業界/資格

プロジェクトマネージャーとは 資格試験情報や向いてる人は?役割や必要スキル。なるには?に答えます

2021年09月03日
タグ:

はじめに

プロジェクトマネージャーとはどのような職務を行なうのでしょう。職種名が示しているように仕事の多くはマネジメントになります。本記事では、プロジェクトマネージャーの仕事内容や役割、求められるスキルなどから、プロジェクトマネージャーの将来性までを紹介します。

参考書籍もありますので、これからプロジェクトマネージャーを目指す方はぜひ参考にしてください。

プロジェクトマネージャーとは

プロジェクトマネージャーとは

プロジェクトマネージャーの目標は、プロジェクトを成功まで導くことです。Web・IT業界ではPM(ピーエム)と呼ばれ、「project manager」の略称です。その単語のもつ意味の通り、プロジェクト(企画)をマネジメント(管理)する責任者のことです。
いつまでにどのレベルで完成させるのかについて、計画を立ててコントロールする役割を担います。

仕事内容から知ろう

プロジェクトマネージャーの仕事には、営業・管理職をはじめとする多種多様な役割があります。また、技術職であるシステムエンジニア(SE)を管理・監督する役割もあるため、その業務にも精通している必要があります。
プロジェクトマネージャーはオールラウンダーであることが求められるのです。

ここからは、プロジェクトマネージャーの仕事内容を知るため、代表的な4つの要素から紹介します。

プロジェクトの全体像を把握する

プロジェクトマネージャーは全体像を把握するため、プロジェクトの立ち上げ初期から参加します。準備段階から参加することで、プロジェクトのゴールが定まり、到達するための確然たる目標設定がおこなえます。

明確になった開発目的・予算・納期に対し、プロジェクトマネージャーは責任を負います。その後、システムの構造・機能に応じて予算・スケジュールの組み立て、開発メンバーの選定などをおこない、プロジェクトを遂行します。

プロジェクト進行中も目標設定に応じた軌道修正、トラブル対応などをおこない、全体の進行管理をします。プロジェクトマネージャーは常にプロジェクトの全体像を把握しておく必要があるのです。

チームメンバーの選抜から担当領域の指示

チームメンバーの選定はプロジェクトの全体像把握のために重要な仕事です。選抜の際には、そこで必要なスキルはなにか、どのような体制があると業務が進めやすいかなどを考えながらおこいます。

開発するシステムの構成要素に応じて、工数・人材の選定や人数の算出をし配置します。プロジェクト開始後はチームや個々人のフォロー、スケジュールやタスク管理をおこない、必要であればプロジェクトマネージャーが他部署と連携を取りプロジェクトのサポートをすることもあります。

プロジェクトの推進と管理

予算・スケジュールの管理、人材の調達・チームメンバーの選出、リソースの調整・調達をおこないます。また、情報の共有や調整をし、プロジェクトが円滑に進むように働きかけます。

具体的にはプロジェクトの目的や工程、スケジュールや納期などを共有します。突発的な変更が生じた場合には随時メンバーに伝え、進捗状況の管理・調整をする必要もあります。

プロジェクトマネージャーは、広く情報を把握するため外部セッションにも積極的に参加し、情報交換・収集をおこいます。

問題発見と迅速な解決

プロジェクト進行中は、突発的なトラブルやリスクの発生に懸念があります。そのためプロジェクトマネージャーはリスクの予見をおこなう必要があります。

プロジェクトのスムーズな推進のためにはトラブルを発生させないよう対策を打っておくことが大切です。

リスク発生の確率は、プロジェクトによって異なりますが、常にリスク発生の可能性を考慮し監視する必要があります。だからこそリスク管理は重要視されるのです。

現場サイドでの解決が困難な場合は、他部署との連携やクライアントとの交渉、開発部署への対応などをおこなう必要があります。これもプロジェクトマネージャーの重要な仕事です。

