リクルート

履歴書の本人希望欄の書き方(希望別/募集職種別/正社員・アルバイトなど)

2019年10月07日
履歴書の本人希望欄の書き方(募集職種別/正社員・アルバイトなど)
タグ:

はじめに

正社員やアルバイトへの応募では、履歴書の準備が必要になってきます。名前や住所などは事実を書くのみですが、本人希望欄で何を書けば良いか迷われる方も少なくありません。「本人希望欄は何でも書いて良い」というわけではなく、企業側に伝えておくべき事項を記入できる重要な項目です。この記事では、知らないままでは相手に失礼になりかねない「本人希望欄の書き方」について、例文を交えながら解説していきます。正社員や新卒、アルバイトなどの職種別に「本人希望欄での注意すべきポイント」も解説するので、ぜひ参考にしてください。

本人希望欄の書き方

本人希望欄の書き方

書き方の明確な指定がない本人希望欄ですが、大前提として「企業にどうしても伝えておきたいことを書く」と覚えておきましょう。もし以下で解説する内容に当てはまらない場合は、「貴社の規定に従います」と書くのが一般的です。履歴書には「特に給料・職種・勤務時間・その他についての希望などがあれば記入」と書かれてあります。文字通りの意味合いで受け取り、希望する給料や高望み過ぎる役職、自由な出勤時間などを書くと、企業からの印象も良くありません。以下に挙げる3つのポイントを押さえて、本人希望欄に記入しましょう。

  • 企業で働く上で伝えておくべきこと
  • 妥協できないポイント
  • 連絡の取りやすい時間帯

意外と書き忘れがちなのが「連絡してほしい時間帯」の記入です。転職活動中の社会人や就職活動中の学生など、仕事や学業で電話に出られない場合もあるでしょう。あらかじめ書いておくことで、企業からも連絡が取りやすくなります。では、本人希望欄に書くべき具体的な内容を以下でご紹介します。勤務時間や職種の希望、勤務地などのほか、子供がいる場合の記入内容も例と共に確認してみましょう。

勤務時間の希望

介護などの「やむを得ない理由」により勤務時間に希望がある場合は、気をつけるべきことがあります。

  • 企業の募集要項を満たしていること
  • 時間や条件を細かく書き過ぎない
  • 理由を簡潔に書くこと

以上のような点が挙げられます。シフト制の仕事やアルバイトといった「勤務時間が選べる企業」であれば、自身の都合に合わせた時間を伝えやすいでしょう。また、勤務時間や条件をつぶさに書くと、採用担当者から「扱いづらい人」というイメージを持たれかねません。書面上では希望する時間と共に理由を書き、「企業とすり合わせしたい」というニュアンスを持たせるのがポイントです。

<例文>

親の介護が必要なので、17時30分までに退勤させていただければ幸いです。

子供がいる場合

勤務時間の希望と同様に、子供がいる場合についても書き方を確認しましょう。子供の面倒を見る必要がある方からすれば、「子供のことを書いたら、選考で不利になるのでは?」と不安になることもあるでしょう。育児への配慮について、企業側に求め過ぎるのは心象を良くしません。しかし、書き方や内容のポイントさえ把握しておけば、育児のことを書いても好印象を持ってもらえることもあります。

  • 育児で職場に迷惑をかけない旨を伝える
  • 仕事に対する熱意を示す

本人希望欄に育児のことを書く際、上の2点を意識してください。ここでも理由を簡潔にまとめつつ、勤務する日時や場所などの希望を出しましょう。企業は仕事に支障を来さず、やる気のある人材を求めているため、下記例文のように書けば採用側からの印象もプラスに働きます。

<例①>

子供の学校行事が入ることがありますが、1ヶ月前には日程が分かりますので、シフト提出にはご迷惑をおかけしないように致します。

<例②>

勤務時間が9時~17時の内、5時間とのことですが、子供を保育園へ預けているため、可能であれば9時~15時の間での勤務を希望致します。

職種の希望

続いて、職種の希望を記入する場合について解説していきます。応募先の企業によっては、本人希望欄に書くべき内容も異なってきます。特に応募している企業がいくつかの職種で求人を行っている場合、自身が就きたい職種を書きましょう。この時の注意点として、「企業先の職種名に合わせる」ことが挙げられます。採用担当者に誤解されないための配慮なので、正確に記入しましょう。また求人のみを行っているが、特定の職種を記載していない場合は、本人希望欄に自分が望む職種を書いても問題ありません。

