業界/資格

【目的別】2022年最新おすすめマーケティング資格・検定20選

2022年07月22日
タグ:

はじめに

マーケティング職への就職や転職、あるいはキャリアップの手段として、マーケティングに関する資格取得を検討される方も多いのではないでしょうか。

資格は転職・就職、スキルアップなどの目的に合わせて、最適な資格を選ぶことが重要です。なぜなら、資格取得を通して学べることや、対外的にアピールできることがそれぞれ異なるからです。
しかしマーケティングに関する資格は多様化しており、どれを取得すべきなのか分からない、と悩んでいる方も多いかと思います。

この記事では、目的別に、取るべき2022年最新のマーケティング資格を紹介します。取得する目的に応じて、ぴったりな資格を見つけましょう。

この記事の内容は動画でも紹介しています。

マーケティング資格を取るメリット

マーケティング資格を取るメリット

マーケティング職は人気の職種の一つです。資格を取得することで、自身のスキルや知識・学んだことの証明になりますし、就職・転職の際には周りと差をつける大きなアピール材料になるでしょう。もちろん、資格取得を通じて、総合的な知識の習得もできます。
コロナ禍でマーケティング(特にWebマーケティング)の重要性は高くなっています。資格取得によるメリットを知り、今後のキャリアに活かしていきましょう。

就職・転職に有利

実務未経験、あるいは実務経験が少ない方は、ぜひ資格取得を目指してみてください。なぜなら資格を取得することで、一定の学習を経たこと、知識や実務に必要なスキルを保有していることを証明できるからです。

スキルアップにつながる

就職や転職をする予定がない方も、マーケティング資格の取得を目指して体系的に学習することで、業務領域の幅を広げることができます。また、資格を保持していることで信頼性につながり、何より自身の成長を確認できるはずです。

就職・転職におすすめのマーケティング資格

就職・転職におすすめのマーケティング資格

ここからは、就職や転職の際におすすめのマーケティング資格を紹介します。就職・転職をしたいという方には、マーケティング、Webマーケティング、およびWebサイトに関する基礎知識を広く持ち、マーケティング業務を行うための素地があることをアピールできる資格がよいでしょう。

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング・ビジネス実務検定とは、2005年に開始された、マーケティングの実務能力を客観的かつ総合的に評価する検定試験です。マーケティング理論だけでなく、実践的な知識や時事情報、実務事例などを身に付けられます。

難易度C級(基礎)、B級(応用)は初心者からでも合格可能
合格率
受験者数
費用C級:6,270円(税込)
B級:7,480円(税込)
C級・B級併願:13,750円(税込)
試験日随時(2021年は6月、8月、11月)
学習方法公式テキスト・問題集、通信講座、通学講座
合格基準C級:2科目合計点(200点)の80%(160点)
B級:2科目合計点(300点)の70%(210点)
オンライン受験の可否
学習時間の目安60時間程度
受験資格誰でも可能
公式サイトのURLhttps://www.marke.jp/
運営団体国際実務マーケティング協会

マーケティング検定

マーケティング検定とは、民間資格でありながら内閣府の認定を受けた検定試験です。社会で活躍するマーケターとしての実力を測り、知名度も高く、大手企業の研修でも採用されています。CBT試験方式で、全国各地のテストセンターで受験することが可能です。

難易度3級は初級者レベル、2級は中級者レベル
合格率
受験者数
費用3級:6,600円(税込)
3級(日本マーケティング協会会員社):5,500円(税込)
3級(学生):5,500円(税込)
2級:9,460円(税込)
2級(日本マーケティング協会会員社):8,360円(税込)
2級(学生):8,360円(税込)
試験日随時
学習方法公式問題集&解説、その他参考図書
合格基準正答率70%以上
オンライン受験の可否不可(CBT方式)
学習時間の目安40時間程度~
受験資格3級・2級は誰でも可能
公式サイトのURLhttps://www.jma2-jp.org/marken
運営団体公益社団法人日本マーケティング協会

ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定とは、Webマーケティングを体系的、網羅的に学習し、ビジネスの企画や立案に活かすことを目指す検定です。2012年から実施されている検定で、インターネットの発展に伴い注目度が増しています。

難易度初心者からでも合格可能
合格率85.9%
受験者数8,084名(2021年3月31日時点)
費用6,000円(税込)
試験日随時
学習方法公式テキスト、過去問題集
合格基準得点率70%以上
オンライン受験の可否
学習時間の目安15時間程度
受験資格誰でも可能
公式サイトのURLhttps://www.sikaku.gr.jp/nm/
運営団体株式会社サーティファイ

