業界/資格

社会人は出会いがない? 出会いのきっかけ&すぐ出会える趣味5選

2021年04月06日
タグ:

はじめに

社会人としての生活を送っていると、なかなか出会いのチャンスに巡りあえないと感じることはないでしょうか。学生の頃と比べると格段に減ってしまった気がする出会いのチャンス。なぜ社会人になると出会いの機会は減少したと感じるのでしょう。

社会人の出会いが少なく感じる理由や原因、出会いを掴むためのポイントやきっかけなどを詳しくご紹介します。

社会人になると出会いがない理由は?

社会人になると出会いがない理由は?

学生の頃に比べ社会人になると、なんだか出会いの場が減ってしまったと感じる人もいるでしょう。なぜ社会人になると出会いの場が減ってしまうのか考えたことはありますか?

  • 仕事で忙しいから
  • 休日も家ですごしてしまうから

ここでは上記2つの理由から、学生時代と社会人で出会いの場が減ったと感じてしまう原因を考えてみましょう。

仕事で忙しいから

仕事が忙しくて、毎日自宅と職場の往復のみになっている。このような状況になっていると、どうしても日常的な出会いが慢性的に不足してしまいます。

大学生などの場合は、大学内だけでも講義ごとやサークル活動などで日常的に出会いがあるものです。学校帰りにバイトや合コンなど、自ら出会いを求めて行動的になる時間の余裕も作れるでしょう。

しかし社会人の場合、仕事の忙しさによっては時間の余裕だけではなく心の余裕もなくなってしまいます。そうなると自ら出会いを求めて行動する気持ちすらなくなってしまい、自動的に恋愛から遠のいてしまうのでしょう。

休日も家ですごしてしまうから

職種によっては異なりますが、社会人になるとどうしても拘束される時間や日にちが増える傾向にあります。あまり忙しくなかったとしても、やはり連日の通勤や業務をこなしていると、慢性的な疲労が蓄積されていきがちです。そうなってしまうと、休日は日頃の疲れを癒やすための唯一の時間となってしまいます。

仕事をしながら休日には何をしようかと考えていても、気がつけば寝てしまって一日が終わっていたなんてことは珍しくないかもしれません。人によっては溜まっている家事を片付けているだけで休日が終わってしまうなんてこともあるでしょう。

このように休日も外出せず家ですごしてしまうことで、出会いの機会を減らしてしまっていると考えられます。

出会いのチャンスを掴むためには?

出会いのチャンスを掴むためには?

社会人になって出会いがない、出会う機会が減ってしまったとお悩みの人もいれば、同じ社会人でも恋愛を謳歌している人がいることも事実。社会人が出会いのチャンスをガッチリ掴むためにはどうすればいいのでしょう。

  • 誘われた飲み会には参加する
  • マッチングアプリも活用
  • 婚活イベントにも参加する

上記3つのアクションを元に、どうすれば出会いのチャンスを掴めるのか考えてみましょう。

誘われた飲み会には参加する

仕事に追われて忙しい日々を送っていたり、仕事以外の時間を自分のために有効に使いたいと考えていたりすると、どうしても飲み会のお誘いを断ってしまうのかもしれません。

しかしそれではいつまでたっても「社会人は出会いがない」モードから抜け出すことは難しくなるでしょう。そこで自ら出会いのチャンスを作るべく、同僚や友人から飲み会へ誘われたら必ず参加することにしてみてはいかがでしょう。出会いがないのであれば、出会いを作るしかありません。

飲み会に参加することで、新たな出会いが待っているかもしれません。0が1になるだけでも大きな発展につながりそうです。

マッチングアプリも活用

一昔前は敬遠されがちだった「マッチングアプリ」も、今やすっかり市民権を得たのか、社会人の出会いを増やす格好のツールとなっているようです。スマホやタブレットなどからマッチングアプリを利用すれば、場所や時間を気にせず出会いの場が広がっていくでしょう。とくに多くの場合女性は完全無料なことから、気軽に利用できると重宝されています。

都会と比較するとさらに出会いの確率が低くなる田舎に生活圏がある人でも、マッチングアプリを使用すれば出会いの確率は一気に広がります。ネットを介すことで、少し離れたエリアの相手とも簡単に繋がれることは、マッチングアプリの最大の魅力です。

ただし利用する際にはいくつかの注意点があります。マッチングアプリの場合、サイトを介していても最終的には個人同士のやりとりがメインとなっていきます。そのようななか、詐欺や犯罪に巻き込まれてしまうケースも少なからずあるようです。身分や性別・年齢などの詐称からはじまり、存在すら架空の場合もあり、「騙すことを目的」とした登録者も存在することを知っておきましょう。個人情報の漏洩や悪用、詐欺的な儲け話を持ちかけられるなど、犯罪に巻き込まれないよう細心の注意をはらってください。

婚活イベントにも参加する

本気で出会いを求めているのであれば、婚活イベントに参加してみることも1つの手段です。マッチングアプリとは違い、会場へ足を運べば直接相手と対面できる貴重な出会いの場。しかも一度に複数の異性と直接出会える場となれば、大きなチャンスにつながる可能性もあるでしょう。直接対面できることで、相手の雰囲気も感じ取れますね。

婚活イベントは場所や時間帯が多岐にわたっているため、忙しい人でも気軽に参加できる可能性もアップします。小規模のものから大規模なものまで、参加者の数や雰囲気なども異なります。ご自身にあった婚活イベントを探して参加してみてはいかがでしょう。

社会人の出会いのきっかけは?

