業界/資格

社会人・大人におすすめのプログラミングスクール徹底比較【無料あり】

2022年01月28日
タグ:

はじめに

今回はプログラミングスクールに通うべき理由や、おすすめのスクールを紹介します。これからプログラミングを学ぶのに、独学で学ぶのかスクールに通うのか迷っている社会人は多いのではないでしょうか。自由になる時間が少なくなる社会人にとって何かを学ぶというのは、ハードルが高いことのように思えます。スクールを選ぶポイントや、進みたい方向別に詳しく解説します。

スクールに通うのは無駄?プログラミングスクールに通うべき理由

スクールに通うのは無駄?プログラミングスクールに通うべき理由

インターネットでいろんな情報を手に入れられるようになりましたが、プログラミング言語の学習も例外ではありません。インターネットを活用すれば従来からある基本の言語だけでなく、PythonやRubyなど新しい言語の情報も無料で得られます。

しかし、あなたがプログラミングを仕事にしたいと考えている社会人なら、忙しいからこそスクールに通った方が良いと考えることもできます。なぜなら、お金をかけた方が元をとらなければというモチベーションが働いて学び続ける原動力となります。覚悟を決めて勉強することで習熟度が増すため、結果として効率が良いと考えられるからです。

無料/有料、オンライン/通学型等、どんな形態のスクールが良いかはそれぞれメリットデメリットがあります。「あなたに合う講座は何か」を一緒に考えてみましょう。

まずは、スクールの受講料はどれくらいなのか見てみましょう。

受講料金の相場は?

受講料金の相場は?

プログラミングスクールの料金相場は20〜30万円程度です。ただし、習得したいプログラミング言語や資格取得を目指すかどうかによっても変わります。プログラミングスクールの受講料の相場を知るには、まず大手プログラミングスクールの受講料をチェックしてみましょう。いくつかのスクールの受講料とプログラムを比べて見ると、おおよその相場観をつかむことができるでしょう。そこで得られた相場観があれば、ほかのスクールの受講料が安いのか高いのかを判断できます。

スクールの選び方

スクールの選び方

実際にスクールを選ぶときには、口コミや評判を参考にする人は多いのではないでしょうか。しかし、評判が良いスクールだからと言って、あなたの目的にあったスクールであるとは限りません。なぜなら、どんな目的でスクールに通うかは人によって違うからです。ここではケース別のスクールの選び方を解説します。

エンジニアとして就職・転職したい場合

就職や転職の際に最も求められるのは「実務経験」です。ところが、プログラミングを学んでエンジニアとして就職したい大学生や、未経験で転職したい人が実務経験を持っていることはほとんどないでしょう。そんなときに役立つのが、作った作品をまとめた「ポートフォリオ」と資格です。

ポートフォリオを見せることで実務経験がなくても採用企業はその人の技術力を確認することができます。卒業制作のあるスクールなら、そのスクールを卒業した人の成果物はスクールを決める際に必ずチェックするようにしましょう。

また、未経験からITエンジニアの仕事に就きたい場合、どのようにすれば就職・転職できるのか自分の希望にマッチする企業で働けるかについて相談できるスクールを選ぶようにするのがおすすめです。ITを使ってできることの幅が広がり、活躍の場が拡大するに伴い、ITエンジニアとして知っておく必要のあることも多岐に及び複雑化しています。希望する仕事内容によって知っているべき知識も異なります。遠回りをしないためにも知見のある人に相談しながら学習内容や仕事探しの対策を練れるところを選ぶことが肝心です。

資格取得については、必ずしも必須ではありません。20代のキャリアチェンジであればポテンシャルを見込んだ採用も期待できます。ただし、特に30代になってから未経験の領域に転職したい場合は転職したい領域のメジャーな資格を取っておくと良いでしょう。社会人経験後のキャリアを積んだ後で未経験職種にキャリアチェンジをするにはその理由が説明でき、他の転職者よりも「やる気」や「学習能力」「本気度」が求められます。何の準備もせずにキャリアチェンジしたいというよりも、自分で学び資格を持っているということで、学習意欲やキャリアチェンジに対する本気度を採用担当者に伝えることが可能です。