IMA検定

IMA(Internet Marketing Analyst)検定は、Webマーケティングに関する検定制度です。カリキュラム受講から認定試験までがセットになっており、実務で必要な集客スキルやアクセス解析、広告運用などのノウハウが身に付きます。

難易度スタンダードコースは初心者向け
合格率
受験者数
費用スタンダードコース:19,800円(税込)
プロフェッショナルコース:19,800円(税込)
※いずれも受講・受験料込み
試験日カリキュラム受講後の指定日
学習方法カリキュラム内の教材(eラーニング)
合格基準
オンライン受験の可否
学習時間の目安スタンダードコース:eラーニング講義11回+課題添削1回
プロフェッショナルコース:eラーニング講義3回+課題添削1回
受験資格誰でも可能
公式サイトのURLhttps://ima-kentei.jp/
運営団体クラウドマネージメント協会

Webリテラシー試験

Webリテラシー試験は、Webに関わるデザイナー、ディレクター、プロデューサーの3職種の重要な知識を集め、業務上の標準知識があるかを問う試験です。合格すると正式名称「社団法人全日本能率連盟登録資格 Web検定 Webアソシエイト」の資格が取得できます。

難易度基礎知識のある人向け
合格率61.6%(2021年3月31日時点)
受験者数8,660名(2021年3月31日時点)
費用11,000円(税込)
試験日随時
学習方法公式テキスト、公式問題集
合格基準正解率70%以上
オンライン受験の可否可(CBT方式)
学習時間の目安15~20時間程度
受験資格誰でも可能
公式サイトのURLhttps://webken.jp/literacy/
運営団体株式会社ボーンデジタル

Web広告のおすすめマーケティング資格

Web広告のおすすめマーケティング資格

前述のWebマーケティング全般に関する資格(ネットマーケティング検定、IMA検定)に加えて、実際の現場ではGoogleやYahoo!・Facebookといった各広告媒体の専門知識を習得できる資格を取得することが有効です。それぞれどんな資格なのかを見ていきましょう。

Google広告認定資格(検索広告認定資格、ディスプレイ広告認定資格、測定認定資格)

Google広告認定資格とは、Google広告に関する専門知識を持っていることを証明できる資格です。検索広告、ディスプレイ広告、測定など複数の種類があり、Google広告の「スキルショップ」ページ上でいつでも簡単に受験することができます。

難易度初心者からでも合格可能
合格率
受験者数
費用無料
試験日随時
学習方法スキルショップの学習コース
合格基準正解率80%以上
オンライン受験の可否
学習時間の目安検索広告認定資格:3.7時間
ディスプレイ広告認定資格:2.6時間
測定認定資格:4.7時間
受験資格誰でも可能
公式サイトのURL検索広告認定資格:
https://skillshop.exceedlms.com//student/path/18151-google
ディスプレイ広告認定資格:
https://skillshop.exceedlms.com//student/path/18068-google
測定認定資格:
https://skillshop.exceedlms.com//student/path/18345-google
運営団体Google

Yahoo!広告認定資格

Yahoo!広告に関する基礎知識や運用力を問われるのが、Yahoo!広告認定資格です。内容のレベルによって、ベーシックコースとアドバンスコースに分かれています。
2019年5月までYahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験プログラムとして提供されていましたが、2022年5月にYahoo!広告キャンパスとして学習コンテンツ・試験内容がアップデートされました。

難易度やや難しい
合格率
受験者数
費用無料
試験日随時
学習方法公式ラーニングポータル、オンライン動画セミナー、練習問題
合格基準
オンライン受験の可否
学習時間の目安
受験資格誰でも可能
公式サイトのURLhttps://marketing.yahoo.co.jp/service/yahooads/yahooads_campus/
運営団体ヤフー株式会社

Facebook認定デジタルマーケティングアソシエイト

Facebook認定デジタルマーケティングアソシエイトは、Facebook、Instagram、Messengerの全ての広告に関する基礎能力を有することを認定する資格です。Facebook Blueprintという公式ラーニングツールを通じて無料で学ぶことができます。

