リクルート

営業の志望動機を書くコツ(考え方・伝え方)受かる志望動機の例文4選

2020年08月31日
タグ:

はじめに

営業職を希望して転職活動をする場合、どのように志望動機を書けばいいでしょう。この記事では営業職を希望する人に特化した、志望動機を書くためのコツを紹介します。経験者・未経験者、営業職の種類別での例文もありますので、ぜひ参考にしてください。

営業の志望動機を書く際のコツ

営業の志望動機を書く際のコツ

その企業でなければいけない理由を書く

志望動機ではなぜ営業職がいいのかや、その企業をなぜ志望したのかについて、確実に伝えられるように準備をしておきましょう。

その企業ではならない理由があれば、働きたいという意欲をアピールする絶好のチャンスとなりますので、どのようにアピールするかを重点的に考えておいてください。営業職なら何でもいいわけではないことや、その企業にどのような魅力を感じたのかも、熱意をこめてアピールすることが重要です。

調べあげた企業の情報を並べ立てるのではなく、この企業であれば自分の強みを活かせる、やりたいことができるなども織り交ぜると、よりいっそう熱意が伝わりやすくなるでしょう。

入社後の展望を語り、意欲をアピールする

その企業で必ず働きたいという熱意のなかには、採用され入社した暁には、その企業に貢献したい、活躍したいという理由もくわえておきましょう。経験やスキル・資格の話などは、具体的な要素を織り交ぜて話すことで、働く意欲があることをアピールしやすくなります。

また営業職としてどのようにその企業に貢献し、働きたいかのビジョンも伝えるようにしてください。そうすることで採用後のあなたの姿が企業側にイメージしやすくなります。

志望動機例文

ここからは、以下の3パターンの状況を元にした志望動機の例文を用意しました。

  • よくある営業職の志望動機
  • 企画営業の志望動機
  • 未経験・新卒の営業志望動機

これらの例文はあくまでも一例とするものです。例文を参考にしながら、自分らしさとその企業で働きたいという意欲がアピールできる志望動機を作成しましょう。

よくある営業職の志望動機

私が貴社を志望する理由は、貴社がお客様の声へ耳を傾けることを最も大切にしているという理念や、お客様一人ひとりにあった販売プランを提供しているところに感銘を受けたからです。

前職では社用車の販売営業をおこなっており、お客様との会話の中から、ニーズにマッチした商品の提案を心がけてきました。会話の中から丁寧に情報を見つけ出し、顧客の希望に沿った商品を提案できるだけの知識量があったため、営業所にいる20名の営業のなか、売上1位の記録を9カ月連続で打ち出しました。

このような経験を活かし、貴社ではさらにお客様の声に耳を傾け、販売促進、売上げアップに貢献していきたいと思います。

企画営業の志望動機

現職では○○ツーリズムに7年勤務しております。大勢のお客様を対象としたパックツアーや、小規模の旅行などの企画。パンフレットの作成や店舗の飾り付け・レイアウト、販促ツールのデザインなど、さまざまな職務を経験してきました。

顧客にできる限りわかりやすく商品の紹介をするために、企画や提案を積極的に行っていたところ、口コミで新規顧客が5年連続で前年比○%アップし、はじめて旅行をするかたの来店が目立つようになりました。このような職務経験を活かし、貴社の製品をまだ手に取ったことがない人に、わかりやすく魅力を存分に伝えられる企画を考え、営業担当者の支援ができるよう貢献してまいります。

未経験・新卒の営業志望動機

前職では営業事務を2年勤め、営業担当のサポートをしてきましたが、さまざまな人と話をしたりコミュニケーションをとったりすることが好きなため、営業職自体に興味をもつようになりました。貴社を志望した理由は、未経験者でも営業職で活躍している人が多いことと、女性が活躍していることも知り、営業職で応募しました。

営業担当を陰ながらサポートしてきた経験と知識、常にお客様との円滑なコミュニケーションを意識して業務に従事してきたスキル。これらを活かし、お客様の気持に寄り添った商品の提案をおこない、貴社の売上向上に貢献します。

営業の種類別

営業職には以下のようにさまざまな種類があります。

  • 法人営業
  • ルート営業
  • 不動産営業
  • 保険営業
  • 車の営業

他にも営業職と呼ばれる種類はありますが、ここでは上記5つに的を絞り、それぞれの例文を用意しました。ご自身が希望する職種に当てはまるものがあれば参考にしてみてください。

法人営業の志望動機

前職では新卒で5年間、○○というブランドでアパレル販売員として働いてきました。30代から40代の働く女性を対象にしたコンセプトで展開されていましたが、固定観念を捨て、仕入れを工夫したりお客様にアドバイスをすることで、20XX年には年間売上○○万円をクリア。社内での売上3位の成績を収めました。

