業界/資格

バックエンドエンジニアとは(仕事、研修、将来性、転職方法など紹介)

2020年03月27日
タグ:

はじめに

Web系の職種のなかでバックエンドエンジニアがどのような存在・役割をにない、どのようなスキルが必要か、年収や将来性を含め、就職・転職を考える方のために解説します。

バックエンドエンジニアとは

バックエンドエンジニアとは

バックエンドエンジニアは、システムやサイトを利用するユーザーの目には見えることのない部分を担当する職種です。サーバーサイド(サーバー側で動いたり処理したりするもの)や、データベースの処理をおこなうなど、影に隠れた部分の処理を担当する役割がメインです。

仕事内容とは

バックエンドエンジニアの仕事内容は、大きく分けて次の3つです。

  • サーバーの構築
  • データベースの構築
  • システムの運用、および開発

この3つにわけられます。これらの3つに分類された仕事をおこなうことで、Webサービスなどでユーザーが見えない部分のシステムを作成します。もちろん3つの仕事以外にもプログラム開発など、Web制作における裏方の仕事を幅広く担当するWebの技術者といえるでしょう。

年収はどれくらい

バックエンドエンジニアの年収は、就職先や働き方やスキルによって平均300~600万円程度と、かなりの開きがあります。システムを動かすプログラミング言語となる「PHP」「Python」「Ruby」などの知識がある、実績や経験が豊富にあるなどによって年収は変動していきます。会社勤めの場合、役職や肩書がつきさらに高額な年収になることもあり、1,000万円近い年収をもらえるケースもあるようです。

将来性とキャリアパスについて

今後もWeb・IT関連の業界はますます発展し盛り上がっていくと予想されるなか、確かな知識と実績をもつバックエンドエンジニアは、引く手あまたになることも考えられます。バックエンドエンジニアとして確かな力を備え、豊富な経験と豊かな知識を習得できればキャリアップも期待できるでしょう。さらにフロントエンドエンジニアの知識なども身に付けていくと、さらなる発展を目指せます。フロントエンドエンジニアに必須なHTML(Webページを作るための基本的な言語)や、CSS(文字の装飾や、背景、画像などの配置を指定するための言語)。JavaScript(動きのあるサイトを作るためのプログラミング言語)などの知識を有していれば、さらなるキャリアアップも狙っていけることでしょう。

バックエンドエンジニアに必要な資格

バックエンドエンジニアとして働く上で必須となるのは、「PHP」「Python」「Ruby」などのプログラミング言語。「ミドルウェア」の知識も必要となっていきます。「OS(オペレーションシステム。WindowsやMac、iOSやAndroidなど)」と「アプリケーション(ソフトと呼ばれるもの全般)」の間に入り処理などをおこなうソフトウェアのひとつです。「フレームワーク」と呼ばれるプログラムを構築する際の枠組み的役割を果たす機能への知識をもっていると、心強い味方となってくれるでしょう。

PHP技術者認定試験
バックエンドエンジニアのみならず、エンジニア全般で必須、もしくは知識があると有効活用できる「PHP」のスキルがどれだけ身についてるかを評価できる資格、「PHP技術者認定試験」です。一般社団法人PHP技術者認定機構が開催している民間資格で、転職や昇進を考える会社員の方や、ビジネスチャンスの拡大を目指すフリーランスの方などにオススメの資格試験です。

PHP技術者認定試験
運営会社名PHP技術者認定機構
受験料初級 12,000円/上級・準上級 15,000円/認定ウィザード 非公開 ※学割あり50%OFF
受験資格初級~上級・準上級 とくになし
認定ウィザード 上級試験で90点もしくは90%以上で合格し、500文字以上所定の文章を提出している方。上級試験に合格してから2年以内であることも必須。
受験時期随時実施
出題数初級 問題数40問60分/上級・準上級 60問120分
回答形式CBT(コンピュータ入力)を使った選択式(複数または単一選択)
合格率初級~上級 70%以上/準上級 50%以上
取得レベル初級 最も簡単なグレードで、学生または社会人1~2年目の受験を想定した試験内容。
上級・準上級 PHPの言語や仕様を理解していて、実用的で高度なプログラミングの知識とテクニックをもつ上級者を想定した試験内容です。上級試験の50%以上70%未満の点数をクリアすると「準上級試験合格」に認定されます。
認定ウィザード 上級試験での合格点次第で取得可の資格を得られるため、かなり高度な知識とスキルを有している必要があります。資格取得可能と認定されたあと、論文審査もありますので、文章を書くスキルも必須となるでしょう。