アプリやロボットなど自分で何かを作りたい場合

次に、自分のやりたいことが決まっている人に合ったスクールを紹介します。アプリを自分で作ってみたい、IoTやロボットのプログラミングをしてみたい、などやりたいことが明確な場合の学習方法を紹介します。スクールによっては、専用のプログラムを用意しているところもあります。また、やりたいことと、それを実現するのに必要な言語を相談し、目的の言語が学べるプログラミングスクールに行くというのも手です。仕事とスクールを両立する場合は、短期集中で修了できるコースのあるところを選ぶと両立しやすいでしょう。プログラミングは覚えることがたくさんあるので、短期間で効率よく学べるカリキュラムになっているかどうかが大切です。

リサーチはインターネットで調べるだけでなく、無料相談や体験レッスンなどに参加して目的の内容を学ぶことができるかもチェックしてみましょう。

空き時間にプログラミングを勉強したい場合

平日は仕事が何時に終わるのか見えない、勤務体制が不規則という方は、土日・祝日に通えるところを探すと良いでしょう。1日1〜2時間の時間を捻出することすら難しいという方はフリータイム制など、空き時間に予約を入れられるプログラミングスクールも視野に入れましょう。フリータイム制を採用しているスクールなら「急に仕事が入った」「予定よりも早めに仕事が終わった」などの予定変更も安心です。自由に授業の曜日や時間を変更できるので、あらかじめ時間を工面するのが難しい社会人でも、自分のペースでプログラミングの勉強ができます。

合わせてチェックしておきたいのは、休んでしまったときや復習のためにビデオで学習できるか、授業時間以外も勉強できるフリーレッスン室があるかなどのバックアップ体制があるかどうかです。こうした制度を使って、空き時間を有効に活用しましょう。

ニーズ別に厳選!評判の良いおすすめプログラミングスクール

ニーズ別に厳選!評判の良いおすすめプログラミングスクール

プログラミングスクールと言っても、専門性や特徴に違いがある場合も少なくありません。ここではニーズ別にプログラミングスクールを紹介します。

※キャンペーン料金や料金改定などにより、記載金額が変更になる場合があります。最新の情報は各スクールサイトよりご確認ください。

就職・転職したい+教室型(東京)

サポートが手厚く、初学者に人気があるのは通学・教室型のスクールです。

KENスクール

KENスクール

首都圏は新宿、池袋、北千住、横浜、名古屋、大阪、札幌、福岡など全国に展開しており、通学が必要なタイプのスクールです。KENスクールはWeb・DTPデザインコース、プログラミングコース、ネットワークコースなどの複数の講座を持っています。
IT業界未経験者の就転職を強みとする同校では、受講者の理解度に合わせてインストラクターが個別指導で授業を進めます。KENスクール受講生の就転職率は80%以上で、就職準備から書類作成や面接対策まで真剣に面倒を見てくれると評判です。受講生対象の非公開求人も豊富に抱えており、専任のキャリアコーディネーターがカウンセリングを通じて一人一人に合った仕事を紹介してくれます。優秀な人なら、講師から直接仕事を案内してもらえることもあるようです。就転職のバックアップは、オンライン型のスクールにはない強みと言えるでしょう。

TECH::CAMP

TECH::CAMP

「オリジナルサービスを開発できるようになること」をゴールに、Webサービス開発、AI、Webデザインスキルを勉強できるスクールです。スクーリングの良さと、オンライン学習の良さを融合したTECH::CAMPの教室は、渋谷、新宿、池袋、東京駅のほか名古屋や大阪にもあります。基本は教室での学習を推奨していますが、通うのが難しい場合は、オンラインでの学習も可能です。一般的なプログラミングスクールでは学ぶのに10万円近く必要なコンテンツを、月額14,800円で最新技術が学び放題なのが大きな特徴です。他の通学型のスクールと比べて大きな初期投資が不要なので、学びやすいと感じる人は多いかもしれません。
さらに月額制ですべての教材を利用できることは、他のスクールよりも有利なポイントです。通学型は授業の進行の速度が、その人の理解度に合っていないことがデメリットになります。できる人にとっては時間がもったいないと感じられることがある反面、理解が不十分な人にはさらに時間をかけて丁寧に学ぶことが必要です。TECH::CAMPなら、自分の習熟度やペースに合った適切な内容を学ぶことができるでしょう。

