リクルート

面接で長所短所はどう答えるべき?内定の出る例文を解説(職種別)

2019年12月26日
タグ:

はじめに

面接では面接官から様々な質問をされますが、その中でも「あなたの長所・短所は何ですか?」という質問は、もはや定番と言っても良いでしょう。長所や短所をありのままに答えれば良いという訳ではありません。

企業側にとっては、長所や短所を聞くことで「自己分析の能力がある人材かどうか」や「企業の社風や業務内容にマッチするか」を判断する材料とできるので、とても重要な質問です。面接官に自分のことを正確に伝えつつも、良い印象を持ってもらえる答え方について知りたい方も多いのではないでしょうか。今回は、面接で長所や短所について聞かれた際の答え方について解説します。

新卒の就職活動や既卒の転職活動といったシーン別、契約社員やパート・アルバイトといった雇用形態別に長所・短所を伝えるコツは異なります。それぞれのポイントを分けてご紹介します。答え方の参考にしてみてください。

自己PRと長所の違いをおさえよう

自己PRと長所は似ているようで違います。
自己PRは、自分の強みを企業に知ってもらい、その強みが会社にとって有益であると売り込むこと。そのため、自己PRを考える時は、志望者の持つ強みが、会社の求める強みである必要があります。つまり、企業によってアピールする内容を変えていかなければなりません。

一方で、長所は自分が思う自身の強みです。企業によって変わることはありませんが、自己分析がきちんとできる人材は高評価を得られます。しっかりとした根拠や過去のエピソードに基づいて説得力のある内容を考えておきましょう。

面接での短所の伝え方

面接での短所の伝え方

面接で短所について聞かれた時は、はぐらかしたりせずしっかりと答えましょう。しかし、ただ短所を伝えるだけで終わってしまうと、マイナス評価になります。短所を伝える時は、短所をカバーするためのフォローの言葉と合わせて伝えることが重要です。
短所を改善するために日頃から努力していることや、意識していることを補足しましょう。

次の順番で伝えることをオススメします。

①結論
  自分のどんなところが短所だと思っているのか」を答えます。

②エピソード
  どんな場面で短所だと感じるのかをエピソードを交えて伝えます。

③改善するための努力
 短所を改善するため行っていることを伝えましょう。

短所は誰にでもあるものなので、しっかりと分析し改善する努力をしていることが相手に伝われば、面接官に自分のことを理解していただきつつ、プラスのイメージを抱いてもらえる可能性が高まります。

よくある短所一覧(例文付き解説)

これから、よく使われる短所と、その伝え方を紹介していきます。
初めに面接でよく使われる短所一覧を確認しましょう。

  • 心配性
  • 優柔不断
  • せっかち
  • 緊張しやすい
  • 人見知り
  • マイペース
  • 慎重
  • 頑固

上記の短所一覧を元に、それぞれの適切な伝え方と例文を紹介します。

心配性

心配性を短所とするなら、「どういった場面で心配をしてしまうのか」と原因を明らかにして、仕事をする上でその心配がマイナスにならないように心がけていることを伝えましょう。

例:心配性

「私の短所は、心配性なところです。特に初めての仕事に取り組む際は、自分が納得できるまで準備や確認をしないと行動に移せないことがあります。そのため、常に早めの準備をし、実際に仕事に着手するのに遅れないように心がけています。」

優柔不断

優柔不断を言い換えると、様々な考えを巡らせて「十分に吟味してから決断することができる」とも言えます。その点を考慮して、相手がプラスに捉えられるように伝え方を考えましょう。
ストレートに優柔不断と言ってしまうと、ネガティブなイメージが先行してしまうので、下記の例のように言い方を変えてみても良いでしょう。

例:優柔不断

「私の短所は、物事を判断するのに時間をかけてしまうところです。そのため、早い判断を求められる時は、少しでも早く正しい判断ができるように、情報収集に力を入れ、メリット・デメリットを素早く見つけて頭の中で整理する癖を付けようとしています。反対に、熟考すべき事柄にはしっかりと時間をかけて慎重に判断するように心がけています。」

せっかち

せっかちなのは、早く行動しないと気が済まないタイプか、やるべきことが多くスピード優先で行動せざるを得ないタイプかに分かれます。
どちらにせよ、自分がせっかちになる原因を把握して、改善に努めていればマイナスな評価をされることもないでしょう。
せっかちが原因となった失敗談と、失敗から学んだ改善方法を交えて話すと説得力が増します。

