特集

IT業界がアツい! 営業職から転職するのにおすすめな理由

2021年06月18日
タグ:

はじめに

営業職がIT業界への転職を考えた時、どこかハードルが高いと思ったことはありませんか。

ましてや、営業職から他業種への転職は不安がつきものです。しかし営業職からIT業界への転職は、思っているほどハードルは高くないのです。IT業界は今まで営業職で培ってきた経験を活かし、活躍できる可能性があるおすすめの業種です。

本記事では、なぜIT業界がおすすめの業種なのか、営業職で培ったスキルがどのように活かせるかを紹介します。

IT業界の主な職種とは

営業職からIT業界への転職のために、まずはIT業界にどのような職種があるかを知ることからはじめましょう。IT業界には様々な職種があります。

  • ITコンサルタント
  • プリセールスエンジニア
  • 開発エンジニア
  • 運用オペレーター

ここでは一例として4つの職種をあげましたが、同じIT業界でも業務内容が異なります。更に細分化していけば、ご自身のスキルや能力を活かせる職種が見つかるでしょう。

なぜIT業界がアツいのか

就職活動や転職などで人気の高いIT業界ですが、なぜIT業界は人気があるのでしょうか。IT業界がアツいと言われる理由とその魅力について次の4点をご紹介します。

  • 将来性が高い
  • 社会貢献を実感できる
  • 働き方の自由度が高い
  • IT未経験者でも活躍できる職種がある

将来性が高い

IT業界はAI・IoT・VRなどの先進技術の普及により、顧客・市場のデジタル化が急激に進んだことで、成長が著しい業界です。こうした社会環境の変化に伴い、新たな需要が高まることが見込まれます。このような背景から、IT業界は将来性の高い業界と言われています。

現在、多くの企業がITシステムを活用し、生産性アップや企業価値向上を目指しています。その要となるシステム開発やシステム保守・運用を担う人材の需要は高く、業界全体として高い将来性が見込まれます。

IT業界で必要となる技術は革新的に進化し続けています。社会を便利に、より良くしていくために、これからもIT業界は常にアップデートが求められ、社会的な需要はまだまだ拡大していくでしょう。

社会貢献を実感できる

IT業界がアツいと言われる理由のなかには、社会貢献を実感できることも理由としてあげられます。自分の力で社会を良くしていきたいと考える方には、IT業界をおすすめします。

IT業界には、人々の生活基盤を支える役割を担う業務も多く、社会インフラや福祉事業、医療関係などに携わる業務などもたくさんあります。社会の役に立てる仕事であると誇りを持って取り組める業務が多いため、IT業界を志望する人も多くいます。

また、さまざまな角度や分野から、社会の役にたてることや、誰かの役に立てることは、仕事への意欲にもつながります。

働き方の自由度が高い

IT業界の働き方は、一般的に残業が多い、休みがなかなかとれないなどのネガティブなイメージがありませんか。しかしIT業界はみなさんが思う以上に自由度の高い働き方を推奨している企業が多くあります。

社会全体が多様性を尊重しようとしていくなか、IT業界は早い段階から個人の裁量を尊重する考え方を取り入れています。働く時間など、個人を尊重した自由度は、他の業種と比べても高い傾向にあります。

また、リモートワークとの親和性も高く、積極的に導入しているところも増加し、柔軟な働き方も注目すべきポイントです。

IT未経験者でも活躍できる職種がある

IT業界で働く場合、プログラマなどは専門的な知識が必要になります。そのような専門知識が必要な職種も、運用オペレーターなどの未経験者でも活躍できる業務を経て、第一線で活躍することも珍しくありません。

さらに、顧客の課題を適切なシステムの導入・運用で解決に導いていくコンサルティング職も未経験から活躍できる職種です。

常に人材不足が問題視されるIT業界では、ポテンシャルを重視し、未経験者の採用を積極的に行っている企業もあります。また、未経験者を採用する企業ではスキルアップを支援するため、研修や勉強会などを開催していることが多いです。

人材不足が顕著なIT業界だからこそ、未経験者が活躍できる環境があります。

営業職からの転職をおすすめする理由

冒頭で営業職からIT業界への転職はみなさまが思っているほどハードルは高くないとお話しました。なぜなら営業職で培ったスキルは、IT業界で大いに活かせるからです。

営業職では必須となるコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力、顧客折衝ができることやヒアリング能力などは、業務を行う上で開発経験しかないエンジニアとの差別化が図れます。

開発経験しかないエンジニアのなかには、エンジニアとしてのスキルや経験は高いものの、対人的なやりとりが苦手な人が多いからです。

営業職で培ったスキルを活かせば、未経験者でも活躍できるチャンスはあるはずです。

まとめ

もし、このまま営業として働き続けていくことに悩みや不安を抱えているのであれば、IT業界への転職も視野に入れてみてはいかがでしょう。

営業職で働いていたからこそ活躍できるチャンスがIT業界にはあります。IT業界へ転職することで、自身が営業職で培ったスキルを活かし、強みにしながら新たな道に進めるでしょう。

未経験だから、専門性が高いからという理由で諦めてしまう前に、ひとつの選択肢として検討してみませんか。

update2025
何が起こるかわからない。
あらゆる予測は覆る。
私たちはそれを思い知った。
じゃあこれからどう生きるか。
セラクは、チャレンジを選ぶ。
まず見据えるのは5年後。
見えないからこそ、
自ら突き進む強さを。
読めないからこそ、
荒波を超える柔軟さを。
未来を変えられるのは
今の自分だけだから。
2025年を、アップデートしよう。
ここから。