特集

30代が瀬戸際!?今後のキャリアプラン…今の会社、それとも転職?

2021年11月22日
タグ:

はじめに

30代に入り、今まで培った経験から今後のキャリアプランについて真剣に考えている方も多いと思います。そこで今後のキャリアを形成するのは「今の会社で?それとも転職?」という2つの選択肢から、あなたの未来について考えてみましょう。

キャリアプランに悩む30代

社会人生活がスタートした20代の頃は、仕事の大変さを味わいながらも、様々なことを必死に経験してきたかもしれません。しかし30代になり、仕事にも慣れ、視野が広がってくると、先々のキャリアプランに悩み始める方が多いようです。ここでは、30代が具体的にどのような理由で悩んでいるのかを紹介します。

ライフステージの変化

30代はライフステージも大きく変化する年代です。結婚や出産、マイホームなど生活基盤が変わり、安定や貯蓄など20代より長期的な目線で生活全般を考えるようになります。

また、自分が勤める会社の将来性も意識するようになり、仮に安定して働くことができていても、今後キャリアアップが望めるのかという不安もあります。30代におけるキャリアプランの再設定は今後の人生に大きく関わるでしょう。

仕事や役割の変化

30代になると、人によっては役職に就いて仕事の責任が大きくなることもあります。自分のやりたい仕事と会社から求められることの間で、葛藤することもあるでしょう。

その中で、以下のような思いが生まれるかもしれません。

  • もっと専門的なスキルを上げたい
  • もっと価値ある仕事がしたい
  • もっと稼げる仕事に関わりたい

30代は仕事に対する考え方の変化を再認識できる時期です。同じ会社に長く勤めていると、自分では希望しない役職を任されることもあります。あなたの今の仕事は、自分が描く理想のキャリアプランに向かっているのか、一度立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか。

今の会社でキャリアを積むには

今の会社で実現できるキャリアの可能性を確認することも大切です。ここでは、今の会社でキャリアを積むにはどうしたらよいか、何を注意したらよいかをみていきましょう。

管理職へキャリアアップする

まずは管理職へのキャリアアップを目指すことが考えられます。そのためには今の仕事で成果を上げ、評価されることが重要です。積み重ねてきた経験を活かし、リーダーシップを発揮できるように努めましょう。

管理職に就けば責任も重くなりますが、得られるやりがいは自身の大きな成長につながります。一人のプレイヤーとしてではなく、組織をまとめて仕事に向き合うことになり、その経験は将来のキャリアに役立つはずです。

自分が持つスキルの専門性を極める

既に専門的なスキルを持っている方は、その専門性を高めることでキャリアアップすることが可能です。例えばプログラミング、デザイン、マーケティング、コンサルティングなど、スキルを磨くことで重宝される人材になれます。また、必要に応じて資格を取得すれば、今後転職する場合も有利に働くでしょう。

しかし、そのスキルが将来的に必要とされるか、しっかりリサーチしておきましょう。加えて、スキルを高めるだけでなく、コミュニケーション能力や人としての成長も意識し、作業者として扱われるだけにならないよう注意が必要です。

年齢によるキャリアプラン、年齢限界説と言われる35歳の不安について知りたい方に紹介したい記事があります。35歳以上の転職にはどのようなスキルや経験が必要なのか、気になる方はこちらも参考にしてみてください。35歳転職年齢限界説は本当?成功させるために必要なスキルや経験は?

転職でキャリアを見直すには

転職の際には自己分析を行い、キャリアプランを明確にする方が有利です。では、キャリアを見直すにはどうしたらよいか、何を注意したらよいのでしょうか。

今の職種の延長でキャリアを積む

専門的なスキルを持つ場合、現在の職種におけるノウハウやスキルをそのまま他の会社でも活かすことができます。培ったキャリアや人脈を活かして管理職に就くことも期待できるでしょう。

同職種への転職は実績もあり即戦力にもなるため、比較的簡単ではあるものの、結局収入も役割も今と変わらない事が多く、転職する意味をしっかり考える必要があります。たとえば、働く環境を大きく変えたい、別の会社で経験を積みたいなどの理由であれば、転職で得られるものがあるでしょう。

新たに資格を取って別分野に転職する

キャリアチェンジの方法として、新たな専門スキルを身に付けて転職することも可能です。そのためにはやりたいことを明確にし、必要な知識や資格を取得することから始まります。

ただしこの場合は未経験からのスタートとなる場合が多く、給与も基本的に下がる可能性が高いでしょう。取得する資格や転職する業界をよくリサーチする必要があります。

今までの経験を活かせる職種を探す

転職の選択肢として、今までの様々な経験を活かすことができ、さらに専門性が身に付くような転職先が理想的です。例えばシステムエンジニアなら、これまでの経験を活かしてより上流工程の仕事に携わることで、収入アップやキャリアアップにつなげることができます。

自分の携わってきた仕事を一度棚卸しし、広い視野で見直してみることで、新たな道の可能性に気付くかもしれません。なお求人の傾向としては、比較的新しい技術領域や総合的なスキルが求められる職種が多いといえます。

転職をするにあたり、一歩を踏み出せないでいる方はどのような不安が付きまとうのか、怖いと感じる点などをどのように払拭できるか、こちらの記事を参考にしてみてください。転職が不安・怖いと感じるのはなぜ?気持ちを軽くする方法をご紹介

まとめ

30代は様々な要因が重なり、キャリアを見直す良いタイミングかもしれません。今の会社に残るのか転職するのか、あらためてよく検討してみましょう。どちらが正解というものではなく、あなたに合ったキャリアプランを選択することが大切です。

どちらの道を選ぶにしても、今からできることは必ずあります。情報収集をしたり、資格取得のための勉強を始めたり、家族と将来のライフプランを相談するのもおすすめです。30代の転職には即戦力を求められる傾向があるため、新たなキャリア切り開きたい場合には相応のスキルを身につけておきましょう。

【会社選びは、仲間探しだ】IT業界に挑戦したい23年卒の方、私たちの仲間になりませんか?
株式会社セラク 開く
update2025
何が起こるかわからない。
あらゆる予測は覆る。
私たちはそれを思い知った。
じゃあこれからどう生きるか。
セラクは、チャレンジを選ぶ。
まず見据えるのは5年後。
見えないからこそ、
自ら突き進む強さを。
読めないからこそ、
荒波を超える柔軟さを。
未来を変えられるのは
今の自分だけだから。
2025年を、アップデートしよう。
ここから。