特集

30代半ば。まだ間に合うITエンジニア転職成功への道

2021年02月01日
タグ:

はじめに

30代半ばでの転職には、これまで築き上げてきた評価や信頼、人間関係がリセットされてしまう不安や、年収が下がる懸念、また年齢的な問題もあり、なかなか腰を上げられない方も多いことでしょう。しかし転職というワードが頭の片隅に入った時にこそ、決断を決め込むタイミングかもしれません。ここでは転職に迷う30代ITエンジニアの方に向けて、転職を成功に導くための心構えや取り組むべきことを紹介していきます。

ITエンジニア35歳限界説って本当?

一般的に35歳を超えると転職は難しくなってくると言われています。ちまたではITエンジニア35歳限界説なるものも囁かれます。35歳ぐらいになると若手のころより新しい技術を覚えにくい、単価が高くなる等のイメージからそんな噂があるようです。こうした噂がなおさら転職の足かせとなることもあります。果たしてその噂は本当か、30代の中堅ITエンジニアの転職は困難なのか、検証していきます。

IT業界は売り手市場

結論から言えば、30代半ばのITエンジニアでも転職→新天地での活躍を目指すことは可能です。実際のところ、IT業界は人材不足が続いています。コロナ禍により、有効求人倍率は低下しているものの、ITエンジニアにおいてはさほど状況は変わらず、今後も売り手市場は続くとみられます。ITエンジニアの人材不足は思いのほか深刻で、多くの企業が優秀なITエンジニアを欲しており、スキルがあり即戦力で活躍できるITエンジニアなら引く手あまたであると言えます。またリーダー経験があるITエンジニアは、チームなどをまとめてきた点でも評価ポイントは高くなります。

中堅ITエンジニアに求められるもの

30代の中堅ITエンジニアの転職に求められるものは、上にも述べた通り、ずばり即戦力とマネジメントスキルです。企業側が30代のITエンジニアを採用する理由は、『すでにスキルを持っており、教育コストがかからず、すぐにでも活躍してくれそう』だからです。企業はチームをまとめてプロジェクトを成功に導き、会社に貢献してくれる人材を求めるため、マネジメント経験の有無も問われます。マネジメント経験があるというだけで、年収が大きくアップすることも少なくありません。

転職するメリット

30代半ばでも転職は可能と分かったが、今ある安定を捨ててまで…と転職活動に及び腰の方もいるでしょう。以下では前向きに転職に取り組めるよう、転職する上でのメリットを見ていきましょう。

収入アップ

長く同じ場所で仕事をしていると同じ技術しか身に付かないことや、評価がされにくく、なかなか給料がアップしないことで不満を抱えている方も多いでしょう。転職することで新たなスキルを身に付け、今より自分の市場価値を高められ、結果的に収入がアップするという可能性は大いにあります。転職して収入を上げるためには、希望年収をただ伝えるだけでなく、そのために自分がどれだけのスキルや能力を持ち、今後どれだけのことが貢献できるかを明確に伝え、自身の能力やスキルを正当に評価してくれる企業を見つけましょう。

モチベーションアップ

転職を考える上で配属や職種などの希望を言えたり、転職して環境が変われば新たなスキルを覚えられ、経験したことのない案件に携われるなど、ITエンジニアとして技術力を磨くことができます。また新たな環境で刺激を受け、新たな人脈もでき人間力を高められ、ITエンジニアとして成長が見込まれ、モチベーションアップに繋がります。また前述にあるように、収入アップすることもモチベーションアップの一つです。現在の職場ではモチベーションが上がらないというITエンジニアの方には、大きなメリットと言えるでしょう。

転職に失敗しないために

30代半ばでもITエンジニアの転職市場の門戸は狭くはないとはいうものの、事前の対策は必要です。とりあえず応募してみた、では後になって後悔することも少なくありません。ここでは転職に向けて取り組むべきポイントを3つ挙げてみます。

自己分析

転職準備に取り組む段階でまずやるべきことは自己分析です。自分自身のことだからと自己分析を怠ると、いざ面接の場で上手く伝えられなかったり、本当は何をやりたかったのか分からなくなることもあります。これまでの経験や実績をもとに、どんなことをやってきたか、どんなスキルを持ち、何を達成できたか、自身のITエンジニアとしての価値観や強み、長所や短所など自分自身を把握することで、本当に就きたい業界や職種が明確になり、面接の場においてどうアピールすればよいかが見えてくるはずです。

キャリアプラン

キャリアプランとは、5年後、10年後、自分がどうなりたいかを具体的に考え、どのようなステップを踏めば良いか計画を立てることです。キャリアプランを描くことができなければ、日々の業務を淡々とこなすだけの向上心のないエンジニアと見られてしまい、市場価値も上がらず、即戦力で働けるというせっかくの強みを活かすことができません。ITの進化に伴いキャリアの選択肢が増えたからこそ、キャリアプランをしっかりと設計し、目指す先に向かって努力する姿勢を見せることが大切です。

情報収集

情報収集も転職成功への大事なポイントです。希望とは違った、面接時とギャップがあった、とならないよう、しっかりと情報収集して転職に備える必要があります。転職情報サイト、転職フェア、転職エージェント、企業の採用サイトや公式のSNSなどを活用するのが一般的です。企業の採用サイトでは、入社後のキャリアステップや研修・福利厚生制度など、より具体的な情報を収集することができます。キャリア採用社員の入社動機、入社後の感想など掲載されていることが多く、参考になります。教育体制や経営理念、業績などしっかり企業研究を行い、入社したい理由を明確にすることが大事です。

本当の安定とは

今いる環境やエンジニアとしての立場、収入が永続的に保証されることが安定と考える方もいるでしょう。しかし世の中はITの技術によってどんどん変化していきます。今いるポジションがこの先も続くという保証はどこにもありません。また、転職が安定を捨てるというわけでもありません。安定成長する業界や企業を見極めて転職し、その中でスキルや技術を磨いて、企業とともに成長し続けることこそ、ITエンジニアとしての本当の安定と言えるでしょう。

まとめ

転職は何かと労力がかかり、億劫になることもあります。しかし、ITエンジニアとしての将来を見据え、今求められているスキルや能力を活かせるうちがチャンスです。タイミングを逃さず、しっかりと準備をした上で、納得のいく転職を実現させてください。

ITエンジニアとして転職を考えている方へ

『一人ひとりがやりたい事にチャレンジできる!豊富な事業フィールドとチャンスで自分自身の成長につながる!』
セラクには、ネットワークやサーバーといったインフラ構築そして、WEBサイトやスマートフォンアプリの開発、自動車産業機器のシステムの組み込みから、AIやIoTなどを駆使した最先端技術領まで及ぶ、インターネットを軸にした幅広い事業フィールドが沢山揃っています。チャレンジしたい事を追求できる環境と、追求したい技術やスキルを学び、大いに活かせる環境があります。セラクと共にさらなる成長を目指すITエンジニアの方をお待ちしています!

update2025
何が起こるかわからない。
あらゆる予測は覆る。
私たちはそれを思い知った。
じゃあこれからどう生きるか。
セラクは、チャレンジを選ぶ。
まず見据えるのは5年後。
見えないからこそ、
自ら突き進む強さを。
読めないからこそ、
荒波を超える柔軟さを。
未来を変えられるのは
今の自分だけだから。
2025年を、アップデートしよう。
ここから。