お客様一人ひとりをよく見て、一番喜んでいただける商品の案内をしたこと、常に流行へのアンテナを張り、情報収集を怠らなかったことが結果につながりました。顧客が個人から法人になり未経験の部分も出てくると思います。しかし前職と貴社のターゲット層が近いこともありますので、前職で養ったプレゼンスキルと、コミュニケーション能力を活かし、貴社で貢献したいと考えております。

ルート営業の志望動機

私が貴社を志望した理由は、何年経っても色褪せることのない高品質な商品を作り続けていることに感銘をうけたからです。小さい頃食べた大好きな味は、時代が変わり人々の味覚の変化などを経ているはずなのに、今も変わらずおいしい。忘れられないのに新しさも感じる○○をぜひ自分でも販売したいと転職を決意した次第です。

前職では地元のスーパーで販売スタッフとして働き、人と話すことや関わることが好きな性格を活かした、親しみやすい接客が評価につながり、同期の中で最初に役職が付きました。顧客ともすぐ打ち解け、直に顧客の声を聞く立場になり業務改善なども積極的に行ってきたことも評価につながったのだと思います。販売員としての経験とコミュニケーション能力を活かし、意欲的に取り組み貴社に貢献したいと思い志望いたしました。

不動産営業の志望動機

私が貴社を志望した理由は、他社とは比較にならないほど物件検索サイトの内容が充実していたところに感銘を受けたからです。学生時代に上京して一人暮らしをするために部屋を探していたとき、貴社の物件情報サイトを利用できていたら、さらに安心して部屋を借りれたのではないかと考えました。

顧客のニーズに合わせたきめ細やかな情報の数々には、顧客の気持ちに寄り添った部屋探しに協力したいという情熱を感じます。今までの販売で培った経験を活かし、貴社で1人でも多くの部屋探しをしたい人の不安を解消し、安心して物件探しができるお手伝いをしていきたいと考えております。

保険営業の志望動機

昨年母が大病を患い長期間入院していました。家族総出で看護をしていく中、出ていくお金の多さに驚き、保険の重要性を痛感しました。長い人生のなか、いつ何が起こるかわからない。そのときに手を差し伸べてくれる保険について、1人でも多くの人に知ってもらいたいと考え貴社を志望しました。

貴社を志望した理由は、業界トップクラスの商品数に関心を持ったからです。多様化する世の中の流れやニーズを汲んで、顧客それぞれにマッチする保険を提供する。顧客のことを第一に考えているからこその商品数だと考えました。

学生時代に飲食店でアルバイトをしたときに身に着けた、コミュニケーションスキルと体力で、貴社の商品を粘り強く丁寧に説明し、多くの人に知ってもらえるよう貢献したいと考えています。

車の営業の志望動機

幼い頃から車が好きで、人々の生活を便利にする車に魅力を感じ、車に関わる仕事がしたいと考えてきました。現在は社用車をメインに取り扱う整備工場で整備士として働いております。

整備士として働くうちに、貴社が販売している車の魅力に気づきました。国内外で愛されている貴社の○○という車を多くの人に知ってもらいたい、魅力を伝えたいと感じ、貴社を志望しました。整備士としての知識を活かし、顧客が安心して車を購入するためのアドバイスをし、貴社の売上に貢献していきたいと考えております。

まとめ

どのような営業職でも、常に会社の看板を背負って働く職種なため、企業側は志望動機を慎重にチェックしています。働くことに意欲的である姿勢をアピールすることを忘れないようにしましょう。

意欲的である姿勢をアピールする場合は、漠然としたやる気をアピールするのではなく、希望する企業が取り扱う商品についての思いや、商品を売り込みたい熱意などを明確に伝えるようにしてください。それらを含めて、その企業でなければならないという思いや、顧客に貢献したいという熱い思いを伝えるようにするといいでしょう。

最後のチェックポイント

  • どのような営業スタイルで働きたいかをまず考える
  • その企業・営業職でなければならない理由で意欲を伝える
  • 入社後の自分の展望を語ることも熱意と意欲のアピールになる
  • 営業マンは会社の顔でもあるので企業は慎重に志望動機を見る
  • 未経験でも今までの経験やスキルをどう活かすかを伝えればいい
  • 営業職以外で得たスキルや経験も伝え方次第で効果大に
  • 求められるスキルや経験値は、顧客や商品によって変化する
  • 営業に必須なプレゼンスキルを志望動機でアピールしよう
update2025
何が起こるかわからない。
あらゆる予測は覆る。
私たちはそれを思い知った。
じゃあこれからどう生きるか。
セラクは、チャレンジを選ぶ。
まず見据えるのは5年後。
見えないからこそ、
自ら突き進む強さを。
読めないからこそ、
荒波を超える柔軟さを。
未来を変えられるのは
今の自分だけだから。
2025年を、アップデートしよう。
ここから。