例:せっかち

「私の短所は、せっかちなところです。行動を急いでしまった結果、些細なミスをしてしまうことがありました。このミスをきっかけに、スピードを重視しながらも、ミスがないかの最終確認を必ず行うよう心がけるようになりました。その結果、スピードを落とさないままミスの数を減らすことができました。」

緊張しやすい

緊張することは誰しもあることです。
緊張してしまうということを自覚し、どのように改善しようとしているかを伝えることができれば問題ありません。

例:緊張しやすい

「私の短所は、緊張しやすいところです。恥ずかしながら、今も緊張してうまく話せているか不安を感じています。緊張しやすいのは、これまであまり人前で自分の意見などを話す機会を作らなかったことに原因があると思っています。そこで、就職活動についての状況を共有する意見交流会を定期的に開くなど、自分の意見を発信する機会を積極的に作り、緊張しやすい自分の性格を改善していこうと努めています。」

人見知り

人見知りをしてしまうことをただ伝えるだけでは、コミュニケーション能力の低い人間だという印象を与えてしまいます。
人見知りをどのように改善していくかを伝えることが非常に重要となります。
こちらも具体的なエピソードを交えて話すと良いでしょう。

例:人見知り

「私の短所は、人見知りをしてしまうところです。初対面の相手だと緊張してしまい、なかなかうまく話すことができません。学生時代も上手く話すことができずに、なかなか友達ができませんでした。しかし、思い切って自分が人見知りであることを相談してみると、相手は全くそんな印象は受けておらず、驚かれました。それ以降、私は自分が人見知りであることを気にしないように、リラックスして人と話すように心がけています。」

マイペース

マイペースは、自分の考えを持って自分から行動できるという強みに言い換えることができます。
営業職のような、個人が力を発揮する職場であれば長所として取り上げても良いかもしれません。しかし、チームでプロジェクトを進めるような職種の場合は、注意が必要です。
営業職のような、個人が力を発揮する職場であれば長所として取り上げても良いかもしれません。しかし、チームでプロジェクトを進めるような職種の場合は、注意が必要です。

例:マイペース

「私の短所は、マイペースになりがちなところです。チームで作業をするような時は、自分がマイペースだということを自覚し、他のメンバーと意思疎通を図り、日頃から話しをしやすい関係を築き、進捗などの状況をこまめに把握するように注意しています。」

慎重

慎重を短所として伝える場合も、慎重をフォローするための行動や、短所を改善するために取り組んでいることなどをしっかりと伝えましょう。

例:慎重

「私の短所は、慎重になりすぎてしまうところです。慎重がゆえに作業に時間がかかることもありますが、その分丁寧かつ正確に物事に取り組む姿勢を貫いています。しかし、このままでは効率的ではないので、丁寧さと正確さは保ったまま、作業スピードを上げる訓練をしています。」

頑固

頑固な人は「こだわりやポリシーを持って物事に取り組める」と言い換えることができます。
ただし、自分の考えを押し通して強制させるというのは、チームワークを乱してしまいます。
頑固な一面を改善するためにどう努めているかを伝えましょう。

例:頑固

「私の短所は、頑固なところです。他人の意見に納得できないと、つい自分の意見を主張してしまいます。しかし、チームで作業をしている時に同僚から『もう少し他の人の意見にも耳を傾けてほしい』と言われてから、その人の立場から成る意見があることを理解し、意見をしっかり聞き、他の人がどんな考えを持っているのか理解した上で、より良い方法をチームで一緒に見つける意識を持って業務を行うよう心がけています。」

面接での長所の伝え方

面接での長所の伝え方

自分で自分の長所は良くわからない、自画自賛で恥ずかしいなど、言いにくく感じることも多いかもしれません。しかし折角自分の良いところを知ってもらえるチャンスを逃すこととなるため、「長所がわからない」や「特にありません」と言ってしまっては勿体無いです。

また、ただ回答するだけでは個人の魅力が伝わりません。ありきたりな回答のみでは面接官に印象を残すことができません。長所を伝える時も具体的なエピソードなどを挙げて説明しましょう。周囲から高く評価されたことを具体的なエピソードで伝えると、説得力のあるアピールができるでしょう。

