リクルート

会社説明会で質問が浮かばない時は?質問例とマナーを紹介

2020年06月26日
タグ:

はじめに

会社説明会では、人事担当者が説明の最後に、「何か質問はありませんか?」と、参加者に質問を促します。その際は、積極的に質問をするように心がけましょう。でも、どんなことを聞いたら良いか、こんな質問をしても大丈夫か、心配になりますよね。質問内容は事前に整理しておくことが大切です。会社説明会での質問が思い浮かばない方、どんな質問をしたら良いのかわからない方は、この記事を参考に、説明会に臨むようにしましょう。

また、当日の服装について知りたい方は会社説明会ではどんな服装が適切?で解説しています。当日の持ち物やマナーを抑えたい方は会社説明会の持ち物と基本的なマナーの記事がオススメです。

質問をしないといけないの?

質問をしないといけないの?

Webサイトや資料だけでは読み取れない、より掘り下げた情報や、企業の雰囲気・社風など、文字では表現しづらい点などを、把握し理解する機会がまさに会社説明会です。そんな貴重な場を利用しないのはとても勿体無いことです。

興味を持った企業をWebで検索をしたり、新聞や関連書籍を読むなど企業研究を進める中で、もっと詳しく知りたいことが必ず見つかるはずです。また、リクルートサイト等に掲載されている情報は、就活生向けに、どうしても自社の良い面をアピールする内容になっています。そうしたもっと知りたいこと、会社の本当の姿を確認できるのが、会社説明会のメリットです。積極的に質問して、理解を深めましょう。

それでも、どうしても質問が浮かばない時もあるかもしれません。そんなときは、以下の質問例を参考にしてみましょう。

聞いておきたい質問例

聞いておきたい質問例

会社説明会で必ず聞いておきたい内容をご紹介します。

  • 事業内容、サービス・商品について
  • 業務内容について
  • 会社の雰囲気や企業風土、社風
  • キャリアパスについて

質問の意図が明確に伝わるように聞くことがポイントです。そのためには抽象的な質問をせず、なるべく具体的に聞くように心掛けましょう。そうすることで求めている答えを答えてもらいやすくなります。聞きたい意図の伝わらない、ふわっとした内容の質問をしてしまうとマイナスな印象を与えてしまうので次の例を参考に明確に聞くように注意しましょう。

事業内容、サービス・商品について

  1. 競合の多い業界における御社の特長・強みはなんでしょうか?
  2. 今後この業界のトレンドはどのように変わっていくとお考えでしょうか?
  3. ユーザーからの反応・フィードバックは商品開発にどのように活かされていますか?
  4. 御社のサービス・商品が強く支持されている理由はなんだと思われますか?
  5. 新しいサービスや商品が生み出されるまでの流れを教えてください。

私たち消費者が直接目にする商品やサービスは、馴染みもあり、比較的わかりやすいですが、特にBtoB(一般消費者ではなく、法人向けの商品を取り扱うビジネス)の事業を展開している企業の活動はなかなか理解しにくいものです。そういった自分たちが普段見聞きできないところを聞いてみるのが質問の1つのコツです。ただ、ネットなどで調べてすぐにわかるようなことを聞くのは当然NGなので注意しましょう。

業務内容について

  1. 仕事にやりがいを感じた瞬間について、具体的に聞かせてください。
  2. 今まで担当した業務で一番記憶に残っているものは何ですか?
  3. ●●部門の一ヶ月のスケジュールを教えてください。
  4. 私は●●な仕事をしていきたいと考えているのですが、御社で働く上で必要な資格や知識はどういったものがありますか?
  5. 語学力を活かした業務に従事したいと考えているのですが、どのような部署や仕事があるか、具体的にお聞かせ願えますか?

説明会に赴いた会社のなかで、自分が働いてみたいと感じた部門があるはずです。その部門で働いている社員の方の日々のスケジュールなどを聞いてみましょう。業務内容を直接的に聞くよりも、自分が会社に入って働くときのイメージがより湧きやすくなると思います。こちらも、ネットなどで調べた上で分からないことを聞くようにしましょう。

会社の雰囲気や企業風土、社風について

  1. 会社の雰囲気を一言で表現するとすれば、何になりますか?
  2. 同業他社と比較して、御社の特長は何だと思われますか?
  3. 会社のイメージについて、入社後に感じたギャップはなにかありますか?
  4. 会社の最も誇れると思えるところについて教えてください。
  5. 職場のコミュニケーションの活性化などを目的に、何か行っていらっしゃることはありますか?