役割から知ろう

プロジェクトマネージャーという役職は、プロジェクト全体への重大な責任を負います。常にプロジェクト全体を見通した上で的確な意思決定を行ない、プロジェクトを完遂・成功まで導く重要な役割です。

プロジェクトマネージャーの仕事内容は多岐にわたり、すべてをこなすためには高いスキルや資質が求められます。

プロダクトマネージャー・プロジェクトリーダーとの違い

プロジェクトマネージャーは、プロダクトマネージャーやプロジェクトリーダーとよく混同されます。それぞれ目的や役割が違いますので、以下で詳しく解説します。

  • プロジェクトマネージャー
    「When(いつまで)」「How(どうやって作るのか)」を求められます。プロジェクトを完遂まで導くことがプロジェクトマネージャーの役割と責任です。
  • プロダクトマネージャー
    「What(何を作るのか)」「Why(なぜ作るのか)」を求められ、課題の発見と解決や価値創造に関して責任を持ちます。企業側の着地点をユーザー側に立ち、プロダクトという形にする役割です。
  • プロジェクトリーダー
    プロジェクトマネージャーの指示のもと、現場の担当領域での実務チームを管理する役割があります。プロジェクトマネージャーの補佐役として、現場での責任を持ちます。

求められるスキルから知ろう

プロジェクト全体の管理者として、さまざまな役割・仕事を担うプロジェクトマネージャーには、必要とされるスキルがいくつもあります。代表的なスキルは、以下の4つです。

  • リーダーシップスキル
  • マネジメントスキル
  • コミュニケーションスキル
  • アーキテクトスキル

これらについて、詳しく解説していきます。

リーダーシップスキル

どのようなプロジェクトにもリーダーは必要です。リーダーシップをとれる人材がいなければ、プロジェクトの遂行は困難を極めるでしょう。

リーダーシップにおいて重要とされているのは、指導力や統率力といった能力で、メンバーのコミットメントを引き出し、チームの統率・団結をはかるスキルです。

冷静かつ客観的な視点、確かな決断力や判断力、細やかな気配りでメンバーを気遣い適切なフォローができる事、などもリーダーの重要な資質ではないでしょうか。

プロジェクトマネージャーには、メンバーを惹きつけられる人間力とチームビルディング能力が不可欠となります。

マネジメントスキル

マネジメントスキルはリーダーシップと混同されがちですが、影響する対象が異なります。
リーダーシップが発揮されるのは人だけですが、マネジメントスキルはそれに加えて資材や製品、運転資金などのモノに対しても機能します。

マネジメントスキルに重要とされているのは以下の3つです。

  • アセスメントスキル(評価・査定)
    メンバーの能力を把握し、最大限のパフォーマンスを引き出すにはどうすればいいかを察知するスキルです。
  • アカウンタビリティスキル(説明責任)
    トラブルや変更などが起こった際、経緯や状況などについて詳しい説明を行ない、責任の所在を明らかにする事ができるスキルです。
  • コーチングスキル(指導)
    メンバーそれぞれに適した成長を促すフォローアップスキルです。メンバー自身が自分で考え、的確に指示を出す事が出来るように指導をおこなうスキルでもあります。

コミュニケーションスキル

社会生活にはコミュニケーションが必要不可欠です。そしてプロジェクトマネージャーの仕事は、上手にコミュニケーションをとる事が出来るかどうか?が大きく影響します。

コミュニケーションが上手く取れるとは、企画段階においてはクライアントのニーズを引き出す事に寄与します。プロジェクト進行中は、チームメンバーにクライアントの意図を浸透させることができます。

