特集

転職3回以上の30代がアピールできるポイントは?

2021年03月17日
タグ:

はじめに

キャリアプランをあらためて見直していくなかで、転職を目指そうとした場合に、自身のこれまでの転職回数が気になる方も多いのではないでしょうか。ここでは、転職の回数が3回以上の30代の方に向けて、転職回数の多さは採用へ影響があるのか、30代で転職するメリット、転職を成功に導くためのアピールポイントについて紹介していきます。

採用に悪影響はある?転職回数と採用の関係

以下では、転職回数と採用の関係について見ていきたいと思います。転職回数が多いと転職には不利という話はよく耳にするところです。転職回数は採用に直接関係はあるのか、何回までなら大丈夫か、悪影響があるとすればどんなことか、職種によって違いはあるのか、実際のところはどうなのでしょうか?

一般的に30代前半までに3回以上転職経験があると、人事担当者に転職が多いという印象を与えます。個々の就業期間が3年以上の場合は、業務経験の多様さとして評価される場合もあります。しかし、短い場合には、仕事に取り組む姿勢や意識について、マイナスの印象を与えることがありますので、しっかりとした理由付けが必要になってきます。面接の場では必ず尋ねられますので、筋道が立った納得感のある回答ができるように準備しておきましょう。

一方で、職種によっては、転職回数が採用にあまり影響しない場合もあります。新しい技術や総合的な知見が求められる職種については、転職回数が多くともあまり関係ないと言われています。具体的な職種としては、デザイナー/エンジニアなどの技術職や、営業や企画職などの総合職がそれに当たります。もし自分がそういった職種の場合は、転職回数に気をもむことなく、今後のキャリア形成に向け、積極的に活動してみましょう。

30代で転職するメリットは?

30代で転職をするメリットは何があるのでしょうか? 2つのメリットをご紹介したいと思います。

今までの実績を評価され年収アップ

30代からの転職はある程度スキルを持っていると判断され「即戦力」が求められます。今まで培ってきたスキルや実績を評価されることにより、即戦力として採用され以前勤めていた会社よりも年収が上がる可能性もあります。どんなにスキルや実績があっても、現職で正当に評価されていると感じない場合や収入の面でも不満を感じているのなら、30代からでも転職をするメリットの1つだといえます。

職業選択の幅が広がる

社会人となって約5年~10年。様々な経験から仕事に対する考え方もずいぶん変わってきてはいないでしょうか。憧れや勢いで就職・転職したものの、想像していた世界と異なっていた。仕事内容に不満はないながらも、業界の先行きに不安を感じる。また、自身のライフステージの変化から転職という選択肢が頭に浮かぶ方もいることでしょう。

様々な経験を積み、視野が広がったなかで、あらためて自身のキャリアやライフスタイルをどうしていきたいか考えたうえで、選択の仕切り直しができるという点も30代で転職するメリットの1つと言えます。

30代が転職でアピールするポイントは?

それでは、転職時の面接ではどのようなことをアピールすれば良いのでしょうか?30代だからこそできる面接時のアピールポイントについてご案内します。

専門的スキルのある方は

プログラミングやデザインなど専門スキルがある方は、その専門スキルを軸にアピールしましょう。関わった案件やプロジェクトのなかで、具体的な能力・スキルをどのように活かし、実績を上げ、経験を積んできたかがアピールポイントです。規模・人員・期間などは数字で表現するとより効果的です。その際には、受け取り側の企業規模と相対的に比較されますので、必ず事前にコーポレートサイト等から情報を収集しましょう。上記で述べたように、スキルや実績が評価され採用に至れば、収入のアップも大いに見込めます。

様々な経験を幅広くされて来た方は

今まで様々な企業で培ってきた経験・知識・技術をしっかりアピールしましょう。経験数が多いという事は、応用力が備わっていると評価されます。面接官にこれまでの経験を余すところなくアピールできる方法としては、業務経験や得た知識・技術力をノートに書きだしてみましょう。自分なりに書いてまとめてみると頭の中が整理されるので面接でアピールする際に役立ちます。

応募する企業の業務内容に沿わせながら、どのように自分の経験・知識・技術の力が発揮できるのかも、考えてみると具体的に伝わりやすいでしょう。

どんな貢献ができるかアピール

御社に入社したい!という気持ちより、自分が入社したらどんなことで貢献できるのかについてアピールしましょう。どのような貢献ができるか伝えることで、採用担当者に入社した後の活躍をイメージしてもらいやすくなります。どのような貢献が自分にはできるのかスムーズに伝えられるようにまとめておきましょう。

まとめ

一般的に転職回数が3回以上だと人事担当者に多いと判断されがちですが、職種によってはあまり影響しない場合もあります。30代で転職するメリットとしては、スキルや実績が評価され年収アップにつながったり、これまでの経験から視野を広く持って自分のライフスタイルに沿った職業選択ができることです。実際に面接でアピールする場合は、上記で述べたポイントを元に自分にはどのようなことがアピールできるのか参考にしてみてください。

次の記事では、転職回数の問題と同様によく耳にする、35歳の壁/転職限界説、その噂の真相についてご案内します。35歳までに転職をしないとどんな未来が待ち受けているのか、35歳までの期間になにをなすべきか、といった点についても言及します。

update2025
何が起こるかわからない。
あらゆる予測は覆る。
私たちはそれを思い知った。
じゃあこれからどう生きるか。
セラクは、チャレンジを選ぶ。
まず見据えるのは5年後。
見えないからこそ、
自ら突き進む強さを。
読めないからこそ、
荒波を超える柔軟さを。
未来を変えられるのは
今の自分だけだから。
2025年を、アップデートしよう。
ここから。