プログラミング言語系「Oracle認定Javaプログラマ(Oracle Certified Java Programmer)」
Oracle社(旧Sun MicroSystems)が主催する、Javaの技術や知識をどれほど有しているのかを認定する資格試験です。試験内容はJavaのバージョンがアップされるごとに改定され、せっかく取った資格もバージョンアップされると過去の資格となってしまいますので、必要に応じてアップデートしていくことが必要となります。

Oracle認定Javaプログラマ(Oracle Certified Java Programmer)
運営会社名Oracle社(旧Sun MicroSystems)
受験料Bronze 13,600円/Silver・Gold 26,600円(税抜)
受験資格Bronze・Silver  とくになし Gold Silver SE 11、Silver SE 8、Silver SE 7、Gold SE 8、Gold SE 7 認定資格者
受験時期随時実施
出題数Bronze 選択問題 60問:65分/Silver・Gold 選択問題 80問:180分
回答形式選択問題(Bronzeレベルのみ自宅などからのオンライン受験可)
合格率Bronze:60%/Silver:63%/Gold:新規 63%、移行 61%
取得レベルBronze プログラミング未経験・Javaによるオブジェクト指向プログラミングの知識をもつプログラマ向け
Silver Javaアプリケーションの開発に必要となるプログラミング知識をもっている中級レベルの開発者向け
Gold Javaアプリケーションの開発に必要となるプログラミング知識をもっている、かつ設計者の意図を正しく理解できるなど上級レベルの開発者向け

Linux技術者認定試験(LPIC)
LinuxとはOS(オペレーションシステム。WindowsやMac、iOSやAndroidなど)と同じ扱いをするソフトウエアです。このLinux技術者としての知識や技術力を認定する資格が「Linux技術者認定試験(Linux Professional Institute Certification)」です。

Linux技術者認定試験(LPIC)
運営会社名NPO法人「The Linux Professional Institute」
受験料15,000円(税別)
受験資格LPIC-1 とくになし/LPIC-2 LPIC-1資格保持者/LPIC-3 LPIC-2資格保持者
受験時期随時実施
出題数60問:90分
回答形式LPIC-1・LPIC-2 4択式・記述式/LPIC-3 複肢選択式・記述式
合格率非公開
取得レベルLPIC-1 初心者レベル。Linuxの基本操作やシステム管理の基本が中心。
LPIC-2 中級者レベル。Linuxの応用となるシステム管理・サーバー構築ができる人向け。
LPIC-3 上級者レベル。300試験、303試験、304試験それぞれ出題傾向が異なる。

未経験からバックエンドエンジニアになるには

未経験からバックエンドエンジニアになるには

一定水準以上のプログラミング言語や、データベース構築の知識などが必要となるバックエンドエンジニアの場合、未経験からの就職は難易度が高そうなイメージもあるかもしれません。しかし人材不足の業界ですので、独学でスキルを身に着けていたりスクールなどで学んだりなどがあれば、その努力ややる気・学びたいという強い意欲を評価してもらえる可能性もありますので、未経験者でも学び・成長しながら働ける仕事です。

バックエンドエンジニアにはどんな人が向いている?

バックエンドエンジニアに向いている人の特徴は次の3つです。

自分自身で学ぼうとする意欲のある人

プログラミング畑で働く場合、常に意識しておかなければならないポイントは、常にアップデートされる情報を追い続け、素早く身に付けていけるかどうかです。一つひとつの積み重ねを怠らず、常に学ぶ意欲のある人、自学自習が得意な方にはうってつけの仕事でしょう。

コミュニケーション能力の高い人

バックエンドエンジニアに限らず、フロントエンドエンジニアやWebデザイナーなど、Web制作現場にはさまざまな職種の人達が大勢集まります。そのなかで、相手と適切なコミュニケーションを取っていくことで、ムダのないスムーズな進行をおこなえます。意思の疎通、相手の気持ちを汲み取る能力が高い人は当然のこと、人と話すことが好きな人や、相手の気持を考えて行動できる人にも向いている職種です。

情報に常に敏感であり、自分の中に取り入れることが上手い人

Web関係の世界は常に新しいものへと発展しています。ときにはダウングレードすることもあるので、使いたい知識が適切なのかどうかを的確に知っておく必要があるでしょう。バックエンドエンジニアに必要なプログラミング言語スキルなども、すぐにバージョンが変更されます。アンテナを張って情報収集ができる人も、バックエンドエンジニアに向いている仕事だといえるでしょう。更に手にした情報を、効率的に自分の物にできる力をもっている人は、次のステップへのチャンスを手に入れやすいかもしれません。