プロジェクトを推進・管理するための進捗管理や指導をおこなう上でも、コミュニケーションスキルは必須となるでしょう。

アーキテクトスキル

アーキテクト(architect)とは「構造」や「設計」などを意味します。Web・ITの現場では、高度な知識とスキルを兼ね備える「設計士」といった意味合いです。

プロジェクトマネージャーの仕事をこなすためにはシステムエンジニアの知識やスキルが必要ですが、加えてIT全般への幅広い知見をもつことも重要です。

それぞれの工程でどのような作業が行われているかを把握することで、プロジェクトの構築にも活かされるでしょう。

向いている人から知ろう

プロジェクトマネージャーは多くの知識・経験が必要となり、職種としても難易度の高いものです。

端的に言えばプロジェクトマネージャーに向いている人とは、納期までに定められた予算内でプロジェクトを完遂させられる人です。この評価基準を満たすためには多くのスキルが必要になります。

全体を把握・理解でき、的確に状況を分析・判断できる能力に加えて高い人間力が求められます。ITエンジニアとして培ってきた高いスキルや経験を活かした計画・実行力がある人材こそが、理想的なプロジェクトマネージャーだといえそうです。

プロジェクトマネージャーになるには

プロジェクトマネージャーになるには

プロジェクトマネージャーになるためにはどのようなキャリアを積めばいいのでしょう。キャリアアップとキャリアパスという2つの方法から解説します。

キャリアアップによる方法

プロジェクトマネージャーは求められるスキル・資質も実務経験も重要視される職種です。入社後すぐのような未経験者や年齢の若い人材は少数です。

システムエンジニアからのキャリアアップが一般的ですが、PG→SE→PL→PMという段階を踏んだ流れが多いため、ほとんどは30代以降のキャリアアップが主流です。

十分な経験を積んでいれば、いざという時に有利に事を運ぶ事が出来るでしょう。もちろん適正があれば20代でのプロジェクトマネージャー就任も可能です。

キャリアパスによる方法

プロジェクトマネージャーになるためには、ITエンジニアからスキルアップを重ねていくことが慣例でしたが、熟達プロセスのなかにエンジニアとしての部分的な仕事や、プロジェクトのサブリーダーの経験などがある、ITコンサルタントなどからのキャリアパスもあるようです。

プロジェクトマネージャーの課題解決力や交渉力、コミュニケーション能力・リーダーシップスキルなどは、コンサル業務でも欠くことはできません。

ITコンサルで培った知識や経験を活かせることや、モノづくりのプロセスに魅力を感じた人たちの新たなキャリアパスとして注目されはじめています。

資格・試験や本で学ぼう

資格・試験や本で学ぼう

プロジェクトマネージャーを目指す上で、何を学び、どの資格を取得するべきなのか悩まれている方も多いのではないでしょうか。ここではオススメの資格や試験、書籍を紹介します。

プロジェクトマネージャー試験(PM)

プロジェクトマネジメントスキルの証明ともなる、プロジェクトマネージャー試験(Project Manager Examination/略号PM/略称プロマネ)は、人気の資格試験であるとともに、高難易度であることも知られています。

情報処理技術者試験の中でも難易度MAXとも言われ、その合格率は例年およそ13%程度を推移しています。

おすすめ読本・参考書

プロジェクトマネージャーを目指す人に向けた、資格や試験に関するオススメの書籍を3冊紹介します。ぜひ参考にしてください。

「プロジェクトマネジメント」実践講座 単行本 – 2017/1/29 伊藤 大輔 (著)

「プロジェクトマネジメント」実践講座 単行本 – 2017/1/29 伊藤 大輔 (著)

プロジェクトマネジメントの基本を学ぶ上で一度は手にしたい1冊です。心得や方法論のみならず、理解・実践するための情報、資料が網羅されています。
これからプロジェクトマネージャーを目指す人に向け、3つの視点「目標設定」「計画」「実行」を、わかりやすく豊富な図解で解説しています。

PMP試験合格虎の巻 第6版対応 単行本(ソフトカバー) –
2018/4/3 吉沢 正文 (著), 落合 和雄 (著), 庄司 敏浩 (著)