社会人の出会いのきっかけは?

社会人の出会いの場やきっかけは一体どこにあるのでしょう。実は社会人にも出会いの場や出会いのチャンスはいくつもあるのです。

  • 仕事場
  • 同窓会
  • 友人の結婚式
  • 習い事
  • 社会人サークル

社会人でも出会いのチャンスがあるとされている、これら5つのシチュエーションから、出会いのきっかけについて考えてみましょう。

仕事場

仕事と家の往復で出会いの場を見つけるチャンスがないというのであれば、思い切って仕事場で好きな人を見つけてみてはいかがでしょう。仕事に向き合う姿勢や、人間性、人となりなど、職場で一緒にいる間柄だからこそ見えてくることもあるでしょう。

同じ部署内の人や、プロジェクトをともに進めたチームの人など、何かと接点が多い相手はいませんか?一緒にすごす時間が長かったり、目的に向けて一緒に行動したりなどの経験があると、親しくなりやすいため新たな関係に発展しやすいかもしれません。

もちろん職場では仕事第一にしながら、あらためて周りを見渡してみてはいかがでしょう。

同窓会

新たな出会いの場として、同窓会に参加してみてはいかがでしょう。久しぶりに会う旧友たちと同窓会を通して再会することは、新たな出会いのチャンスへとつながるでしょう。一緒に学生時代を送った仲間だからこそ気軽に会話を楽しめるでしょうし、初対面の人と交流を深めるよりも格段にハードルが低くなりそうです。

たとえ同窓会に参加している旧友たちが既婚者ばかりでも、出会いを求めている異性との架け橋となってくれる可能性もあります。恥ずかしがったり、見栄をはったりするようなことはせず、堂々と出会いを求めていることを周囲にアピールし、よい出会いへとつないでもらいましょう。

友人の結婚式

同窓会同様に、新たな出会いにつながる場としてオススメなのは、友人の結婚式の二次会ではないでしょうか。新たな出会いを期待して二次会に参加する人も多いようですのでここは狙い目です。

事前に新郎新婦に出会いを求めていることを伝えておけば、参加者にいい人がいれば紹介してもらえる確率もアップしそうです。二次会での出会いがきっかけに、新たな関係へと発展する可能性もありますので、積極的に参加してみてはいかがでしょう。

新郎新婦の知り合いとなれば、初対面でも相手の情報がまったくわからないといった状況になりにくい点もメリットといえるでしょう。

習い事

趣味と実益を兼ねるというわけではありませんが、性別を問わず参加できる趣味の習い事をはじめることも、新たな出会いのチャンスを広げる確率がアップしそうです。

共通の趣味があるため会話にも困りませんし、逆に盛り上がる可能性もあります。趣味を通じて仲良くなれるため、出会いのきっかけとしてもハードルは低くなるでしょう。

自分の好きなことからはじめてみて、そこから交流の輪が広がれば、新たな出会いのチャンスにもつながります。出会いの場を広げることに積極的になれない人でも、好きなことを学ぶことで広がる輪があれば行動に移しやすいのではないでしょうか。

社会人サークル

通いたいような習い事がない場合は、もう少しライトな感覚で参加できる「社会人サークル」などもオススメです。SNSや人からの紹介を通じ、気軽に参加してみることからはじめてはいかがでしょう。

猫が好きな人や犬が好きな人、本が好きな人やカフェが好きな人など、同性・異性・年代を問わない社会人の集まりが「社会人サークル」です。新たな出会いのきっかけにもなってくれることでしょう。

ピンポイントで好きなことが同じ人同士が集まる場ですので、会話が生まれやすくなり、初対面でもあまり気負わずに交流が取れそうです。共通点が見つかることで仲良くなりやすいこともメリットとしてあげられるでしょう。

出会いの場が多い趣味5選

出会いの場が多い趣味5選

どうせ出会うのであれば、好きなことを通じて出会いのチャンスが欲しい。そのように考えるのであれば、出会いの場が多いと言われている以下の趣味をはじめてみてはいかがでしょう。

  • テニス
  • フィットネスクラブ
  • 登山
  • ゴルフ
  • フットサル

共通の趣味を楽しむことで会話がはずみ、仲良くなれるきっかけにもなりそうな5つの趣味について見てみましょう。

テニス

スポーツのなかでも性別を問わず人気が高い「テニス」。参加者人口の多さが出会いの幅にも大きな影響を与えてくれそうです。通常の練習だけではなく、合宿やイベントなどの企画も多く、充実度の高い趣味としてもオススメです。