難易度入門レベル(ただし日本語非対応)
合格率
受験者数
費用最大99米ドル相当
試験日随時
学習方法Facebook Blueprint
合格基準700点以上
オンライン受験の可否
学習時間の目安
受験資格誰でも可能
公式サイトのURLhttps://www.facebook.com/business/learn/certification
運営団体Facebook

分析スキル強化におすすめのマーケティング資格

分析スキル強化におすすめのマーケティング資格

マーケティングにおける分析スキルには、数値を可視化して現状把握・傾向を正しく読み取るスキル、Web領域の解析に関わるスキル、Google Analyticsなど分析用ツールに関するスキルの3つがあります。いずれも必要なスキルですので押さえておきましょう。

統計検定

統計検定とは、統計に関する知識や理解度などを判定するための全国統一検定試験です。データを客観的に扱い活用する能力は様々な場面で求められるため、多くの企業で研修にも導入されています。

難易度4級、3級は初心者向け
合格率4級:72.8%
3級:75.6%
※2021年6月20日試験
受験者数4級:147名
3級:320名
※2021年6月20日試験
費用4級:5,000円(税込)
4級(学割):3,500円(税込)
3級:6,000円(税込)
3級(学割):4,000円(税込)
試験日随時(紙媒体の試験方式は1級のみ11月開催)
学習方法対応テキスト、公式問題集など
合格基準4級:100点満点で60点以上
3級:100点満点で65点以上
オンライン受験の可否不可(CBT方式、もしくは紙媒体の試験方式)
学習時間の目安20時間~50時間程度
受験資格誰でも可能
公式サイトのURLhttps://www.toukei-kentei.jp/
運営団体一般財団法人 統計質保証推進協会

ビジネス統計スペシャリスト

ビジネス統計スペシャリストとは、2017年4月に登場した、データ分析の実践力を測る認定資格です。Excelを活用した分析力や応用力を評価し、レベルによって「ベーシック」と「スペシャリスト」に分かれています。

難易度エクセル分析ベーシック:やや易しい
エクセル分析スペシャリスト:普通
合格率
受験者数
費用エクセル分析ベーシック
一般価格:6,600円(税込)
割引価格:4,400円(税込)
エクセル分析スペシャリスト
一般価格:10,780円(税込)
割引価格:8,800円(税込)
試験日随時
学習方法公式テキスト、模擬テスト、動画学習、映像講義、その他一般図書など
合格基準1,000点満点中700点
オンライン受験の可否不可
学習時間の目安50時間程度
受験資格誰でも可能
公式サイトのURLhttps://stat.odyssey-com.co.jp/
運営団体株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ

統計士・データ解析士

統計士・データ解析士は、文部科学省が認定する通信教育を経て取得できる資格です。「現代統計実務講座」では「統計士」を、「多変量解析実務講座」では「データ解析士」の資格が与えられます。

難易度初心者からでも合格可能
合格率
受験者数
費用現代統計実務講座(統計士)
入学金:5,000円(税込)/受講料:54,800円(税込)
多変量解析実務講座(データ解析士)
入学金:5,000円(税込)/受講料:49,500円(税込)
試験日通信講座修了時
学習方法通信講座
合格基準
オンライン受験の可否不可
学習時間の目安統計士:約8ヶ月
データ解析士:約4ヶ月
受験資格誰でも可能
公式サイトのURLhttps://www.jitsumu.or.jp/
運営団体一般財団法人 実務教育研究所

ウェブ解析士(初級)

ウェブ解析士はアクセス解析をはじめとしたWebマーケティングの知識・スキルを体系的に身に付けられる資格です。実務に役立つことを重視したカリキュラムとなっており、上級ウェブ解析士、ウェブ解析士マスターにステップアップすることも可能です。

難易度初心者からでも合格可能
合格率54%(2021年4月~12月時点)
受験者数2630名(2021年4月~12月時点)
費用認定講座を受講する場合
独自学習+認定講座+認定試験:33,000円(税込)
<内訳>
公式テキスト 4,400円(税込)
講座費用 11,000円(税込)
試験費用 17,600円(認定費用込・税込)

認定講座を受講しない場合
独自学習+認定試験:22,000円(税込)
<内訳>
公式テキスト 4,400円(税込)
試験費用 17,600円(認定費用込・税込)
試験日随時
学習方法公式テキスト、講座受講(任意)
合格基準
オンライン受験の可否
学習時間の目安Web業界経験者:15~30時間程度
Web業界未経験者:40~60時間程度
受験資格誰でも可能
公式サイトのURLhttps://www.waca.associates/jp/
運営団体一般社団法人 ウェブ解析士協会