次の順番で伝えることをオススメします。

①結論
 結論から「自分のどんなところが長所だと思っているのか」を答えます。

②エピソード
 どんな場面で長所だと感じているのかをエピソードを交えて伝えます。

長所の職場での活かし方についても伝えられると好印象です。

どう伝えると相手にあなたの長所が伝わり、魅力を感じてもらえるか、よく使われる長所ごとに例を交えつつ紹介していきます。

よく使われる長所一覧(例文付き)

面接でよく使われる長所一覧です。

  • 真面目(まじめ)
  • 責任感がある
  • 協調性がある
  • コミュニケーション力がある
  • ポジティブ
  • 負けず嫌い
  • 集中力がある
  • 素直
  • 忍耐力がある
  • 明るい
  • 気配りができる

上記の長所一覧を元に、適切な伝え方と例文を紹介します。

真面目

「自分は真面目だ」と伝えるだけでは味気ないので、どう真面目なのか具体例を交えながら説明しましょう。

例:真面目

「私の長所は、何事にも真面目に取り組むことです。地道な作業だとしても手を抜かず、良い結果が得られるように全力を尽くすように心がけています。アルバイトでは販促用ポップの作成を任されました。私は、このポップが売り上げを伸ばすきっかけになると思い、周囲の意見も取り入れながら思わず手に取りたくなるように紹介文を考えました。イラストも活用イメージが沸くものにできるよう努めました。コツコツと真面目に目の前のことに取り組めます。」


責任感がある

ただ単に責任感があると言っても全く説得力がありません。相手が納得できるようなエピソードを交えて伝えましょう。

例:責任感がある

「私の長所は、困難に直面しても決して投げ出さずにやり遂げることです。学生時代のアルバイトでバイトリーダーを任されました。他のアルバイトスタッフをまとめるために、ときには嫌われ役を買って出なければなりませんでしたが、店舗スタッフのさらなる団結のためと考えるとモチベーションが上がり、最後まで責務を全うしました。その甲斐もあり、スタッフ同士は強い信頼関係を築くことができました。」


協調性がある

協調性があるというのは、単に自分の意見を言わずに相手に合わせることではなく、様々な人とコミュニケーションを重ねて、同じ目標に向かって協力することです。
こちらも具体的なエピソードがあると良いですね。

例:協調性がある

「私の長所は、チームワークを大切にするところです。大学の授業でグループワークをした時、チームメンバーがどのような意見を持っているか、どうしたいかなどを聞き出し、それに対して自分はどうすれば良いかを考えて行動していました。私が率先してチームメンバーの意見もしっかりと聞いてまとめることで円滑なコミュニケーションが取れ、グループで行ったプレゼンでは成功を収めることができました。」


コミュニケーション力がある

コミュニケーション力があるということを伝えるには具体的な話をする必要があります。
必ずしも「コミュニケーション力がある」という言葉は使わなくても、しっかりと伝えられます。

例:コミュニケーション力がある

「私は、分かりやすい言葉を使って物事を伝えることを得意としています。アルバイトでお客様に商品の説明をする時に、専門用語などを使うと、相手が分かりにくく感じてしまうので、専門用語を使わずに噛み砕いた表現で伝えることを意識していました。お客様からは、『分かりやすい説明で助かります』という感想をいただきました。」


ポジティブ

ポジティブであることは、ありのままで伝えても良いでしょう。
ポジティブに捉えるようになったきっかけとなる具体的なエピソードがあれば尚良いです。

例:ポジティブ

「私の長所は、常にポジティブに物事を捉えることができるところです。
昔は失敗をしたりするとよく落ち込んでいたのですが、落ち込んでいるだけでは何も変わらないと感じ、何事もポジティブに物事を捉えていこうと考えるようになりました。
ポジティブに考えるようになってからは、失敗するようなことがあっても、『次、同じ失敗をしないためにも今のうちに失敗をしていて良かった』とすぐに気持ちを切り替えることができるようになり、失敗をしないための対策を練る行ことができるようになりました。」


負けず嫌い

負けず嫌いなところが発揮されたエピソードを盛り込むことが重要です。

例:負けず嫌い

「私の長所は、負けず嫌いなところです。学生時代の部活動でサッカーをしていましたが、とにかく試合に負けるのが悔しくてたまらなかったです。そこで、私が試合ごとにデータを集め、チームの課題を可視化しました。そして課題をチームで共有し、クリアするために練習を重ねました結果、県大会の決勝まで勝ち上がることができました。」


