特集

【転職回数不問】広く経験した30代が活躍できる職種とは

2021年03月17日
タグ:

はじめに

30代は、仕事の経験値もたまり視野が広くなります。また、ライフステージの変化により将来を見据えて今の仕事を考え直す時期に差し掛かります。様々なことに悩み、その解決策として転職を考える方が大変多い年代です。広い経験を遺憾なく発揮できる職種について考えてみましょう。

広い経験・総合力を活かせる職種とは

広い経験を活かせる職種についてご紹介します。
営業やコーポレートの総合職、マーケター、ITコンサルタントなどがそれに当たります。

営業&コーポレート総合職

営業は培った人脈を活かすこと、様々な業界の顧客理解力や提案力がものを言う職種と言われます。そのため、今までの社会人経験で見聞きしてきた組織内の意思決定の仕方や考え方。業界知識や市場動向などを広く活かすことが可能です。コーポレートの総合職も異なる部署の要望や課題を理解しまとめ上げる必要があるためマネジメント力や、業務理解力が活きる職種です。

マーケター

マーケターは社会の動きを見極める力が必要です。そのために顧客理解力と共に、分析力・洞察力が求められます。データの理解や媒体毎の特性理解、それらをどのように組み合わせて目的を果たすかの企画力も求められます。そのため活躍できるマーケターになるには長い道のりが必要とされています。

ITコンサルタント(カスタマーサクセス領域)

広い経験を活かすのであれば、カスタマーサクセス領域のITコンサルタントという職種がおすすめです。 ITコンサルタントと聞いて「ムリ無理、コンサルタントなんて」と思わないで下さい。カスタマーサクセス領域は、様々な職種を経験された方に、その経験をもとに多種多様な企業のお客様ニーズを正確に把握する力を求めるため、広い経験や総合力が活かせます。株式会社セラク(以下、セラク)なら、専門スキルや転職回数を不安に思っている方にもチャンスがあります。

ITコンサルタント(カスタマーサクセス領域)仕事内容

主な仕事は、世界的に使われているSalesforceというクラウド型顧客管理ツールをベースにお客様企業の事業成長をサポートします。Salesforceは、複雑な商談管理や顧客管理をデータとして一元化することで、営業活動の効率化を行います。お客様のビジネスの流れを把握し、お客様がビジネスをしやすくなるように運用改善やツール設計の検討や提案をしていただきます。セラクでは、Salesforceをベースにお客様の業務をとりまとめ、情報の可視化や業務効率化をすることで業績アップに貢献し、カスタマーサクセスを実現しています。

求める経験やスキル

多種多様な業種のお客様企業に対してニーズをくみ取り対応するために、広い業界経験を持った方を求めています。基本的なビジネスマナー・スキルを持ち、お客様企業の課題を発見し、CRMツールがどんな使われ方をすることで問題解決につながるかなど、顧客視点に立った業務遂行力が求められます。複数の業界・業種に関する経験を活かせ、幅広い知識とそれに伴う感覚が必要なため、広く知っている知識が役に立ちます。現時点では具体的な専門スキルの必要はありません。

成長できるポイント

事業活動における課題の抽出や解決に向けた施策の提案力を磨き、コンサルタントとして成長できます。また、仕事を進める上で、設定エンジニアとのコミュニケーションも多く、開発者スキルを習得することも可能です。さらに、汎用性の高いCRMであるSalesforceの理解を深め、専門性を高めることができます。Salesforceは全世界15万社で利用されており、専門性のある人材は世界中で求められています。

ITコンサルタント(カスタマーサクセス領域)インタビュー

転職回数が多く専門スキルが無いことが悩みだった方が、今セラクでITコンサルタントとして活躍しています。その方のセラクに入る前と入ってから変わったことについてインタビューをしましたのでご紹介いたします。

次なる武器は、コンサル力とグローバル力

    これまでの経歴
  • 1社目 情報システム企業:システムエンジニア
  • 2社目 情報システム企業:プログラマー・システムエンジニア・プロジェクトマネージャー
  • 3社目 IT企業:WEB制作・運用ディレクション担当
  • 4社目 IT企業:QAエンジニア・サポートエンジニア・社内システムエンジニア

現在の業務内容

プロジェクトマネージャーをしながら、クライアントの業務改善支援を行なっています。SalesforceのCRM(顧客管理)・SFA(営業管理)システムの特性から、システムエンジニアとしてのスキルだけでなく、クライアントのビジネスや企業文化を含めてご支援できる面にやりがいを感じています。

転職理由

得意分野や専門性を身に付けたかったからです。今まで所属した企業は大規模で、部分的な作業しか行えず、その場限りの知識や技術しか身に付きませんでした。様々吸収できる一方で、技術者としての得意分野や専門性を持て無いことがコンプレックスに感じました。セラクにはSalesforce推進部のほかに部門も多く、同じ社内で新しい分野や専門性を増すことが可能な点も魅力でした。

業務を通じて成長したこと

スピード感とキャパシティがアップしました。セラクでは突発的な業務依頼や追加の業務アサインがあり、複数タスクを同時に行うことがあります。この要望に応える中で、自分の動きがチーム、ひいては会社のビジネスチャンスに繋がると感じ、やりがいを持って取り組めています。また、プリセールスではクライアントへのヒアリング力も向上したと思います。

今後の目標

エンジニアとして技術力の向上と、コンサルティングとしての成長です。クライアントの業務改善のためには、その業務内容に深く踏み込む必要があります。より良いご支援のために技術の範囲に留まらずコンサルタントとしても成長していきたいと思います。また、現在英語を勉強し、導入される日本在籍の海外企業様へも、語学力を武器にグローバル展開を進めていけたらと思います。

まとめ

セラクでは、転職回数も経験値と捉え、クライアントのニーズをヒアリングし汲み取り課題解決をすることに多いに役立てていただける仕事があります。仕事をしながらスキルを身につけ、新分野であるカスタマーサクセス領域を共に切り開いていける仲間を求めています。
転職は人生の大きな転機となります。少しでも良い環境で長く勤めたい、自分の目標をかなえたいなど、転職する目的は様々です。30代で今後のキャリアを見定め改めてこの先を見すえ考えてみましょう。
ITコンサルタント(カスタマー領域)を仕事にして活躍してみませんか

update2025
何が起こるかわからない。
あらゆる予測は覆る。
私たちはそれを思い知った。
じゃあこれからどう生きるか。
セラクは、チャレンジを選ぶ。
まず見据えるのは5年後。
見えないからこそ、
自ら突き進む強さを。
読めないからこそ、
荒波を超える柔軟さを。
未来を変えられるのは
今の自分だけだから。
2025年を、アップデートしよう。
ここから。