<例文>

ルート営業を希望致します。

勤務地の希望

次に、勤務地に希望がある場合についてご紹介します。転勤や複数の拠点がある場合は、基本的に応募先企業の求人条件に沿うことになります。しかし、育児や介護などの事情によって勤務地が限られている方は、企業に失礼のないように「勤務地はどこが良いか」を記入しましょう。特に企業から見てマイナスイメージを持たれるのは、「通勤の利便性を考え、自宅の近くでの採用を希望します」など身勝手な内容です。さらに、家庭の事情であっても勤務地を絞り過ぎれば採用に不利になる恐れがあります。仕事か家庭の事情か、優先順位を決めて希望を出すと良いでしょう。また勤務希望地を書く際は、「新宿店を希望します」よりも「都内の店舗エリアを希望します」とエリアで書けば、一方的な印象を持たれにくくなります。では、例文を見ていきましょう。

<例文>

同居している家族の介護が必要なため、東京都・埼玉県内での勤務を希望致します。

休みの希望

休みの希望が出しやすいのは、以下のような業務形態である場合が多いです。

  • シフト制の会社
  • アルバイト
  • パート

アパレルや営業職などはシフト制であることも少なくありません。またアルバイトやパートの場合もシフト制を取っているところが多いので、書類には休みの希望が書きやすいと言えます。ただし、休みの希望は採用の幅を狭める可能性があるので、希望の日にちで休みがなければ入社自体が難しい場合のみ、記載するようにしましょう。

また、書類審査や面接を通って採用されても、直近の予定が埋まっているために仕事に出られない場合もあります。そのような時は履歴書の本人希望欄へは記入せず、あらかじめ面接時に口頭で伝えるのがおすすめです。面接の場では「いつから勤務できるか」を聞かれることが多々あるので、そのタイミングで話しても良いでしょう。

<例文>

毎週水曜日、金曜日の休みを希望致します。

給料の希望

会社員やアルバイトなどの人たちにとって、給料は気になるところ。しかし、ここでは給料に関して触れないようにしましょう。企業サイドからすれば、「やる気のある有能な人材がほしい」と考えています。本人希望欄で給料について書いてあると、金銭面で動く自己中心的な人として見られかねません。求人の応募には、その会社で働きたいという意欲が重視されるので、給与や待遇などは書かない方が無難です。どうしても給与に関して交渉したいという方は、事前に条件をすり合わせるか、面接の際に口頭で確認・説明するのがおすすめです。

<例文>

貴社規定に準じます。

募集職種別の書き方

募集職種別の書き方

履歴書内の本人希望欄では、以下のような雇用形態によって記入事項に違いがあります。

  • 転職での正社員を希望
  • 新卒
  • アルバイト/パート

例えば、企業が正社員を募集している場合、自分勝手に希望のシフトを書くことは控えた方が良いでしょう。また、アルバイトの場合には「正社員としての雇用を希望します」などと書くと、「募集要項を確認していないのでは?」と受け取られるかもしれません。 そのため、ここからは募集要項の書き方を「正社員」「新卒」「アルバイト/パー ト」の3つに分けて解説していきます。自分の応募する企業の募集要項を確認し、雇用形態に沿った書き方を心がけましょう。

正社員の場合

正社員の求人に履歴書を出す場合、本人希望欄に書くべき内容をまとめました。

  • 電話など連絡がつきやすい時間帯
  • 転職からの応募の場合は、入社可能日

採用担当者とのやり取りは、スムーズに行うのが好印象を持ってもらえるポイントです。そのため、あらかじめ本人希望欄には連絡の取りやすい時間を記載しておきましょう。また、転職者の場合は憶測での退職日を書かず、確実な日程が分かったタイミングで企業側へ連絡するのが重要です。

新卒(学生の場合)

学生が新卒として応募する際に一般的なのが「貴社規定に従います」と記載すること。

インターンシップを除き、「学生は就業経験がない」という前提で選考が進むため、無闇に希望を書くのは控えた方が良いでしょう。ただし、上でご紹介したように「家族の介護」などの事情により就業時間に希望がある場合は、正直に書くと採用が確定した後もわだかまりや不満が起きにくくなります。また、複数の職種から選べる場合は「職種の希望」を参考に記載しておきましょう。

アルバイト/パートの場合

アルバイトやパートでの雇用を考えている方は、下記の中から本人希望欄に記載しておきたい内容をまとめてください。

  1. 希望のシフト(日数・曜日・時間)
  2. 希望の職種(飲食店であればホール希望など)
  3. 希望勤務地(新宿店勤務希望など)
  4. 通勤方法(電車通勤、バイク通勤希望など)