就職・転職したい+オンライン型

通学できる時間がないような地方在住の人と相性が良いのは、オンライン型のスクールです。

侍エンジニア塾

フルオーダーメイドカリキュラムのオンライン型のスクールです。専任の現役フリーランスエンジニアによるマンツーマンレッスンを受けられ、希望があれば渋谷で対面レッスンもできます。プログラマーやエンジニアになる人だけでなく、プログラミングの知識を仕事に活用したいと考えるマーケターや研究者といった職種の人にも対応できるよう、一人一人に合わせたカリキュラムを組むことができます。データ分析の専門家である「データサイエンティスト」やWebマ−ケティングのエキスパート「グロースハッカー」などの人も満足できる柔軟なカリキュラムが魅力です。

TechAcademy

オンラインで完結するスクールです。多様なコースがあり、ブロックチェーンやAIなどの先端技術を学ぶこともできます。チャットサポートの対応時間は15〜23時なので、仕事終わりに学びたい人にぴったりです。オンラインスクールでも週に2回、現役エンジニアのメンターとのオンライン上の面談があるため、一人で勉強するのに自信がない人でもモチベーションを維持できます。TechAcademyには無料体験がありますので、雰囲気を知りたい人は利用してみると良いでしょう。

CodeCamp

オンライン型のプログラミングスクールの中で実績あるスクールとして知られているのがCodeCampです。目的に合わせて様々なコースが用意されているので、学びたい言語や明確な将来像を描くことのできない人でも安心して受講できます。講師を選んで予約できるため、毎回同じ講師が良い人は成長度合いを見てもらうことができますし、複数の講師の異なる視点を知りたいという人なら、毎回違う講師を選ぶことも可能です。チャットサポート時間が朝7時〜23時40分と長いため、日中忙しい社会人におすすめです。

無料で学びたい+教室型

プログラミングを学べるスクールが増える中、無料で学べるスクールも登場しています。無料で学べるスクールの特徴は、提携する人材紹介サービスや、提携企業への就職が条件となっていることです。プログラミングを学んで就転職したい人だけが対象となる点はあらかじめ認識しておきましょう。

  • プログラマカレッジ
プログラマカレッジ

プログラマカレッジは3カ月の学習期間と1カ月の就活期間がきっちり分かれています。最初の3カ月間に、コンピュータの基礎からアプリ開発までをひととおり集中的に学ぶことができるのが特徴で、96.2%の高い就転職率を誇っています。一方的な講座や教材を読み込むだけの研修スタイルではなく、写経、課題、制作の流れでアウトプットを重視するプログラマカレッジのカリキュラムとなっています。パソコン音痴な人でも実務レベルに近いプログラミングスキルを身につけられるでしょう。一部のスクールでは、受講料無料と欠かれていても、就職できなかった場合や研修を途中で辞めた場合には違約金があります。プログラマカレッジでは、就職できなかった場合や気が変わって研修を辞めても費用はかかりません。安心して学べる無料スクールです。

  • ポテパンキャンプ
ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプは実質無料のプログラミングスクールです。スクールの受講費は25〜30万円程度かかるものの、ポテパンキャンプを経由して就転職すると、受講費の全額がキャッシュバックされます。これまでに同スクールを利用した90%が20代の未経験者であったにもかかわらず、98%の就転職率が自慢です。無料スクールには年齢制限がありません。
Rubyに特化した実践型のスクールで目的別に3つのカリキュラムが用意されています。ただし、キャッシュバックを受けられるのは選抜クラスのみである点に注意してください。

就職せずにフリーランスを目指したい

もしあなたがフリーランスを目指してプログラミングスクールを探しているなら、就職コースよりも慎重なスクール選びが必要になるでしょう。フリーランスとして活動するためには実務経験が必要になりますが、未経験の人がスクールで知識を得ても実務を遂行できるレベルのスキルを身につけることは難しいからです。また、案件を受注するための営業スキルも必要です。

プログラミング未経験者がスクールを卒業し、いきなりフリーランスとしてデビューする場合は、小さな案件から少しずつ経験を積んでいくことが大切です。在学中から少しずつ案件に挑戦していきましょう。
就職せずにフリーランスデビューしたい人はどのような点をふまえてスクール選びをすれば良いのでしょうか。主なポイントを以下にまとめました。