Webアナリスト検定

Webアナリスト検定は、主にGoogleアナリティクスを用いて実践的なデータ解析のノウハウを身に付けることができる検定です。体系的に学べる講座が5時間(1日)という短時間であることも特徴です。

難易度初心者からでも合格可能
合格率約80%
受験者数
費用テキスト+講座+試験:26,400円(税込)
講座+試験:22,325円(税込)
テキスト+試験:22,000円(税込)
試験のみ:17,600円(税込)
再試験:5,500円(税別)
※主催者、会場によって異なり、上記は一例です。
試験日随時
学習方法公式テキスト、講座受講
合格基準各分野40%以上かつ全体で75%以上の正解率
オンライン受験の可否
学習時間の目安講座:5時間(1日)
受験資格誰でも可能
公式サイトのURLhttps://www.jwa-org.jp/webanalyst/
運営団体一般社団法人日本Web協会

Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ=Google Analytics Individual Qualification)とは、Googleが公式にGoogleアナリティクスの基礎力と知識レベルを認定するものです。誰でも無料でオンラインテストを受験できます。

難易度中級レベル
合格率
受験者数
費用無料
試験日随時
学習方法スキルショップの学習コース
合格基準正解率80%以上
オンライン受験の可否
学習時間の目安3.5時間
受験資格誰でも可能
公式サイトのURLhttps://skillshop.exceedlms.com/student/path/2949-google-gaiq
運営団体Google

SEOのおすすめマーケティング資格

SEOのおすすめマーケティング資格

マーケティングに欠かせないSEOでは、意図する検索キーワードに対して自社コンテンツを上位表示させるためのテクニックやスキルが必要になります。ユーザーにとって有益な情報をいかに適切な表現で提供するかが重要ですので、Webライティングのスキルもあわせて習得しましょう。

SEO検定

SEO検定とは、2017年から実施されている、SEOの技術を体系的に学べる検定試験です。SEOの基礎知識からサイト内部最適化、集客力スキル、ソーシャルメディア活用まで、内容ごとに4級から1級まで分かれているので段階的にスキルを習得できます。

難易度初心者からでも合格可能
合格率70%(2021年度・全級平均)
受験者数1,000名以上(2020年8月時点)
費用4級:5,500円(税込)
3級:5,500円(税込)
2級:6,600円(税込)
1級:8,800円(税込)
試験日毎月開催
学習方法ダウンロード学習コース、公式テキスト、合格ドリル・過去問題集
合格基準得点率80%以上
オンライン受験の可否不可
学習時間の目安4級:10時間程度
3級:10~20時間程度
2級:10~30時間程度
1級:20~50時間程度
受験資格誰でも可能
公式サイトのURLhttps://www.ajsa.or.jp/kentei/seo/
運営団体一般社団法人 全日本SEO協会

Webライティング能力検定

Webライティング能力検定は、ホームページ、ブログ、SNSなどWeb上で文章を書くスキルを客観的に証明する資格です。優れたWebライティングを身に付けることで、集客や売上拡大につながり、炎上などのリスク対策にもなります。

難易度初心者からでも合格可能
合格率46.6%
受験者数2,200名以上(2021年8月時点)
費用13,500円(税込)
学割:6,750円(税込)
試験日月1回
学習方法公式テキスト、DVD、添削
合格基準スコアによる等級判定
1級:80~88点
2級:70~79点
3級:53~69点
(53点以下は資格なし)
オンライン受験の可否
学習時間の目安テキストは1時間程度~
受験資格誰でも可能
公式サイトのURLhttps://xn--web-pi4be7e0holjd5279abzjl89cqqd.com/contents/kentei/
運営団体一般社団法人 日本WEBライティング協会

その他のおすすめマーケティング資格

その他のおすすめマーケティング資格

マーケティングに関する直接的な知識・スキルではありませんが、これまで紹介した資格以外にも、マーケティング関連で知っていたほうがよい資格を紹介します。自分の習得したい分野に合わせて検討してみてください。

ビジネス著作権検定

情報モラルやコンプライアンスが重要視される中、著作権に関する知識は「知らなかった」では済まされない、身に付けておくべき必要不可欠な内容です。ビジネス著作権検定は、そのような著作権について理解し、活用するスキルがあることを証明する資格です。