集中力がある

こちらもエピソードを元にアピールするのが良いですね。
物事に集中していたことがきっかけで、自分がスキルアップしたことを話すとさらに良いです。

例:集中力がある

「私の長所は、集中力があるところです。学生時代のアルバイトで品出しをしていると、手際の良さや正確さを見た社員の方から『集中力がある』と評価されたこともあります。目の前の仕事に集中しつつも、忘れてはいけないことはすぐにメモをし、周囲に気を配ることを意識しました。結果として社員の方からもさらに評価され、自分のスキルアップも実感できました。


素直

素直というのは、自分の課題に気づく力があると言う風に言い換えた方が伝わりやすいです。

例:素直

「私の長所は、自分や周りが抱える課題に目を向けて改善していくところです。高校時代、サッカー部のキャプテンを任された時、最初はチームにまとまりがないことに不満を感じましたが、『キャプテンである自分に問題があるのかもしれない』と考えました。そこで部員に練習の目的や意義を丁寧に伝えるようにした結果、目的に向かってチームがまとまり、試合での勝率も挙げることができました。」


忍耐力がある

辛い状況をただ我慢し続けただけというエピソードでは弱いです。
辛い状況を耐え続けて何かを成し遂げたという一連のエピソードを紹介すると良いでしょう。

例:忍耐力がある

「私の長所は、忍耐力があるところです。大学時代、ゼミで古代文明についての研究に取り組みました。あまり前例のない研究でしたので、情報も少なく、なかなか思うようにいきませんでした。しかし、そこで挫折せず、海外の研究資料を翻訳するなど、粘り強く情報を集めました。その結果完成した論文が学内で表彰され、非常に嬉しく思ったのを覚えています。」


明るい

明るい性格のおかげでプラスになった出来事を積極的に紹介してみると良いでしょう。
具体例があると説得力が高いです。

例:明るい

「私の長所は明るい性格です。学生時代から明るい性格だったので、同級生とはすぐに打ち解けることができました。さらに、学業はもちろん部活動にも懸命に取り組んでいました。私は、誰に対しても、明るく嫌みのない公平な対応を心がけていました。明るい性格であるがゆえに、周囲の人々と円滑なコミュニケーションを取ることが可能になっていました。」


気配りができる

どのように気配りができるのかを具体的に話しましょう。
他の長所と同じように、過去のエピソードがあれば紹介しましょう。

例:気配りができる

「私の長所は、周囲の状況を確認して行動できることです。私は学生時代に、野球部のマネージャーをしていました。1人1人の動きをチェックし、水分を取っていない選手にはドリンクを渡すなど、常に部員の体調管理を行いました。その結果、体調を崩す選手が減り、ベストメンバーで常に戦えたことで勝率が上がりました。部員に感謝され、やりがいを感じました。」

長所・短所を伝える際の注意点

長所・短所を伝える際の注意点

ここからは、状況や希望職種別に長所・短所の伝え方に関する注意点を紹介していきます。長所をただ伝えるだけでなく、仕事にどう生かすかもしっかり伝えるのがポイントです。

自分の状況や希望職種に合った注意点を覚えておいてください。

新卒での就活・就職の場合

自己分析をする力があるかを見極めるために、長所や短所を聞かれます。事前に準備をしておき、「ない」や「わからない」という答えはしないようにしましょう。
自己分析をする際は、自分が過去に経験したエピソードを書き出し、そのエピソードで困難だと感じたことを抽出してみましょう。困難をどのようにして乗り越えようとしたのかを掘り下げると、長所へと結びつけることができます。
エピソードは、鮮度が大事です。なるべく新しいエピソードを選ぶと良いでしょう。
部活・ゼミ・アルバイトなどでのエピソードはリアリティがあり、有用なのでオススメです。

転職の場合

中途採用や再就職を目指している人は、新卒の学生のような答え方だとマイナスの評価を受けてしまいます。
ある程度の社会経験がある人材なので、その経験を踏まえた回答を準備しましょう。
例えば、前の会社に在籍しているときに取り組んでいたことや、達成したことなどをエピソードに盛り込むと良いでしょう。