  • 受講コースを確認する
  • 仕事獲得のサポート体制を確認する
  • 卒業生の実績を確認する
  • 必ず無料体験会を利用する

最低限フリーランス向けのコースがあるスクールを選びましょう。実際にそのスクールからフリーランスを輩出しているかどうかは、実績を調べると分かります。フリーランスの実績を掲載していないスクールでは、卒業生インタビューを参考にしてみてください。 スクールに通う前に独学で基本的な知識を身に着けておけば、スクールの場と時間を有効活用できます。未経験からいきなりフリーランスのエンジニアになるには、情報量と行動量が全てです。複数のスクールの無料体験会や説明会を活用して、目的に合ったところを探しましょう。

スクール選びで失敗しないために気をつけること

プログラミングスクール選びで失敗しないためにはなぜプログラミングスクールに通うのか目的を明確にし、その目的を叶えられるスクールを選ぶようにしましょう。

その上で料金体系が複雑となっているので料金を調べる際は次のことに気を付けましょう。

  • スクール料金を詳細に確認する
  • コースの内容、学べる言語、習得できるスキルを確認する
  • 支払い方法を確認する(ボーナス払いや分割払いが可能かどうか。)
  • 就転職のサポート体制を確認する
  • 受講期間内にポートフォリオの制作をするか確認する
  • 受講期間と1コマの受講時間の確認をする

スクールの実情を知るには実際に足を運んでみるのが一番です。無料体験の機会を利用して、上記の内容を踏まえてご自身の目的を叶え、料金もリーズナブルなスクールを見つけてください。そのためにはプログラミングを学ぶ目的を明確にし、その目的に沿う考え方で効率よく学べるコースを探しましょう。
単発の授業であれば、時間もお金もそれほど使わないので、仮に合わなかったとしても問題ないかもしれません。しかし、しっかりと体系的に学ぶためにはコースやカリキュラムが組まれた授業に参加されることをお薦めします。体験授業や体験会への参加や比較検討を怠って、自分の目的や期待値にそぐわないスクール選んでしまうと、後悔することになります。しっかりと比較検討して決めましょう。無料体験会もたくさん開催されているので、まずは無料体験会に参加し、自分の中にスクール選びの選定基準を見つけましょう。

まとめ

プログラミングスクールには教室型のものとオンライン型のもの、そしてその2つの融合型のものがあります。教室型スクールは対面で説明を受けられることと、同じ志を持った仲間と出会うことでモチベーションを維持しやすいのが大きなメリットです。ときには、講師から求人やお仕事案件の紹介を受けられることもあります。一方、時間に制約がある社会人が教室型のスクールに通うには相当の覚悟を持つ必要があります。オンライン型のスクールよりも受講料が高い傾向にあるのも気になるポイントでしょう。
オンライン型のスクールは、時間や場所を問わず勉強でき、自分のペースで学べるのが大きなメリットです。費用面についても、教室型のスクールより安い傾向にあるため、あまり予算がない人でも比較的受講しやすいといえます。他方、一緒に頑張れる仲間がいないのでモチベーションを保つのが難しく、意思の強さが必要になるのがデメリットでしょう。

自分に合ったスクールを見つけるには、目的を明確にし、無料体験会などを活用し、複数のスクールを比較しましょう。そうして獲得したスクール選びの選定基準を軸にご自身にぴったりなスクールを見つけてくださいね。

最後のチェックポイント

  • まずプログラミングスクールを受講する目的を明確にしよう
  • スクールの選定基準の軸をみつけよう
  • 無料体験会を活用し実際に授業を受けてみよう
  • 金や制作物・就職実績など不明点を質問し確認しよう
【会社選びは、仲間探しだ】IT業界に挑戦したい23年卒の方、私たちの仲間になりませんか?
株式会社セラク 開く
update2025
何が起こるかわからない。
あらゆる予測は覆る。
私たちはそれを思い知った。
じゃあこれからどう生きるか。
セラクは、チャレンジを選ぶ。
まず見据えるのは5年後。
見えないからこそ、
自ら突き進む強さを。
読めないからこそ、
荒波を超える柔軟さを。
未来を変えられるのは
今の自分だけだから。
2025年を、アップデートしよう。
ここから。