一般的にスタートアップの企業は活気や勢いがあり、老舗の企業は落ち着いていて堅実なイメージがありますが、業界や、たとえ同じ業界でも会社によって、全然雰囲気が違ったりします。こうした情報は口コミサイト等で流れていたりもしますが、かなり主観が入ったものも多いので、ぜひ自身で確かめてみましょう。「一言で」「ギャップ」「誇れるもの」などのキーワードを使って、うまく聞き出してみましょう。

キャリアパスについて

  1. 入社後、2年目を迎えた社員に差が生まれるとすれば、それは何だと思われますか?
  2. 育児と仕事の両立をされている方のお話を聞かせてください。
  3. この会社で活躍している方の共通点はなにかありますか?
  4. 様々な研修制度があるように拝見しましたが、他社にはない、なにか特長的な研修はありますか?
  5. 私は●●な仕事をしていきたいと考えているのですが、その場合の一般的なキャリアパスを教えてください。

昨今は、ひとつの企業に定年までずっと勤めることは少なくなりましたが、社会人として、自身のキャリアを形成していく上で、最初の第一歩はとても大事です。自分の思い描いているキャリアプランにマッチしている企業なのか、自分が最も大切と考える点を挙げて質問してみましょう。特に、結婚・出産後も職場に復帰して働きたいと考えている方は、制度面に加え、実際にどんな働き方をされている方がいるのか、具体的に聞いてみるのも良いでしょう。

なお、全般的に言えることですが、説明された内容を深堀りする形で質問すると、きちんと説明を聞いていたという印象を残せます。そのためにも、話の要点はきっちとメモをとっておくようにしましょう。また、企業のポジティブな回答が聞けそうな質問をすると、良い印象につながるでしょう。

会社説明会で質問をする時のマナー

会社説明会で質問をする時のマナー

大学名と名前を名乗る(学部は必要ない)

手をあげて、立ち、簡潔に学校名と名前を言ってから質問しましょう。学校名は必ず名乗り、その後に名前を名乗るようにしましょう。質問の本題まで長くなってしまいますので、学部名は割愛しましょう。

質問内容は簡潔に

あくまで質問なので、自己PRに取られるような内容は差し控え、長くならないように要点をまとめて質問しましょう。

企業の方に必ずお礼を

答えて下さった企業の方には、「ありがとうございました」と、きちんとお礼を言いましょう。「大変よくわかりました」など一言添えるのも良いでしょう。自身の質問の意図と異なる回答だった場合も、お礼は忘れないようにしましょう。

質問内容の注意点はこれ!

質問内容の注意点はこれ!

質問が被らないようにする

他の参加者と質問が重複しないように気をつけましょう。人事の方の説明をきちっと聞いていても、質問が被ってしまうと、話を聞いていなかったように捉えられかねません。折角質問してもマイナスな印象を残してしまいます。

複数質問する場合は最初に言う

「2点お伺いします」など、複数の質問をする場合は先にその旨を伝えてから質問するようにしましょう。ダラダラと、いくつも質問を続けるのはNGです。これは社会人になって、上司に報告する場合などにも当てはまることなので、うまく整理して話をするのが苦手な方は、今から訓練しておくことをお勧めします。

調べたら分かるようなことを聞かない

ネットで調べればすぐわかるようなことを聞くのはNGです。事前に何も調べずに説明会に参加しているように感じらますし、会社の一員になったときも、自分で調べることをしない人物に受け取られかねません。

質問を受ける側が回答しやすいように心がける

抽象的ではなく、具体的な質問をしましょう。

抽象的:「御社ではどのような人が活躍されていますか?」

具体的:「御社で活躍されている人たちに共通するポイントを教えてください。」

どうでしょう?具体的な質問の方がを受ける側も回答しやすいですよね。また、YES/NOで終わってしまいそうな質問や、人事として答えづらい質問は控えるようにしましょう。

大勢の前で聞く必要のない内容は避ける

会社説明会に参加している全員の前で質問をした方が良い内容か考えましょう。ほかの就活生にも有益な質問をしましょう。個人的なことは、説明会後に個別で質問するなどし、他の人の時間を奪わないように配慮しましょう。

まとめ

実際の選考は、エントリーシートや面接からですが、説明会で印象に残った学生は人事の方も記憶に残っていたりします。はきはきとした明るい印象で積極的に質問するようにしましょう。企業からの生の声を聞くことによって、自身の進みたい・興味のある分野について、あらためて気づくことも多いです。エントリーシートで志望理由を書くときや、面接での受け答えにも、説明会で聞いた内容は十分役立ちます。ぜひ後悔のない就活にしましょう!

最後のチェックポイント

  • 会社説明会は、Webサイトや資料だけではわからないことを聞ける貴重な場
  • 質問内容を事前に整理して、積極的に質問
  • ネットなどで調べてすぐにわかるようなことを聞くのはNG
  • 背景(考えているキャリアなど)を添えて具体的な質問をする
  • 質問するときの基本的なマナーをおさえて質問する

update2025
何が起こるかわからない。
あらゆる予測は覆る。
私たちはそれを思い知った。
じゃあこれからどう生きるか。
セラクは、チャレンジを選ぶ。
まず見据えるのは5年後。
見えないからこそ、
自ら突き進む強さを。
読めないからこそ、
荒波を超える柔軟さを。
未来を変えられるのは
今の自分だけだから。
2025年を、アップデートしよう。
ここから。