アルバイト・パート面接の場合

アルバイトの面接の場合に短所を伝える際は、改善するためにどう取り組んでいるのかなどのフォローを忘れないようにしましょう。
「時間にルーズ」などの採用する側に不安を抱かせるような短所は言わないようにしましょう。パート面接の場合もアルバイトと同じく、採用する側に不安を抱かせるような短所は避けるべきです。こちらも短所へのフォローを忘れないようにしましょう。

派遣面接の場合

長所はできるだけ派遣先のプラスになると捉えてもらえるように、自分の長所が職場でどう活かせるか説明できるように準備が必要です。
短所は、あまりマイナスになるような表現はしないようにしましょう。短所をどう改善しようとしているか具体的に説明できると高評価です。

職種別!長所・短所を伝える際の注意点

職種別!長所・短所を伝える際の注意点

続いては、職種別に長所・短所の伝え方に関する注意点を紹介します。

ITエンジニア

ITエンジニアの面接でオススメの長所は、以下です。

  • 真面目
  • 集中力がある
  • 努力を惜しまない

一方でオススメの短所は、下記の3点が挙げられます。

  • 負けず嫌い
  • 心配性
  • 頑固

長所は、エンジニアの仕事に必要な要素をアピールできるものを選ぶと良いです。技術の向上のためには、集中して物事に取り組む姿勢をアピールできるのはプラスになります。
短所も長所に言い変えられるようなものを選ぶと良いでしょう。
短所も長所に言い変えられるようなものを選ぶと良いでしょう。

事務職

事務職は地道な仕事ながら、正確性が求められます。
地道な作業をコツコツと続けられるという人は、長所としてアピールしましょう。飽きっぽいなどの短所はマイナス評価になりかねないので注意してください。

看護師

看護師の仕事に関わりのない長所を挙げても、面接官に響きにくいでしょう。医師の指示をしっかりと聞き、対処する能力や、患者さんの体調に合わせる必要もあります。話の理解が早い、機転が利く点は評価されやすい長所です。また、患者さんのケアは一人で完結するものではありません。医師や他のナースなど、協力して働くことが重要です。そのため協調性や責任感なども看護の仕事に生かせる長所となります。

介護系職種

看護師と同様に、こちらも介護の仕事に生かせる長所を挙げておくと良いでしょう。利用者の表情やちょっとした日々の変化から体調の変調に気づく必要があります。判断力や命を守る上での責任感につながる内容だと良いでしょう。
短所もしっかりとフォローして、マイナス評価をされないように気を付けてください。

保育士

保育士の仕事では子供を相手にするため、明るさを売りにするのは大いに有効でしょう。
たくさんの保護者と関わる仕事なので他人と上手く人間関係を築くのが得意、話題が豊富なことも助けとなるため、好奇心旺盛、情報収集能力に長けているといった長所も相性が良いです。また事務作業が行事の準備なども多く発生するためコツコツと地道な努力ができるという点も長所となります。

アパレル系の場合

人と関わるのが好きな人は、その点を積極的にアピールしましょう。初対面の人と話すのが好きや得意という点は評価されやすい長所です。また、日々非常に多くの人と接する中ではクレームを受けることも多いため、気持ちの切り替えが得意、機転が利くといった点も仕事に役立つ長所です。反面、人見知りなどはプラスの評価につながりにくいので、避けた方が良いかもしれません。

まとめ

ここまで、面接での長所と短所の伝え方について紹介・解説してきましたが、短所と長所は表裏一体。例文で取り上げたように、短所をうまくフォローすれば、長所として伝えることもできます。
また面接官からすれば、自己分析ができている方が、互いのミスマッチを防ぐための面接が行えます。しっかりと自己分析して、長所・短所をうまく伝えるための回答を生み出していきましょう。

最後のチェックポイント

  • 長所・短所が「ない」「わからない」はNG
  • ネガティブな表現は避ける
  • 短所は改善方法とともに伝える
  • 長所は根拠となるエピソードが必要
  • 仕事に生かせる長所をアピールする
  • 仕事内容に直結する短所は言わない
update2025
何が起こるかわからない。
あらゆる予測は覆る。
私たちはそれを思い知った。
じゃあこれからどう生きるか。
セラクは、チャレンジを選ぶ。
まず見据えるのは5年後。
見えないからこそ、
自ら突き進む強さを。
読めないからこそ、
荒波を超える柔軟さを。
未来を変えられるのは
今の自分だけだから。
2025年を、アップデートしよう。
ここから。