テニスの場合、男女のペアを組むことが多いことから、異性と仲良くなるチャンスが高いとも考えられます。ペアで試合や練習をすることで仲間意識が生まれ、相手との距離も近くなることでしょう。1対1でも楽しめるスポーツでもありますので、ラリーを通じて交流を深めることもできそうです。

テニス自体手軽にはじめられることが魅力なため、未経験の人にもオススメです。

フィットネスクラブ

性別・年代を問わず気軽に足を運べるフィットネスクラブ。体を鍛えたいなど誰かと同じ目標をもつことで、挫けそうになる気持ちを支え合えることなどあり、親密度もアップしそうです。

みんな黙々とトレーニングに汗を流しているというイメージがあるかもしれませんが、通い続けていくうちに顔見知りができることは珍しくありません。同じスタジオレッスンに参加する人、同じ時間帯でマシーントレーニングをする人など、出会う機会もさまざま。

顔見知りができるようになると、通うことも楽しくなりますね。最初は会釈をする程度の関係からでも、出会いのきっかけとして十分ではないでしょうか。

登山

登山を行う合コンもあるぐらい、出会いの場としてオススメな登山。ハイキング程度の低い山を登るものから、本格的な準備を必要とする登山まで、幅広く楽しめる趣味としても人気です。誰かと一緒に声を掛け合い、協力し合いながら山を登れば、仲間意識や絆も自ずと生まれてくるかもしれませんね。

運動が苦手でも参加しやすい点も魅力ですし、合コン登山以外でも、登山の社会人サークルへ参加すれば仲間も増えますので、新たな出会いと趣味が一気に手に入りそうです。まずは初心者でも気軽に登れる山からはじめて、ステップアップしていくことがポイント。ともに素晴らしい景色を堪能して親睦を深めましょう。

ゴルフ

ゴルフも性別や年代を問わず楽しめることから、プレー人口が多く、人気が高い趣味と言えるでしょう。

ゴルフといってもいきなりコースに出ることだけではなく、ゴルフスクールに通ってみたり、打ちっぱなしに足を運んでみたりすることでも新たな出会いのきっかけが見つかるかもしれません。通ううちに顔なじみができれば、通うことも楽しくなりそうです。

ゴルフの場合、コースに出れば半日ちかくかけてラウンドを回るのですが、それだけの時間があればゆっくりと会話を楽しみながらプレーを楽しめます。周囲の目を気にせず親睦を深められることも魅力でしょう。

フットサル

男性でも女性でも、同じフットサル好きとして一緒に汗を流せば、性別や年代など関係なく仲間意識や絆が生まれそうです。

未経験でも楽しもうと思う気持ちがあれば問題はなく、周囲の人に教えてもらいながら練習を重ねていけば大丈夫です。慣れてくれば逆に教える立場にもなるでしょう。このような「教える・教えられる」の関係性は、お互いの距離を縮めやすくなります。

ペアを組んで練習することも多く、アドバイスをしたり、励まし合ったりなどすることで、新たな関係性へ発展しやすい傾向にもあります。一緒にフットサルの試合を見て盛り上がるだけでも楽しい時間がすごせそうですね。

まとめ

社会人になり出会いのチャンスが減ってしまったように感じていても、意外に誰かと出会えるチャンスはあるのかもしれないと思いませんでしたか? 出会いのチャンスが広がる方法を知れたことで、見えてくる世界も変化していくことでしょう。

社会人でも出会いのチャンスはあり、それらの出会いを掴むためには、とにかく行動することが重要です。忙しいとつい「できない言い訳」を探してしまいますが、まずは何も考えずに一歩踏み出してみてはいかがでしょう。新たな出会いが待っているかもしれません。

最後のチェックポイント

  • 些細な日常の行動から出会いが減ったと感じる理由や原因が見えてくる
  • 出会いのチャンスを増やすためにはとにかく行動することが大切
  • 「面倒だな」と思う気持ちを封印し、飲み会などに誘われたら参加する
  • マッチングアプリや婚活イベントを上手に利用しよう
  • 常に周囲に「出会いを求めている」ことをアピールする
  • 同窓会や結婚式の二次会は新たな出会いを獲得する貴重な場
  • 趣味や習い事から新たな出会いを見つけられることもある
update2025
何が起こるかわからない。
あらゆる予測は覆る。
私たちはそれを思い知った。
じゃあこれからどう生きるか。
セラクは、チャレンジを選ぶ。
まず見据えるのは5年後。
見えないからこそ、
自ら突き進む強さを。
読めないからこそ、
荒波を超える柔軟さを。
未来を変えられるのは
今の自分だけだから。
2025年を、アップデートしよう。
ここから。