は、修正液や修正テープは使わず、必ずもう一度最初から書き直すようにしましょう。面倒に感じるかもしれませんが、修正液や修正テープは絶対にNGです。

職務経歴書を作成する際は、以上のことをしっかり把握しておきましょう。

職務経歴書を簡単に作成できる書き方はこれ!の記事では、簡単に作成できる書き方を詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

転職活動においては、入社を希望する会社で欲している人材と応募者自身がマッチしているかが大きなポイントになります。その判断材料の1つが職務経歴書です。パソコン・手書きどちらで作成しても問題ありませんが、それぞれにメリット・デメリットがありますので、自身の得意不得意も加味し決定しましょう。

最後のチェックポイント

  • 手書きの職務経歴書は意気込みや気持ちが伝わりやすい
  • パソコンで作成した方が効率的
  • 職務経歴書も店舗やWEBで市販されている
  • 手書きの場合は誤字脱字には特に注意
  • 修正液や修正テープは絶対にNG

update2025
何が起こるかわからない。
あらゆる予測は覆る。
私たちはそれを思い知った。
じゃあこれからどう生きるか。
セラクは、チャレンジを選ぶ。
まず見据えるのは5年後。
見えないからこそ、
自ら突き進む強さを。
読めないからこそ、
荒波を超える柔軟さを。
未来を変えられるのは
今の自分だけだから。
2025年を、アップデートしよう。
ここから。