難易度初心者からでも合格可能
合格率72.6%(2020年度平均合格率)
受験者数累計74,910名(2021年3月31日)
費用BASIC:4,200円(税込)
初級:5,100円(税込)
上級:8,000円(税込)
試験日年3回(2月、6月、11月)
学習方法公式テキスト、問題集、セミナー、通信講座
合格基準BASIC・初級:得点率65%以上
上級:得点率70%以上
オンライン受験の可否可(BASICは団体受験のみ)
学習時間の目安BASIC:10時間程度
初級:15時間程度
上級:45時間程度
受験資格誰でも可能
公式サイトのURLhttps://www.sikaku.gr.jp/bc/
運営団体株式会社サーティファイ

Webディレクション試験(Webディレクター)

Webディレクション試験は、マーケティングに欠かせないWebサイトのディレクションに関する資格です。どんな工程があり、各工程でどんな情報が必要かなど、Webサイト制作に関わるプロジェクトの進め方を習得することができます。

難易度初心者からでも合格可能
合格率65.6%(2021年3月31日現在)
受験者数2,895名(2021年3月31日現在)
費用11,000円(税込)
※教育機関や団体受験の割引あり
試験日随時
学習方法公式テキスト、公式問題集、動画配信
合格基準正解率70%以上
オンライン受験の可否可(CBT方式)
学習時間の目安30~50時間程度
受験資格誰でも可能
公式サイトのURLhttps://webken.jp/direction/
運営団体株式会社ボーンデジタル

Webクリエイター能力認定試験

マーケティングに関心のある方が、自身でWebサイトを作ることはないかもしれません。しかし、Webサイト制作がどのように行われるかを網羅的に学ぶことで、サイトの良し悪しを判断する基準を養うことが可能です。

難易度初心者からでも合格可能
合格率91.4%(2020年度平均合格率)
受験者数30,888名(2021年3月31日時点)
費用スタンダード:5,900円(税込)
エキスパート:7,500円(税込)
試験日随時
学習方法公式テキスト・問題集
合格基準スタンダード:実技問題で得点率65%以上
エキスパート:知識・実技問題の合計で得点率65%以上
オンライン受験の可否不可
学習時間の目安スタンダード:24時間
エキスパート:38時間
受験資格誰でも可能
公式サイトのURLhttps://www.sikaku.gr.jp/web/wc/
運営団体株式会社サーティファイ

ネットショップ検定

ネットショップ検定は、ネットショップに関わる運営、プロモーション、サイト制作、マネジメントを網羅的に学ぶことができます。Eコマースに関わる知識やスキルを習得することで、より実践的なマーケティング施策が可能になるでしょう。

難易度レベル1(基礎)、レベル2(実践)は初心者からでも合格可能
合格率
受験者数
費用ネットショップ検定レベル1:7,000円(税込)
ネットショップ検定レベル2:7,500円(税込)
試験日随時
学習方法公式テキスト、練習問題
合格基準全70問中70%(49問)以上の正答率、かつ合格評価カテゴリごとに、50%以上の正答率
オンライン受験の可否不可(CBT方式)
学習時間の目安~30時間程度
受験資格誰でも可能
公式サイトのURLhttps://acir.jp/
運営団体一般財団法人 ネットショップ能力認定機構

まとめ

以上、2022年最新のおすすめマーケティング資格・検定20選を紹介しました。様々な資格がありますが、やみくもに取得するのではなく、自分のやりたいことや望むキャリア、業務上の必要な知識、求められるスキルなど、自身にとって今必要な資格を見極めるようにしましょう。

最後のチェックポイント

  • マーケティング資格を取得することで就職・転職に有利になる
  • 資格取得のための学びがスキルアップにつながる
  • 資格の種類には、マーケティング基礎系、Web広告系、分析系、SEO系などがある
  • 自分の今の目的や方向性に合った資格を見極めることが大切
【会社選びは、仲間探しだ】IT業界に挑戦したい23年卒の方、私たちの仲間になりませんか?
株式会社セラク 開く
update2025
何が起こるかわからない。
あらゆる予測は覆る。
私たちはそれを思い知った。
じゃあこれからどう生きるか。
セラクは、チャレンジを選ぶ。
まず見据えるのは5年後。
見えないからこそ、
自ら突き進む強さを。
読めないからこそ、
荒波を超える柔軟さを。
未来を変えられるのは
今の自分だけだから。
2025年を、アップデートしよう。
ここから。