未経験からバックエンドエンジニアになるために必要なスキルと習得方法

バックエンドエンジニアになるためには

  • プログラミング言語の知識
  • サーバ・データベース構築の知識
  • システムの運用、および開発の知識

これらの3つのスキルと知識が必要です。

プログラミング言語の知識

バックエンドエンジニアでは、さまざまなプログラム言語は必要となります。

  • PHP
    SNS、ブログをはじめとするWebサイト全般で、ブラウザーを使って利用できるサービスを作成するための言語。
  • Python
    人工知能(AI)の開発に一番強いと言われている言語。Webのアプリケーションや、パソコンのデスクトップで使用するアプリケーションの開発に多く使用されています。
  • Ruby
    動的なWebサイトを作ることに使われる言語。日本人が開発した言語なので学びやすいことでも有名です。
  • Java
    どのOSにも依存せず動かせる汎用的な言語。SNSやWeb上で動作するアプリケーションやゲームなどにも使用されています。

サーバ・データベース構築の知識

サーバ・データベース構築の知識が必要なバックエンドエンジニアには、「フレームワークスキル」も必要となります。フレームワークとは、さまざまなWebサイトのサーバやデータの構築を開発する上で、作業の効率化を図る機能です。Webフレームワーク、プログラミング言語のフレームワークなど、用途にあったものを使用し、作業の効率化を図ります。また業界では標準のデータベースとして知られている「MySQL(別名:リレーショナルデータベース)」なども習得しておきたいスキルです。

システムの運用、および開発の知識

バックエンドエンジニアの仕事は、プログラムやシステムの開発だけではなく、その後の運用までおこないます。サービスや機能の開発が終了したらそのまま実際に運用してみて、どのような問題や不具合が起こるかなどを洗い出す必要があります。プログラムの構成を改善したり、セキュリティの不具合やエラーが起こらないかの監視、障害対策も運用業務に入りますので、開発と運用に関する知識はセットで習得していくことがオススメです。独学で学ぶこともいいですが、スクールやすでに活躍している先輩などに、実体験などにもとづくアドバイスを受けながら学んで行くほうが学びやすいかもしれません。

バックエンドエンジニアへの就職、転職方法

バックエンドエンジニアの就職や転職は、未経験でもやる気と意欲を評価してもらえればあまり難しくはなさそうです。根気よく求人を探していくと、未経験でもよいという求人は出てくるでしょう。転職支援サービスや、就職・転職エージェント、転職サイトなど、複数のサービスを利用して探してみてください。ネット上のエンジニアやプログラミング学習をおこなうナレッジサイト「Qitta」や「Stackoverflow」などで情報交換をしながら探してみることもオススメです。

バックエンドエンジニアのフリーランス

バックエンドエンジニアのフリーランス

フリーランスでエンジニアを職業としている人は増えてきています。先ほど紹介した「Qitta」や「Stackoverflow」のような、プログラミングを学ぶ人たちのコミュニティが増え、「Lancers」や「CrowdWorks」などのフリーランスが仕事を獲得するためのクラウドソーシングサイトも躍進を遂げていることもあり、フリーランスでも働きやすくなっています。ここで重要となるのは、異業・同業問わず常に人とのコミュニケーションを取り続けることを意識してください。仕事の幅を広げるため、知識を得るため、仕事を獲得するため。すべてにおいて人と人とのコミュニケーションが重要となります。

まとめ

バックエンドエンジニアとして働くことは、学ぶことも知識量も多く、初心者の方にはハードルが高いと感じるかもしれません。しかし独学で学んだりスクールで学ぶことで、知識を蓄積することは可能です。蓄積した豊かなスキルと知識を武器があれば、未経験者の方でも挑戦できる職種ともいえるでしょう。ネット上にある無料でプログラミングを学べるサイトや、テクトレなどの無料で学べるITスクールをどんどん活用し、バックエンドエンジニアとしての能力を高め、活躍の場を勝ち取ってみてはいかがでしょう。

チェックリスト

  • バックエンドエンジニアになるにはRubyやPHP、Pythonなどのプログラミング言語が必須
  • サーバやデータベースの構築だけでなく開発・運用・保守の知識も求められる職種
  • 特別な資格は必要ないが、資格があることで自分を売り込むアピールポイントになる
  • Web業界のなかでは需要が高い。知識と経験を積めばフリーランスとしても活躍ができる
  • 未経験者は、テクトレなどの教育型エージェントを活用するのも有効
update2025
何が起こるかわからない。
あらゆる予測は覆る。
私たちはそれを思い知った。
じゃあこれからどう生きるか。
セラクは、チャレンジを選ぶ。
まず見据えるのは5年後。
見えないからこそ、
自ら突き進む強さを。
読めないからこそ、
荒波を超える柔軟さを。
未来を変えられるのは
今の自分だけだから。
2025年を、アップデートしよう。
ここから。