学生であれば、授業や部活といった都合で働けない日がある方もいるでしょう。そのような方は、本人希望欄に「勤務できない日にちや時間」を記載しておくと親切です。企業からの指定がなく希望のシフトが出せるなら、自分の都合に合わせて勤務日数や時間帯を記入しても良いでしょう。可能な限り繁忙期にも働く姿勢を示すことが採用されやすいポイントです。また勤務できない日がある場合は、理由の記載も欠かせません。「子供の送り迎えがあるため、平日の14時までは出勤できません」などと書いておくと説得力も出てきます。次に希望職種ですが、募集されている職種が限定されていない場合に書くことができます。

本人希望欄「特になし」の場合

本人希望欄特になしの場合

ここまで、本人希望欄の書き方について詳しく解説してきましたが、中には「何も書くことがない」という方もいます。たとえ書くことがなくとも「特になし」や「ありません」と書くのはNGです。もし「特になし」と書いた場合、採用担当者の目には「自社で働く意欲が足りないかもしれない」と映ります。あるいは「最後まで書ききらない雑な人」というようにも思われかねません。では、書くことがない場合でも「記載すべき内容」を以下でご説明します。

空欄にしてもOK?

本人希望欄に「特になし」「ありません」と記載するのは避けた方が良いですが、空白のままにするのも良くないでしょう。空欄にすべきでない理由として、記入漏れとして捉えられる可能性もあるからです。履歴書は「全項目を埋めること」が基本です。新卒の方と同様に、社会人としてのマナーとして「貴社規定に準じます」と書いておきましょう。

退職予定日は書く?(在職中に転職活動をしている場合)

退職予定日は書く?(転職(在職中)の場合)

企業の求人に応募される方でも、中途採用での転職活動をしながら働いている方も少なくありません。そのような状況の方は、以下の内容を参考に本人希望欄を書き進めましょう。

  • 退職予定日がいつか
  • 入社可能日はいつか
  • 選考中に連絡の取れる時間帯

中途採用は、事業の拡大や欠員を補填するために行われることがほとんど。そのため、採用担当者は「求職者が退職するタイミングや、入社できる日を把握しておきたい」と考えています。退職や入社のタイミングが合えば、選考でも有利に働くことがあるので、本人希望欄には、上で紹介した要素を入れておきましょう。

入社可能日/勤務開始日について

退職の手続きを進めている人であれば、退職予定日や入社可能日が明確になります。選考を進めている企業がある時は、本人希望欄に「いつから入社できるか」勤務できる日を具体的に示しておくと良いでしょう。企業は業務以外にも採用の面でスケジュール通りに進めようと考えています。そのため、具体的な退職・入社の予定日が不明確なら、憶測や自身の希望を元に記載するのは控えた方が無難です。スケジュールの調整が取りやすい方も、採用側からすれば好印象にも繋がります。中途採用で応募される方は、ぜひ「退職日」と「入社可能日」の2点を伝えるようにしましょう。

現職の職場に退職の意思を伝えておらず退職予定日が決まっていない場合は、履歴書に記載の必要はありません。

ただし、選考が進むにつれていつから入社できるかを聞かれることとなる場合があります。そうした場合にスムーズに答えられるよう就業規則を確認し、引継ぎの所要日数を考慮の上入社可能日を答えられるようにしておきましょう。

まとめ

慣れていない人には分かりづらい「本人希望欄の書き方」について解説してきました。この記事で取り上げたように、本人希望欄には何でも書いて良いというわけでもなく、書くことがなくても空白で出して良いというわけでもありません。あくまで、その企業で働きたいという意思がある前提で、どうしても譲れないポイントがある場合に、理由と共に簡潔に記しましょう。本人希望欄への記載内容は、面接の際に話のテーマになることもあります。自分が書いたことを詳しく説明できるようにしておくのも、順調に選考を進めていく上で重要です。履歴書は、就職・転職活動の最初のステップ。企業も自分も納得のいく働き方ができるよう、適切な書き方で履歴書を作成しましょう。

最後のチェックポイント

  • 本人希望欄は慎重に。絶対的条件のみを記載しよう
  • 勤務時間や休みの希望を書く際は理由も一緒に記載しよう
  • 応募職種が複数あるもの場合は希望の職種を書こう
  • 給料の希望額を書くのは控えよう。条件がある場合は面接で伝えよう
  • 空欄は避けよう。「貴社規定に準じます」を忘れずに
  • 条件は面接で理由を説明できるようにしよう
update2025
何が起こるかわからない。
あらゆる予測は覆る。
私たちはそれを思い知った。
じゃあこれからどう生きるか。
セラクは、チャレンジを選ぶ。
まず見据えるのは5年後。
見えないからこそ、
自ら突き進む強さを。
読めないからこそ、
荒波を超える柔軟さを。
未来を変えられるのは
今の自分だけだから。
2025年を、アップデートしよう。
ここから。