PMP試験合格虎の巻 第6版対応 単行本(ソフトカバー) –
2018/4/3 吉沢 正文 (著), 落合 和雄 (著), 庄司 敏浩 (著)

プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル試験(PMP)の対策本として外せないまさに「合格虎の巻」的な問題集です。
全体像を学び、復習しながら問題演習→模擬試験と進めていくことができます。記憶の定着化や苦手部分のチェックが可能な参考書です。

図解 これ以上やさしく書けない プロジェクトマネジメントのトリセツ (Panda Publishing) Kindle版 西村克己 (著)

図解 これ以上やさしく書けない プロジェクトマネジメントのトリセツ (Panda Publishing) Kindle版 西村克己 (著)

マネジメントやビジネス関連書籍を多数手掛けた経営コンサルタントのカリスマ・西村克己氏による、初心者のための「プロジェクトマネジメント入門」決定版です。
丁寧で細やかな解説であるにもかかわらず情報量が多すぎないため、わかりやすいことに定評があります。

プロジェクトマネジメントに対する知識がゼロでもこの1冊を読めば「失敗しないプロジェクトの進め方」が理解できる必読の1冊です。

プロジェクトマネージャーの将来性

プロジェクトマネージャーの将来性

プロジェクトマネージャーへのキャリアアップやキャリアパスを考えるとき、その将来性が気になるのではないでしょうか。
プロジェクトマネージャーの市場価値はどうなっていくのか。転職には有利なのか不利なのか。気になる部分を解説します。

プロジェクトマネージャーの市場価値は高まる

結論から言いますと、プロジェクトマネージャーの市場価値は高くなっていくでしょう。
システム開発やITコンサルティングサービスを事業としている会社は、常に優秀なプロジェクトマネージャーを求めています。プロジェクトマネージャーの力量次第で成功が左右されると言っても過言ではないからです。

しかし慢性的な人材不足が嘆かれるWeb・IT業界では当然プロジェクトマネージャーも不足しています。いくら求人を出しても応募してくれる人が少ないのです。結果、プロジェクトマネージャーの市場価値は高まります。

転職も有利

プロジェクトマネージャーの求人は増加傾向にあります。しかし、先にもお話したように、多くの企業が優秀なプロジェクトマネージャーを求めているにもかかわらず人材不足でなり手が少ない状況です。

近年、企業に属しているプロジェクトマネージャーのみならず、フリーランスのプロジェクトマネージャーもいます。優秀であればフリーランスでも多くの企業から依頼を受け、さまざまなプロジェクトに参加できる可能性があります。

雇用形態にかかわらず、プロジェクトマネージャーとしての豊富な経験は転職にも有利に働くでしょう。

まとめ

プロジェクトマネージャーは、責任も大きく仕事内容も複雑多岐にわたる大変な職種です。
しかし、責任が大きい分、プロジェクト完成時には大きなやりがいと達成感を得られる職種でもあります。将来性があり需要が高い点なども魅力で、これからプロジェクトマネージャーを目指す理由にもなるでしょう。

今回の記事を参考にして、プロジェクトマネージャーについての理解を深め、魅力を感じられたら、ぜひ挑戦してみてください。

最後のチェックポイント

  • プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの全体像を把握し推進・管理業務を行う役職
  • プロジェクトマネージャーとして求められるスキルは多い
  • プロジェクトマネージャーになるにはエンジニアからのキャリアアップが一般的だが、キャリアパスも増加しつつある
  • プロジェクトマネージャーは大変な職種だが、需要や将来性が高くやりがいもあり魅力的
update2025
何が起こるかわからない。
あらゆる予測は覆る。
私たちはそれを思い知った。
じゃあこれからどう生きるか。
セラクは、チャレンジを選ぶ。
まず見据えるのは5年後。
見えないからこそ、
自ら突き進む強さを。
読めないからこそ、
荒波を超える柔軟さを。
未来を変えられるのは
今の自分だけだから。
2025年を、アップデートしよう。
ここから。